告訴告発は捜査機関のいいなりですか?

私の知っている弁護士さんが、告訴不受理された事について、国家賠償で提訴しましたが請求を棄却されました。判決で裁判官は「捜査機関には、人的限界や予算の都合上限界があり、全ての事件を捜査する事は不可能である。その上で治安を守る為に公益的見地から見て、事件によって優先順位をつけ受理すべき事件と受理しない事件が出てくるのは、当然の事である。告訴を受理しないからと言って被害者に、損害が発生することはない。よって請求に理由は無く本件訴えを棄却する」と言われたそうです。告訴には受理義務があるのではないですか?

たちつてとさん
2014年10月05日 14時55分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
受理義務があることと、損害賠償義務があることとは全く別物です。
損害賠償は、受理されないことによって経済的損害が発生しなければ認められませんし、受理しないことに正当な理由があればそもそも違法ともなりません。
判決として相談内容で引用されている部分も、そのような考えに立つと思いますが。

特に異論のない判断内容かと思います。

2014年10月05日 15時00分

この投稿は、2014年10月05日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

被害届や刑事告訴とは何か?被害届の出し方や告訴を受理してもらうには

不幸にも犯罪被害に遭ってしまったら、加害者を逮捕してほしい、罰してほしい、と思うのは当然の感情です。しかし、「被害届」という言葉は聞いたこと...

恐喝事件での被害届や告訴など恐喝された場合の対処法

恐喝行為を受けた場合には、恐怖から逆らえず、泣く泣くお金を渡してしまうこともあるでしょう。恐喝は、単に恐怖を感じるだけでなく、悔しくもある卑...

傷害事件の被害に遭った際の被害届や告訴、慰謝料請求について

言い争いの末に一方的に殴られる、酔っぱらいから理由もなく暴行を受けるなど、暴行事件に巻き込まれたら、その理不尽さを許すことはできないでしょう...

傷害事件の被害に遭った際の被害届や告訴、慰謝料請求について

殴られて怪我をした、嫌がらせを受けてノイローゼになってしまったなど、傷害事件に巻き込まれると、恐怖や苦痛、そして治療の必要性など、被害者の負...

器物損壊の被害者となった際にできること - 被害届・告訴や損害賠償請求

車を傷つけられたり、ペットに怪我を負わせられたりした場合には、相手を器物損壊罪として訴えることが可能です。しかし、を現行犯逮捕したり、防犯カ...

この相談に近い法律相談

  • 告訴状や告発状の不受理について

    全ての犯罪事件を警察や検察が捜査するのは無理です。 その為、事件を捜査するかどうかは捜査機関の裁量になっています。 しかし、その一方で刑事訴訟法や犯罪捜査規範は告訴等の受理義務があります、 告訴等の不受理について、国家賠償で訴えた場合 勝つことはできるのでしょうか? そして、告訴等の不受理は果たして本当に違法な...

  • 長野県警の告訴状の不受理に関して

    詐欺の被害にあった女性の告訴状を長野県警が受理しなかった事が問題になっているようですが、そもそも捜査機関には告訴状を受理しない権限や裁量が存在するのでしょうか?

  • 公務員に対する告訴・告発と国賠訴訟との順序について

    公務員の犯罪について,告訴・告発と国賠訴訟のどちらを先にすれば効果的でしょうか。 以前告発した際,検察官に 「損賠訴訟を予定していますか」 などと質問され,検察官は民事裁判を予定する告訴・告発を嫌がるのかと思いましたので。

  • 告訴状不受理について

    警察が告訴状不受理の場合で、不受理理由を言わないか、 言っても屁理屈だったり、たいした理由じゃない場合、 警察を訴えれば裁判所が訂正し受理させたり してくれたりするのでしょうか? それとも裁判所は警察の不受理をかばうでしょうか? また何という理由で訴えることになるのでしょうか? 刑事訴訟法違反ですか?

  • 虚偽告訴について

    知人が嘘の告訴をされ警察署及び県警本部から取調べを受け、また、金融機関等を捜査され信用はガタ落ちということです。取調べの結果は当然不起訴でしたが、告訴人の関係者からは同時期に民事で債権請求をされています。その関係者は告訴についての陳述(嘘の)もしています。 知人は現在損害賠償請求の裁判をしているようですが精神的な...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

被害届・告訴・告発の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. Hey!Say!JUMPツアー中止 ファンの「迷惑行為...
  2. 間違った使い方してるかも?旅館で見かける「...
  3. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  4. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  5. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  6. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  7. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。