1. 弁護士ドットコム
  2. 犯罪・刑事事件
  3. 犯罪被害
  4. 犯罪にとえないでしょうか?

公開日:

犯罪にとえないでしょうか?

2019年04月10日
何かの事項で犯罪に問うことはできないでしょうか?

アプリの婚活サイトでお互いに結婚を意識してお付き合いをしています。(相手は結果体目的でした)
誰から見ても結婚を意識したお付き合いだったという証拠と結婚を意識したメール内容があります。
同時期に、同じように結婚を意識して付き合っていた女性が複数人重複していました。(他の女性とも結婚する気はさらさらなく、体目的でした)

行為中の動画を撮影されました。自宅を知られていることと男性の身分など会社のコンプライスが厳しいといって明かしてもらえず、逃げられると怖いのと、2人きりでいるので何をされるかもわからないので恐怖で強く否定することができませんでした。

また正体不明のその男性に合鍵を渡してしまって、別れを切り出せないような状況を固めていく手段をとられています。

別の女性から、その正体不明の男性は、別れを切り出したとき、鍵を持っていることや、自分のほうが、女性から財布のお金を抜き取られた被害者だとお門違いなこと言って、最終的には警察にいくと脅してくるようでした。

そのようなことを知って、今動けずにいます。

このような経緯のなかで、罪に問えることはないでしょうか?おそらくないと警察も動いてはくれないと思います。毎日とても辛いです。助けてください。

どうぞよろしくお願いいたします。
相談者(785317)の相談

みんなの回答

上原 公太
上原 公太 弁護士
犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ありがとう
毎日とてもおつらい状況にあるとのこと、お察しいたしますが、詳細な事実関係や証拠の存否、内容等が確認できないので、刑事告訴等が適切な解決手段なのか、その前により適切な手段が考えられるのかなどがなかなか判断つきかねる状況だと思われます。

心情的にもつらく、混迷されているご様子ですので、最寄りの弁護士に相談されるなどして(相談の際は関連資料をできるだけ持参されるとよいです。)、まずは、弁護士のアドバイスを受けながら問題点の整理を行われた上で、最初に、どのような対応策が考えられるのか、その後、刑事告訴等も行うべきか等を考えていかれた方がよいと思います。

2019年04月10日 21時20分

この投稿は、2019年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

犯罪被害者を支援するための制度 - 犯罪被害の相談窓口や犯罪被害給付金制度、損害賠償制度

犯罪の被害に遭ってしまった方のために、精神面、経済面、生活面を支援する様々な制度があります。特に精神面を支援する制度は充実していて数も多く、...

犯罪被害者となってしまった際のトラブル解決までの流れ

犯罪はある日突然にして我が身に振りかかるもの。いざ自分が被害者となったら、何をどうすればわからないことも多いでしょう。ここでは、犯罪に巻き込...

犯罪被害者が示談交渉で注意すべきポイントやデメリット

犯罪に巻き込まれ、被害者となってしまったら、事件手続きの過程で、加害者から示談の申し入れがなされることも多くあります。謝意を示してくれること...

犯罪被害に遭った際に慰謝料や損害賠償をどのように請求すればよいのか

「傷害事件で怪我をさせられた」「脅迫されてカウンセリングに通っている」「恐喝されてお金を渡してしまった」このように犯罪の被害に遭うと、金銭の...

親告罪とは?親告罪の意味と告訴期間・時効

親告罪とは、被害者からの告訴という手続きがなければ、公訴(刑事裁判にかけること)ができない犯罪を指します。ここでは、なぜ親告罪が存在するのか...

この相談に近い法律相談

  • 犯罪被害者支援について

    被害者として起訴前の事件については被害者参加制度以外は活用できないのでしょうか? 私は収入の問題でギリギリ民事には適用されないとのことでしたが、刑事事件なので被害者支援制度?を利用できるのかと思ってましたが法テラスで紹介された弁護士様からは現時点では相談も全て有料と伺いました。 被害者として被害者参加制度以...

  • 犯罪被害者の肖像権について

    ある事件の被害者遺族は報道機関に顔写真を公開してほしくないという要請をしたのにも関わらず卒業アルバムと思われる顔写真が公開されました。これについて肖像権の侵害なのではないのかという意見もあるようですがそこで質問があります。 1、被害者が亡くなった場合被害者遺族が被害者本 人の肖像権を引き継ぐことはでき...

  • 犯罪の被害にあった場合

     犯罪の被害にあった場合、誰かに相談ぐらいはしてもいいと思いますが、では、被害者が、横領や詐欺をした加害者の家族に連絡をする、というのも、「相談」なら家族が身元保証人になっていない場合でも問題とならないのでしょうか?

  • 犯罪被害の弁済について

    相談というものではないのですが、実際のところどうなるのか、お教えください。 犯罪による被害を受けた場合の補償、弁済について、どのように請求できるのかです。 たとえば、刃物や凶器での傷害事件でけがをして、入院したとします。 治療費について、どこが負担するのか、加害者が弁済するのか? また、社会人であれば給与所得が...

  • 生活保護受給者の犯罪による被害について

    先日、放火の被害で賃貸先が全焼しました。犯人は階下の住人で生活保護需給者でした。相手に損害賠償請求はできないものでしょうか?起訴された場合には損害賠償命令制度は利用できますか?またその際の申立てとは弁護士、または司法書士の方にお願いするしかないのでしょうか? 一方で事件を起こす少し前、犯人が妙な行動をとったため...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

弁護士検索へのリンク

犯罪被害の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

弁護士検索へのリンク

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

弁護士検索へのリンク

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。