少年犯罪の被害者親です。審判後の被害弁済請求とその方法について伺いたいです。

少年犯罪の被害者の親です。
子どもが当時16歳の高校生2名(A,B)から因縁をつけられ、殴る蹴るの暴力を受けました。警察の捜査は終了して家裁引き渡し後Aには審判で保護観察の処分、Bはまだ審判が済んでいません。A、Bからは口腔内裂創、顔面打撲、などを含め全治2週間の被害を受けてます。
このうちAについてはこれまで加害者側の弁護士を通じて謝罪、被害弁済の意向はありましたが、審判後はいっさいの音沙汰なく、担当弁護士(国選弁護人)へ連絡しても不在の一言で3回連絡、言付けをするも対応してくれません。弁護士から示談の提示がありましたが、示談はせず審判へ進んでおります。
審判後もなにかあればこちらへと言っていたのでその弁護士に連絡していましたが、今後対応する可能性は低いと考え、被害弁済(治療費+慰謝料)の請求を少額訴訟制度を利用して民事で行おうと考えております。その上で以下の質問があります。

1)請求額は合計で40万円(治療費約10万円+慰謝料30万円)は妥当でしょうか?

2)本ケースの場合少額訴訟制度の利用は妥当でしょうか?通常の民事裁判の方が妥当でしょうか?

3)少額訴訟で行う場合、私自身で手続きを進めていく予定ですが、訴訟に当たりまず加害者には支払い能力がないため加害者の保護者を相手にした請求は可能でしょうか?(審判までの途中で親からの謝罪、慰謝料の支払いの予定を記した手紙を受け取っています)。また少額訴訟の場合は、加害者へも連絡して訴訟への同意をもらう必要があるのでしょうか?

4)少額訴訟、通常民事請求を含め、訴訟にあたりこちらが証拠などを集める必要があると思いますが、その場合、警察、および家庭裁判所から集める裁判資料には、どのようなものが通常必要でしょうか?(警察:事件記録、裁判所;事件記録の全コピーやこれまでの弁護士からの通知など?)

5)加害者Bは現在まで謝罪文の送付もなくAよりも反省がありませんので、同様に対応したいのですが、加害者Bにも同額の請求ができるのでしょうか?あるいは関与度合いで半額?ずつでしょうか?(事件への関与度合いは同程度で、代わる代わる暴行を働いた様子)


お忙しい中申し訳ございませんが何卒宜しくお願い申し上げます。
けるくんさん
2018年07月03日 16時24分

みんなの回答

徳田 剛之
徳田 剛之 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
1.それでご満足なさるのであればよろしいのではないでしょうか。
(優しめと言う印象です)

2.少額訴訟とは,証拠上明らかな請求を1回の審理で結審させる制度です。
本件は,少額訴訟で行うメリットは全くなく,そもそもなじまない案件です。

3.加害者の保護者を被告にするのは可能です。一応監督者責任があると思います。

4.家裁に対して少年事件記録の謄写請求が可能と思います。

5.共同不法行為と言うことになると思います。
共同不法行為の場合,全部の損害をそれぞれに請求できます。(二重取りはできません)
内部の負担割合は先方でやってもらえばよろしいです。
訴状の請求の趣旨は,「被告らは,原告に対し,連帯して○○円を支払え」とすればよいです。

2018年07月03日 17時32分

この投稿は、2018年07月03日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,126名の弁護士から、「犯罪・刑事事件に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

犯罪被害者を支援するための制度 - 犯罪被害の相談窓口や犯罪被害給付金制度、損害賠償制度

犯罪の被害に遭ってしまった方のために、精神面、経済面、生活面を支援する様々な制度があります。特に精神面を支援する制度は充実していて数も多く、...

犯罪被害者となってしまった際のトラブル解決までの流れ

犯罪はある日突然にして我が身に振りかかるもの。いざ自分が被害者となったら、何をどうすればわからないことも多いでしょう。ここでは、犯罪に巻き込...

犯罪被害者が示談交渉で注意すべきポイントやデメリット

犯罪に巻き込まれ、被害者となってしまったら、事件手続きの過程で、加害者から示談の申し入れがなされることも多くあります。謝意を示してくれること...

犯罪被害に遭った際に慰謝料や損害賠償をどのように請求すればよいのか

「傷害事件で怪我をさせられた」「脅迫されてカウンセリングに通っている」「恐喝されてお金を渡してしまった」このように犯罪の被害に遭うと、金銭の...

親告罪とは?親告罪の意味と告訴期間・時効

親告罪とは、被害者からの告訴という手続きがなければ、公訴(刑事裁判にかけること)ができない犯罪を指します。ここでは、なぜ親告罪が存在するのか...

この相談に近い法律相談

  • 少年犯罪の少年被害について

    今、小学校3年生の1月に息子が少年(15歳)から強制ワイセツを受けました。被害届は提出しています。友人数人も被害にあっているのですが被害届を出したのはもう一件だけです。 まだ、裁判の結果も出ていないので結果が出てからその友人宅と民事を起こそうとしています。 息子は被害にあった後は近くにしか出られなくカウンセリングにも通っていました...

  • 犯罪被害の弁済について

    相談というものではないのですが、実際のところどうなるのか、お教えください。 犯罪による被害を受けた場合の補償、弁済について、どのように請求できるのかです。 たとえば、刃物や凶器での傷害事件でけがをして、入院したとします。 治療費について、どこが負担するのか、加害者が弁済するのか? また、社会人であれば給与所得が...

  • 複数の加害者による少年犯罪に対する損害賠償請求の方法について

    一昨年に、複数の少年による連続バイク窃盗の被害に遭いました。 その後、昨年に加害者全員が送致された旨の報道と、同様の連絡を担当の警察署から受けました。その後、代理人を名乗る恐らく弁護士から一度連絡を受けましたが、その後着信の電話番号にかけても伝言を残しても相手方が出ることはなく、また直接の家族等の連絡先や、...

  • 犯罪被害者から加害者への手紙

    ニュースか何かで「犯罪被害者から加害者への手紙」なるものをとりあげている番組を見たことがあるのですが、この手紙には多少加害者への罵倒や中傷、例えば「あなたにとって他人は使い捨ての道具なのですね」といった内容が書かれていたとしても、許されるものなのですか?

  • 少年犯罪の民事責任について

    少年犯罪の民事責任は本人だけでなく保護者も問うことができるので加害者側が不利です。 被害者に与えた損害が甚大な場合、加害者の家庭が資産家又は生活保護家庭ではない一般の家庭なら家庭崩壊になるおそれがあります。それなのになぜそのことを指摘する者が弁護士も含めて僅かしかいないんでしょうか?私は不思議でたまり...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

犯罪被害の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  2. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  3. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  4. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  5. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...
  6. ゴーン氏、家族と面会できず、弁護士も立ち会...
  7. 元AV女優・麻生希、覚せい剤で実刑判決…別の...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。