睡眠薬で記憶を消された期間の時効の停止

睡眠薬を大量に飲まされて記憶を消されていた期間というのは、民事、刑事共に時効は停止するのでしょうか。そうでなければおかしいと思うのですが。
2016年08月07日 17時41分

みんなの回答

中島 繁樹
中島 繁樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 福岡県3 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
 そういう事情で時効が停止することはないです。しかし、睡眠薬の効果が終わった時から時効期間は始まると考えるはずです。

2016年08月07日 18時30分

この投稿は、2016年08月07日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

親告罪とは?親告罪の意味と告訴期間・時効

親告罪とは、被害者からの告訴という手続きがなければ、公訴(刑事裁判にかけること)ができない犯罪を指します。ここでは、なぜ親告罪が存在するのか...

犯罪被害者が示談交渉で注意すべきポイントやデメリット

犯罪に巻き込まれ、被害者となってしまったら、事件手続きの過程で、加害者から示談の申し入れがなされることも多くあります。謝意を示してくれること...

犯罪被害に遭った際に慰謝料や損害賠償をどのように請求すればよいのか

「傷害事件で怪我をさせられた」「脅迫されてカウンセリングに通っている」「恐喝されてお金を渡してしまった」このように犯罪の被害に遭うと、金銭の...

犯罪被害者となってしまった際のトラブル解決までの流れ

犯罪はある日突然にして我が身に振りかかるもの。いざ自分が被害者となったら、何をどうすればわからないことも多いでしょう。ここでは、犯罪に巻き込...

犯罪被害者を支援するための制度 - 犯罪被害の相談窓口や犯罪被害給付金制度、損害賠償制度

犯罪の被害に遭ってしまった方のために、精神面、経済面、生活面を支援する様々な制度があります。特に精神面を支援する制度は充実していて数も多く、...

この相談に近い法律相談

  • 睡眠薬を大量に飲まされて記憶をなくしていた場合の時効はどうなりますか。

    睡眠薬を大量に飲まされて記憶を消された場合、刑事、民事共に時効は消された記憶を思い出してからになるというのは確実でしょうか。忘れていた期間が11年でも思い出した時からが時効なのでしょうか。 もしそうなら、犯罪から睡眠薬を大量に飲まされるまでに経過した時間があった犯罪についての時効はどうなりますか。

  • 早朝の騒音について。

    前に住んでいる住人なんですが、アパートで外に洗濯機があるタイプなんですが前回朝5時に選洗濯する為に騒音という事で苦情をだしました。しばらくすると5時ではなく6時にしたみたいで、たしかに契約上何時が深夜で何時までというのは書いてませんが、周りの秩序を乱す行為は禁止されてます。 広い意味でのそれは該当しますが、常...

  • 基本給の考え方

    運輸業務に従事していますが、午前零時〜午後11時まで拘束され(途中五時間くらいの仮眠がありますが)そのうち17時間が基本給扱いというのは労働基準法に違反していませんか?会社は仮眠前の八時間半以上、仮眠後の八時間半以上しか残業と認めません。仮眠とはいえ家に帰れるわけでもなく、飲酒も認められていません。

  • 睡眠薬を大量に飲まされて記憶を消された場合の時効

    犯罪の後に睡眠薬を大量に犯罪をした人間以外に飲まされて記憶を消されて、それを思い出した場合、記憶がなかった時間は時効は進まないのではないでしょうか?睡眠薬を飲ませた人間の目的にも依りますか?

  • 公訴時効についてお尋ねいたします

    公訴時効とは事件が発覚してからなのか、最初の事情聴取が始まった時からなのか?何年で公訴時効を迎えるのですか?宜しくお願いします。

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

犯罪被害の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 泥酔→タクシー無賃乗車、「本当になにも覚え...
  2. 子どもに「自画撮り」要求する行為に懲役刑も...
  3. 更衣室なく裸の子も…「じゃぶじゃぶ池」で幼...
  4. 「漫画村出張所」運営の男性逮捕、「闇金ウシ...
  5. 客室乗務員、客から「盗撮被害」が6割 逆上...
  6. 「これは売春だ」 ホテルで偽の「警察手帳」...
  7. 痴漢を目撃、自分で捕まえると「ケガ」や「間...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。