弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

逮捕・刑事弁護

2016年05月26日

逮捕された場合の会社に知られ解雇されるリスクや回避するための対処法

何かのはずみで加害者となり、近々逮捕されることを予期している人が何よりも心配すること、それは、犯罪の事実や逮捕されたことを職場に知られるのではないか、解雇されるのではないか、という点でしょう。ここでは、逮捕と会社との関係性について説明します。

目次

  1. 逮捕と会社への連絡
  2. 逮捕・勾留を回避する

逮捕と会社への連絡

まず、逮捕されたとしても、警察から直接、会社に連絡がいくのは特別な場合に限るということを知っておきましょう。例えば、職場に被害者がいる、証拠書類があるなど、職場と事件との間に何らかの関係性がある場合、会社が身元引受人となっている場合です。 もっとも社会的に注目を集める事件など、報道によって知られてしまう場合もあります。 次に、知っておくべきことは、無断欠勤を理由として解雇される可能性についてです。ほとんどの被疑者は、逮捕された時に携帯電話を取り上げられ、捜査機関以外と連絡をとることはほぼ不可能になります。 したがって、家族や同居人が「体調不良」などと会社に連絡をしておいてくれないと無断欠勤と判断されてしまいます。 逮捕は最長で3日(72時間)なので、なんとか会社に知られずにいることができますが、その後、勾留(身柄拘束)された場合は、そうはいきません。勾留は延長を含めて最長20日ありますので、「体調不良」ではごまかしきれず、会社に被疑者として身柄を拘束されている事実が知られ、無断欠勤を理由として解雇される可能性が高まります。

逮捕・勾留を回避する

身柄を拘束されることによって出勤できず、そのために解雇されるおそれがあるのであれば、身柄を拘束されなければ、解雇の可能性を低くすることができるはずです。 そもそも逮捕されなければ、犯罪の事実を会社に知られる可能性は極めて低いと言えます。社会的に注目を集める事件の場合は、逮捕前から報道されるケースもないとは言えませんが、実名までは出ないことがほとんどです。 もしも逮捕されたとしても、勾留にまで進むことを回避できたり、勾留後、短期間で不起訴処分を獲得することができたりすれば、欠勤期間を短くでき、それによって解雇される可能性を下げることができます。 ただ、罪を犯した人が逮捕・勾留を回避するには、早期解決のための法律的な知識が必要であり、その意味で、弁護士のサポートが必要不可欠であると言えます。 具体的には、弁護士は、次のようなサポートをしてくれます。

被害者との示談成立

痴漢や傷害、横領といった、被害者がいるタイプの事件では、早期に示談を成立させることが重要です。 示談の内容として、示談金の支払いだけでなく、被害者が被害届や告訴を出さないこと、あるいは取り下げることも含めれば、それによって事件を終了させることができる可能性が極めて高くなります。すでに身柄を拘束されていたとしても、示談が成立すれば釈放される場合が多いでしょう。 しかし、被害者との示談は加害者本人が行うことが難しく、実質的に弁護士が代理することがほとんどです。(参考「刑事事件における示談の重要性や示談金の相場、交渉方法」)

自首する

自首すると科される刑が軽くなる場合がありますが、軽い罪であれば、自首をした以上、逃亡のおそれや証拠隠滅のおそれがないと判断され、その結果としてそもそも逮捕や勾留をされない場合もあります。 一方で、自首によって逮捕されてしまう可能性もゼロではありません。警察署に出頭する際に、弁護士に同行してもらい、その場で逮捕しないことを強く働きかけてもらいましょう。弁護士が付いている場合は、捜査機関も威圧的な取り調べをしづらくなるメリットもあります。

有利な証拠を集める

例えば、無実の罪で疑われている場合や、正当防衛であるなど、犯罪が成立しない理由がある場合には、その証拠を集め、捜査機関に提示することによって、捜査を終了させることができます。 そこまでやるのは、万が一裁判になってからでいい、と考えがちですが、人の記憶とはあてにならないものです。もし目撃者がいるのであれば、その記憶が曖昧になる前に証言を取っておくべきでしょう。

このようなリーガル・サポート以外にも、会社から解雇されるのを防ぐために、弁護士が、警察・検察に対して報道機関の事件取材に応じないよう働きかけることもできます。 仮に事件の容疑者として実名入りで報道されてしまったとしても、冤罪であると判明し、あるいは不起訴処分となった後に、弁護士が、報道内容の訂正・削除を報道機関に対して働きかけることもできます。

関連記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件を扱う弁護士を探す

逮捕・刑事弁護に関する法律相談

  • 住居侵入罪に当てはまるのか

    犯罪・刑事事件逮捕・刑事弁護

    あるお店のチェーンが付いているところにまたいで入って、位置情報サービスを利用するスマートフォンゲームをしてしまったのですが、この場合は、住居侵入罪などにあたるのでしょうか

    1弁護士回答
  • 取り調べの際にどこまで個人情報を供述する必要があるのかご教授下さい

    犯罪・刑事事件逮捕・刑事弁護

    刑事事件等で逮捕された場合、取り調べ等を受けると思うんですが、そのときに自身の所属(大学名や会社名)を述べる必要はありますか? 仮にそうした場合は勾留期間が延長されることも考えられ...

    2弁護士回答
  • 迷惑行為による後日逮捕の可能性について

    犯罪・刑事事件逮捕・刑事弁護

    先日、泥酔状態で、どこでやったかも曖昧なのですが、駅の構内で見ず知らずの女性の靴を舐めてしまいました。 相手の女性に「何してるんですか?」と言われ、我に返り、「すみません・・」と...

    3弁護士回答
  • 車の個人売買トラブル。車もしくは未払いの分割金を押さえたい。

    犯罪・刑事事件逮捕・刑事弁護

    車の個人売買のトラブルです。 売主→私 購入者→男性A 関係者(男性Aの職場の後輩)→男性B AさんがBさんに通勤用の車を買ってあげたいとの事で支払い総額22万で2018年9月19日に売買契約が成...

    2弁護士回答
  • 刑事裁判後に民事裁判ができるのか

    犯罪・刑事事件逮捕・刑事弁護起訴・刑事裁判

    彼が児童ポルノ公然陳列罪のようなもので起訴をされ10月の下旬の公判待ちです。 私は彼が逮捕されるなんて思ってなかったから籍は入れていなく、このまま彼が実刑になり三年以上刑務所に行く...

    2弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

法律相談を検索する

逮捕・刑事弁護の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件の人気法律相談

  1. レイプになるのでしょうか?
  2. 傷害事件で被告訴人が犯行否認
  3. 淫行条例の件で、警察から呼び出しを受けました。
  4. 万引きの後日逮捕について。
  5. 初犯で盗撮をしてしまいました。
  6. 携帯の白ロム詐欺にあったのに加害者にさせられた友人がいます
  7. 児童ポルノ摘発による購入者の検挙、逮捕について

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 「君にはいいものがある」、声優を夢見て高額...
  2. 灼熱地獄の車内に子ども放置…救出のため、店...
  3. 栃木小1女児殺害、控訴審も「無期懲役」、足...
  4. クビになった「鳥貴族」盗撮店長、「めちゃく...
  5. ハイタッチを「誤解」して殴った男性、「おと...
  6. 「痴漢はんぱない」日本代表勝利で沸く渋谷ス...
  7. 仮想通貨マイニングの摘発、「法律で規制する...