住居侵入罪にて。実際はどうなのでしょうか?

友人が住居侵入罪で逮捕されました
以前、付き合っていた彼女の家に彼女のバスタオル姿を印刷した紙を玄関ドアに貼り付けたそうです
彼女とは示談をしているみたいで名誉毀損にはならなかったようです
入ったアパート敷地ですが管理人はいなくて門扉もなく、看板などの注意書きもなく通り抜けが可能なようです
検事の主張は「相手の家庭を壊す危険があり重罪(彼女は既婚者です)」ということで懲役10ヶ月を求刑
弁護側の主張は「最高裁の判例では踊り場は邸宅であるがそれには看取する人がいたり管理がされいることが前提。今回は看守する人がいるが実質的な管理はされていない」ということで無罪を主張しました
結果として裁判所は「例えば警視庁で長官が帰宅しても長官が警視庁の看守をしているとみている。なので実質的な管理が行われていなくても看守する人がいることになるので弁護側の意見は認められない。そして嫌がらせ目的で敷地内に入るのはダメ」とのこと
判決は懲役10ヶ月執行猶予三年でした。初犯で住居侵入で懲役刑は重過ぎるとのこと。実際はどうなのでしょうか?控訴してもひっくり返ったりするでしょうか?
本人は罰金刑になればと思っているようです。
2011年12月13日 16時54分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
控訴しても変わらないと思われます。

2011年12月13日 18時20分

この投稿は、2011年12月13日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

執行猶予とは?執行猶予の要件やメリット、獲得するための対処法

一時の気の迷いで犯罪を犯してしまったら、罪を認め反省し、罪を償う代わりに、刑務所に入りたくない、早く日常に戻りたいと思うことも多いでしょう。...

【図解】刑事裁判で執行猶予がつくケースとは

刑事裁判で有罪判決を受けても、執行猶予がつけば、一定期間は刑の執行が猶予されます。新たな犯罪をすることなどなく無事に猶予期間が経過すれば、刑...

この相談に近い法律相談

  • 夫の裁判を傍聴すべきか。。

    性犯罪で逮捕されています。 そろそろ裁判が始まります。 容疑を否認しているようで、裁判は長くかかる見込みです。 弁護士に、裁判を傍聴しに来て欲しい。 と言われましたが、行くか迷っています。 現実を受け入れる、真実を知る、という面で裁判を傍聴することは必要かと思いますが、 まだ犯罪を起こした夫を受け入れられて...

  • 人身保護違法 求刑1年6ヶ月

    彼人身保護違法で逮捕された。理由は、妻と親権の裁判で、最高裁の判決は子供は妻の方になった。でも子供は母の事が嫌がて、彼は子供と住民票と違う所に住みました。そして逮捕されて、起訴されました。 今現在裁判になって、検察が求刑1年6ヶ月。 彼は初犯、仕事あり、反省してます。 それで実刑になる可能性がありますか? ただ今...

  • すでに犯人が捕まって裁判が行われている事件に疑問点がある時はどこに訴えればいいですか?

    傷害事件等で裁判で計画性がないとされている事件で、実際は誰かが捕まっている犯人に被害者の住所を教える等していて、初めから被害者を狙って犯行が行われていたのではないかと感じる事件があるのですが、犯人が捕まって裁判が行われている段階で、警察にその事を話しても取り合って貰えないでしょうか? 警察の捜査では単独犯とさ...

  • 警察官等による逮捕の際の法令の解釈について

    素人目には「これが法令の解釈上、犯罪になるのか」と驚く事件が時々ありますが、警察官等の司法警察職員は自身が調べている事件が法令の解釈上、何らかの犯罪行為に該当するのか否かについてを、どのような基準を元に判断しているのでしょう? 擬律判断の専門書等を紐解くのでしょうか? 住居侵入 http://www.bengo4.com/topics/1...

  • 無罪が下された裁判において有罪主張してた検察側は、 本気で被告人が真犯人と信じて疑っていなかったのか

    刑事裁判において被告人が冤罪を主張し、 結果それが認められて 晴れて無罪判決を勝ち取ることがありますよね。 しかしそのようなときでも、 検察側は裁判では ほとんどの場合判決まで一貫して有罪主張に徹していますよね (無罪論告なんてのは余程の自明な無実証拠が出てこない限りしない)。 では検察側は、 中立の立場であ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

執行猶予の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 被害者支援、制度を使ってなぜ「つらさ」は増...
  2. 「アサヒカメラのカメラマン」名乗り、痴漢は...
  3. 「海外に売り飛ばすぞ!」風俗スカウト会社か...
  4. 「レオパレスを建築基準法違反で捜査して」 ...
  5. 「自分好みの髪の毛だった」 夜行バスで女性...
  6. 北九州最大の「ソープ」を摘発、なぜここだけ...
  7. 泥酔→タクシー無賃乗車、「本当になにも覚え...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。