自動車運転過失致死傷罪で執行猶予はつくのですか?

友人が仕事中に脇見で渋滞中の列に追突事故を起こしてしまい、幼い子供1人が亡くなり怪我をされた方が3〜4人いたそうです。この先どういった事になって行くのでしょうか?謝罪等は相手の方から断られてるみたいです。
ドットコムさん
2018年09月10日 12時47分

みんなの回答

小野寺 雅之
小野寺 雅之 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 福岡県1 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ありがとう
> この先どういった事になって行くのでしょうか?

被害者死亡を含めて重大な結果を発生させていますから,逮捕・勾留されているのかもしれませんね。
これから先,捜査が終了すると,検察官は過失運転致死傷罪で正式起訴することになります。
判決は,禁錮刑の実刑になるか執行猶予がつくか微妙なところだと思います。

2018年09月10日 13時08分

金原 光俊
金原 光俊 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 千葉県5
ありがとう
お困りのことと存じます。
大変ご心痛ですね。心中お察しいたします。

>この先どういった事になって行くのでしょうか?
→既に回答がありますとおり、逮捕・勾留後、起訴はされるのではないかと思われます。
判決としては、実刑か執行猶予かというところでしょうが、ご友人には、早い段階からお近くの弁護士に直接面談にて相談し、弁護士に弁護人として活動をしてもらうよう勧めてください。もちろん、国選弁護人でも構いません。

2018年09月10日 13時18分

この投稿は、2018年09月10日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

勾留の期間や請求期限、必要要件などの基礎知識と勾留を回避し釈放されるための対処法

日常用語と化している「逮捕」に比べて、「勾留」という言葉はあまり知られているとは言えません。しかし、行動の自由を制限される期間の長さから言っ...

傷害罪とはどのような犯罪か?構成要件と事例、暴行罪や過失傷害罪との違い

傷害罪は、しばしば喧嘩などの際に問題となることが多い罪です。しかし、一見傷害罪のように見えても、暴行罪や過失傷害罪、殺人罪となる場合もありま...

暴行罪の構成要件と事例 - 何が暴行か?どこからが暴行罪か?

暴行の典型的な例は、人を殴る、蹴るといった暴力行為ですが、暴行罪における「暴行」には幅広い内容が含まれます。ここれではどうしたら暴行罪が成立...

飲酒運転をするとどうなるのか - 罰金や懲役と逮捕の流れ

飲酒運転は非常に危険な行為であり、一度事故が起きれば大惨事になりかねません。昨今では社会的にも問題視する声が多く、飲酒運転は厳罰化の傾向が強...

酒気帯び運転のアルコール量の基準と逮捕から罰金・懲役が決まるまでの流れ

酒気帯び運転とは、正常を保てない程ではないけれども、アルコールが体内に残っている状態で運転することを指します。正常に運転できているからといえ...

この相談に近い法律相談

  • 人を跳ねて死なせてしまったらどうなるか?

    車で誤って人を跳ねて死なせてしまった場合、不起訴や罰金刑にならないのでしょうか? 保険からできる限り被害者側に賠償しても、執行猶予ついた懲役刑、または実刑でしょうか? また実刑の場合は、交通刑務所にいくんですか?

  • 謝罪文、受け取り拒否について

    謝罪文を受け取らないと 加害者側に対する影響は 何かありますか? 彼が現在、留置場にいて 弁護士の方より謝罪文の受け取りを頼まれています。。 彼は初犯で、執行猶予が つくのではと刑事さんや 検察官の方に言われています。。

  • 弁護士登録拒否事例について

    執行猶予判決を受けても取り消されることなく無事満了すると弁護士欠格事由はなくなり弁護士になれることは存じ上げておりますが、現実に弁護士活動するには弁護士会に登録しなければなりません。 その際前科を理由に弁護士登録を拒否されることは多々あるのでしょうか? 弁護士資格事件議決例集を見たところ似た事案が2例が記載されて...

  • 執行猶予期間中に傷害の疑いで書類送検された場合、執行猶予はどうなる?

     死亡事故を起こし、今年の2月に禁錮3年、執行猶予3年の有罪判決を受けた人間が、被害者遺族に暴力を振るい怪我をさせたとして書類送検された、という事件があったようです。  この場合、執行猶予は取り消されるのでしょうか?  取り消しの条件等がありましたらお教えください。

  • 旅行業法第6条登録の拒否の法的解釈

    旅行業法第6条において以下に該当する場合には、その登録を拒否しなければならない。とありますが、二の禁錮以上の刑に処せられ、(~以下同文)の法的解釈は執行猶予の場合はどの様に判断すべきでしょうか。因みに旅行業法とは関係のない微罪で懲役8ヶ月執行猶予3年の事案です。ご回答お願い致します。 (登録の拒否) 第六条  観...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

執行猶予の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. Hey!Say!JUMPツアー中止 ファンの「迷惑行為...
  2. 間違った使い方してるかも?旅館で見かける「...
  3. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  4. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  5. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  6. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  7. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。