刑事裁判で控訴中の人は、次のどちらの条文に該当しますか?

懲役2年(執行猶予3年)の一審判決に不服で被告人が控訴している状況です。

この場合は、次の「二号」「三号」どちらに該当することになるのでしょうか?


第13条  
外務大臣又は領事官は、一般旅券の発給又は渡航先の追加を受けようとする者が次の各号のいずれかに該当する場合には、一般旅券の発給又は渡航先の追加をしないことができる。

二  死刑、無期若しくは長期二年以上の刑に当たる罪につき訴追されている者又はこれらの罪を犯した疑いにより逮捕状、勾引状、勾留状若しくは鑑定留置状が発せられている旨が関係機関から外務大臣に通報されている者

三  禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又は執行を受けることがなくなるまでの者
loveandpeaceさん
2013年07月07日 23時01分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
まだ,確定していないのですから,「二」ではないでしょうか。

2013年07月08日 03時22分

loveandpeace さん (質問者)
私も「二」かなと思ったのですが、第一審の判決の言い渡しとともに訴追されている状態が終わるのではないかと思ったのです。第二審は被告人による控訴なので。

もしくは、どちらにも該当しない可能性なども考えました。

「訴追されている者」の定義など法律に書いていないのでしょうか。

2013年07月08日 12時33分

この投稿は、2013年07月07日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

執行猶予とは?執行猶予の要件やメリット、獲得するための対処法

一時の気の迷いで犯罪を犯してしまったら、罪を認め反省し、罪を償う代わりに、刑務所に入りたくない、早く日常に戻りたいと思うことも多いでしょう。...

この相談に近い法律相談

  • 逮捕歴あるものの渡航について

    私は以前強制わいせつの容疑で逮捕されたことがあります。すぐに相手方と示談が成立し、不起訴処分となったのですが、この場合は一般旅券の発行は受けられないのでしょうか? 旅券法を調べてみると、以下の記載がありました。 (一般旅券の発給等の制限) 第十三条  外務大臣又は領事官は、一般旅券の発給又は渡航先の追加を受...

  • 酒鬼薔薇、日本から脱出しようにも旅券法13条に触れる可能性が高い?

    酒鬼薔薇が日本から脱出しようと考えたとしても旅券法13条に触れる可能性が高い、という記事を読んだのですが、実際のところはどうなのでしょう? 「著しく、かつ、直接に日本国の利益又は公安を害する行為を行うおそれがあると認めるに足りる相当の理由がある者」と評価できるのでしょうか? 記事 http://www.news-postseven.com/...

  • 刑事事件以外の、罰金刑や懲役刑のある法律違反者は誰が法的手続するのか?

    前回質問(01月15日 00時09分)時には、カテゴリ選択が「裁判に関わるテーマ > その他」で投稿したところ無回答であったので、こちらのカテゴリで同様の質問をさせていただきます。 身近に居る犯罪者(刑事犯以外)を看過出来ないので、弁護士からの回答が出されるまで、何度でも質問させていただきます。 以下、質問内容です。 ...

  • 私人逮捕できない犯罪が存在する理由とは?

     私人逮捕できない犯罪が存在する理由とはどのようなものなのでしょう?  軽微な犯罪なので、逮捕までは必要ない(たとえ被害を受けた本人の行為であっても)ということなのでしょうか?  それによって被害を受けた側が逮捕罪等に問われるのは少々理不尽なようにも思います。「犯人の住居若しくは氏名が明らかでない場合又は犯人が逃...

  • 旅行業法第6条登録の拒否の法的解釈

    旅行業法第6条において以下に該当する場合には、その登録を拒否しなければならない。とありますが、二の禁錮以上の刑に処せられ、(~以下同文)の法的解釈は執行猶予の場合はどの様に判断すべきでしょうか。因みに旅行業法とは関係のない微罪で懲役8ヶ月執行猶予3年の事案です。ご回答お願い致します。 (登録の拒否) 第六条  観...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

執行猶予の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 間違った使い方してるかも?旅館で見かける「...
  2. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  3. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  4. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  5. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  6. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...
  7. ゴーン氏、家族と面会できず、弁護士も立ち会...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。