不起訴理由に関わらず前歴は残るのでしょうか?

不起訴理由が犯罪事実なしや、示談による訴訟要件の欠如の場合でも前歴というのは残るのでしょうか?

残る場合、警察で身元照会された場合は不起訴理由も伝わるのでしょうか?それとも逮捕事実だけが伝わるのでしょうか?

逮捕事実だけが残る場合、誤認逮捕や示談でも事実上は不利益が残る(職務質問で警察官に犯罪者として見られる)のかどうか疑問になりました。
kakakuさん
2017年08月30日 17時13分

みんなの回答

岡本 大地
岡本 大地 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 千葉県4 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
不起訴の場合には、不起訴の理由も前科履歴回答書に記載されていることがあります。
ですので、照会した場合には、捜査員は、不起訴の理由も確認できると思います。

2017年08月30日 17時56分

この投稿は、2017年08月30日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

前科・前歴とは?不起訴処分を獲得し前科をつけないための対処法

前科という言葉を、多くの方が聞いたことがあるでしょう。しかし、意外なようですが、前科は法律上の用語ではなく、明確な定義もありません。そのため...

【弁護士Q&A】就業規則の不利益変更に労働者が従う必要はある?

労働者は会社が定めた就業規則に従って仕事をする必要があります。では、就業規則が労働者にとって不利益な内容に変更された場合でも、従う必要はある...

労働者にとって不利益に変更された就業規則が無効になるケースを詳しく解説

労働者にとって不利益な就業規則の変更は、原則として、労働者が合意しなければすることができません。ただし、就業規則を変更する必要性など一定の合...

公務執行妨害罪とはどのような犯罪か?罰金や懲役の量刑相場や逮捕・勾留・起訴の流れ

警察官などの公務員に対して暴行や脅迫行為をした場合、公務執行妨害罪として処罰されます。ここでは、いかなる条件で公務執行妨害罪が成立するのか、...

起訴されたらどうなるのか?起訴の種類と刑事裁判の流れ

起訴とは、検察官が犯罪加害者の処罰を裁判所に求める意思表示であり、起訴されて初めて刑事裁判が始まります。しかし、「起訴」と名が付いても刑事裁...

この相談に近い法律相談

  • 逮捕と勾留は「 相当な理由

     逮捕と勾留は同じ「 相当な理由」となってますが、同じなのでしょうか? 違う場合、具体的にはどうちがうのでしょうか?

  • 通常逮捕の要件と違法性阻却事由について

    逮捕について教えてください。 逮捕についての要件(下に条文を記載しました)が刑事訴訟法199条に規定がありますが、この「被疑者が罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由があるとき」とは、構成要件に該当すれば、違法性阻却事由が存在する場合でも逮捕されるという理解でいいのでしょうか? そして逮捕後に違法性阻却事由が...

  • 不起訴の理由を知るには

    ある事件で逮捕された被疑者が不起訴になった場合、第三者等がその不起訴になった理由を知る方法はありますか?

  • 海外での就労ビザの取得について

    お世話になります。 海外の就労ビザを申請する際に、逮捕歴や犯罪歴の質問にチェックする欄がありますが、逮捕や犯罪歴の定義はどのように解釈されるのでしょうか? 例えば、ある刑事事件の被疑者として警察署で調書を取られた後に身元引受人のもと家に返され、手錠や拘留なく在宅捜査され、書類送検の後不起訴処分となった場合は...

  • 不起訴になる可能性はどのくらいでしょうか?

    口喧嘩で脅迫罪に該当することを一度だげ言う→警察で取調べをされすぐに釈放される→相手方が告訴→捜査→書類送検 初犯の場合、不起訴になる可能性はどのくらいでしょうか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

前科・不起訴の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. Hey!Say!JUMPツアー中止 ファンの「迷惑行為...
  2. 間違った使い方してるかも?旅館で見かける「...
  3. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  4. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  5. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  6. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  7. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。