彼から

暴力を受けました。彼は前科があります。病院に行き全治1ヶ月と診断され、警察に被害届けをだしました。日曜日の夜、本人が自首し、それから3日後、相手が弁護士をたててきました。本人が書いた手紙と示談の件で話がしたいとのことでした。その際、弁護士の方から、一応、印鑑を持って来て欲しいと言われました。身体の傷が癒えてない状態でしたが、話しを聞きに行きました。そして、示談書には今回の謝罪の件と被害弁償金30万を支払う旨、および被害を取り下げる旨が記載されていました。その後、双方もう一度話をし、今後の後遺症が出た場合について、別途損害賠償請求が生じる旨を追記してもらい署名捺印しました。初めてのことで法律知識もなく、裁判になれば裁判所に出向いたり、弁護士費用などもかかることを考えて署名捺印したところもあり、今後のことも含め、本当に、この解決方法が妥当だったのか不安でしかたありません。良きアドバイスをお願い致します。
チョコさん
2010年08月19日 16時42分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
刑事事件として立件されれば、被害者として法廷で証言せざるを得なくなる可能性もあります。
そうした負担を避けて早期に示談して30万円を受け取ったのは、けっして不合理な選択ではないと思います。
後遺症について追記してもらったことも適切でした。

2010年08月19日 17時14分

この投稿は、2010年08月19日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

前科・前歴とは?不起訴処分を獲得し前科をつけないための対処法

前科という言葉を、多くの方が聞いたことがあるでしょう。しかし、意外なようですが、前科は法律上の用語ではなく、明確な定義もありません。そのため...

この相談に近い法律相談

  • 暴行事件での民事裁判をするか悩んでいます。慰謝料額を教えて下さい

    4ヶ月前の暴行事件を警察に相談して当時の再現とかをいましています。当時は被害届を出して医者にいくつもりでしたが、相手が被害届を出して良いと言ったものの、出さないでくれたら助かるといわれ付き合ってたので被害届は出しませんでした。暴行に関しては警察に行ってるので警察も知っていますし、被害届を出すように言われています...

  • 傷害被害について

    今年の1月の末に父親が会社に行く途中に若者五人から、いきなり背中から蹴られ倒れたところをさらにそこから集団で暴行を受けました。少年達は何も奪わずただ暴行を加え「いくぞ」と誰かが言いその場から逃げて行きました幸い命に関わることはなくすみました。 その後直ぐに警察に行き被害届を出しました。そこから現場検証をしてDNAを...

  • 傷害事件について

    先日、彼氏だった人に暴行され、頭部打撲、腰椎捻挫、前頸部挫創など全治2週間の怪我を負わされました。 警察に被害届を出し、捕まったんですが、前にも傷害事件を起こしていて、執行猶予中で残り6ヶ月ぐらいだったみたいです。 相手は私選で弁護士を雇っていて、慰謝料や示談の話しがしたいと言っていることを検事さんから聞きました...

  • 加害者と弁護士

    ■急いでるのでリアル弁護士さんからの回答お願いします。 交際相手をDVの加害者として最近被害届出しました。 行き違いで、再三の和解を連絡してきていた弁護士から、また話し合い希望の書類が書留できてました。 被害届出した後の、向こうの弁護士には何と回答すべきですか? 被害届出した後にきた書類も、加害者に関する...

  • 遺失物横領罪の弁償方法について

    前回の質問にも書きましたが、財布を拾い中身2万円程度を使ってしまいました。 警察の呼び出しも終わり調書を書き終わりました。 その際、警察の方に被害者の方に謝りたい・弁償したいと相談したのですが被害者の方は会いたくないそうです。 どうにか弁償だけでもしたいのですが、このまま何もできないのでしょうか? また、現...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

前科・不起訴の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  2. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  3. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  4. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  5. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...
  6. ゴーン氏、家族と面会できず、弁護士も立ち会...
  7. 元AV女優・麻生希、覚せい剤で実刑判決…別の...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。