刑事事件として立件され困惑してます

刑事事件です。
事実関係は、些細なことで先方とトラブルになり、口論の中で、こちらが先方の両肩に両手をポンと置く場面がありました。後日、先方が「両肩を押されたため腰を痛めた」ということで警察に被害を届けたという内容です。
先日警察から電話連絡があり、こういう事態になってることにショックを受けました。
警察からの事情聴取がこれからある段階ですが、起訴された場合、ほぼ有罪と聞きます。であるなら、もはや弁護士さんへの相談で報われないだろうということでしょうか?

どう弁護士さんの協力が得られるますか?費用はどの程度かかりますか?アドバイスお願いします。
2019年02月12日 23時07分

みんなの回答

森脇 慎也
森脇 慎也 弁護士
ありがとう
ご質問にお答えさせていただきます。

> 起訴された場合、ほぼ有罪と聞きます。
起訴された場合は有罪率はかなり高いのですが,本当に検察が起訴するのかという問題があります。
弁護士に依頼すれば,起訴回避のために活動してくれます。
費用に関しては事務所によって異なります。
無料法律相談をしている事務所もございますし,一度弁護士事務所にご相談されることをおすすめいたします。

2019年02月12日 23時18分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
ありがとう
> 警察からの事情聴取がこれからある段階ですが、起訴された場合、ほぼ有罪と聞きます。であるなら、もはや弁護士さんへの相談で報われないだろうということでしょうか?
> どう弁護士さんの協力が得られるますか?

起訴されないように弁護活動をしていきます。
例えば、相手と示談交渉等です。
例えば、相談者に前科もなく、軽い傷害ということであれば、示談が成立すれば、起訴されないことは十分ありえます。

費用はどの程度かかりますか?

弁護士によって、弁護士費用の基準が違いますので、個別に尋ねられることになると思います。
なお、法律事務所によってはHPに掲載しているところもあると思いますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

2019年02月13日 04時59分

神尾 尊礼
神尾 尊礼 弁護士
犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ありがとう
弁護士の神尾です。

分かりやすく、私ならこうするという形でご説明します。

・相談、受任
「立件」「起訴」「有罪」というのは、それぞれ段階が異なるものです。
「立件」されたとしても「起訴」されるとは限りません。この「起訴」されないように動くところに、弁護士の意味があります。
そして、「起訴」されなければ裁判にはならない=有罪にもならない、ということになります。

・実際の活動
事情聴取の際の警察署や検察庁への同行。取調室までは入れないことが多いですが、いつでもアドバイスできるように待機します。
示談。ただし、これはご意向もあるので、全ての事件で獲得に向けて動くわけではないです。また、先方の態度によっても、示談できない場合があります。
意見書の作成。総まとめ的に検察官に意見を述べる場合があります。

・弁護士費用
旧基準なら着手20万~50万、不起訴報酬20万~50万くらいだったと記憶しています。
今は事務所によって異なります。ホームページ上に明記している場合もあります。

2019年02月13日 11時37分

この投稿は、2019年02月12日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,707名の弁護士から、「犯罪・刑事事件に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

起訴されたらどうなるのか?起訴の種類と刑事裁判の流れ

起訴とは、検察官が犯罪加害者の処罰を裁判所に求める意思表示であり、起訴されて初めて刑事裁判が始まります。しかし、「起訴」と名が付いても刑事裁...

刑事裁判と民事裁判の違い

裁判には大きく分けて刑事裁判と民事裁判の2種類が存在します。刑事裁判では、犯罪を犯した人に有罪無罪や刑罰を決めるための審理を行います。一方で、...

簡易公判手続とは | 通常の刑事裁判との違い・メリットとデメリットを解説

刑事裁判で自分の罪を有罪だと認める場合、「簡易公判手続」によって刑罰が審理される可能性があります。この記事では、簡易公判手続とは何か、メリッ...

起訴後も勾留され続ける人に会う方法と勾留から解放される手段

犯罪の疑いで逮捕・勾留されていた人が起訴された場合、引き続き拘置所などに収容されて、自由に行動などができません。起訴された後の勾留のことを、...

この相談に近い法律相談

  • 刑事で起訴されたら裁判の日程は

    刑事で起訴されたら裁判の日程はすぐ地裁に聞けばわかるのでしょうか!?枠が起訴と同時に決まるかという意味です。

  • 刑事裁判官の「有罪慣れ」について

    刑事裁判官は、自白事件が多いことや、99%以上の有罪率の下で「有罪慣れ」して有罪の予断を持ち、安易に有罪判決を下してしまう、という文献を目にすることがあるのですが、これは本当でしょうか? そもそも裁判官は「有罪慣れ」をしているのでしょうか? よろしければご回答よろしくお願い致します。

  • 刑事事件不起訴の民事裁判について

    刑事事件で告訴されたのですが、正当防衛並びに嫌疑不十分として不起訴になりました。相手は納得できないとして民事に訴えています。 民事裁判の異なる見解で慰謝料の支払いが生じたりするのでしょうか。 どのように対処すれば宜しいのでしょうか。

  • 刑事事件 前科 刑事告訴 起訴 について

    窃盗罪についての質問です。 職場で窃盗を行い、後日警察の調査で犯人が判明された場合なのですが、 被害者と被疑者との示談が成立していて、刑事告訴を取り下げることになりました。 その際なのですが、 ①被疑者は刑事告訴を免れているので刑事事件、前科ともに記録はされず、前歴が残るだけですか? ②また、犯人は逮捕され...

  • 刑事裁判の有罪判決の結果を第3者に話すことについて

    ある刑事訴訟にて有罪判決が出た事を、訴えた側の人間が第3者の人間に話したりすることは法律的には許されるのでしょうか? プライバシー保護の観点からは、いけない事であると考えていますが、 裁判には第3者である傍聴人もいる事ですので、プライバシーは保護されていないのではないかとも考えられます。 以上、宜しくお願いいたし...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

起訴・刑事裁判の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 北九州最大の「ソープ」を摘発、なぜここだけ...
  2. 泥酔→タクシー無賃乗車、「本当になにも覚え...
  3. 子どもに「自画撮り」要求する行為に懲役刑も...
  4. 更衣室なく裸の子も…「じゃぶじゃぶ池」で幼...
  5. 「漫画村出張所」運営の男性逮捕、「闇金ウシ...
  6. 客室乗務員、客から「盗撮被害」が6割 逆上...
  7. 「これは売春だ」 ホテルで偽の「警察手帳」...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。