いつの法改正で「検察官は証拠の全面開示義務」になりましたか?

質問です。
①いつ頃の刑訴法改正で、検察官は請求があった場合(?)手持ち証拠を全面開示しなければならなくなりましたか?
②その法改正で、検察官は無罪を示す証拠を隠すことができなくなり、否認事件での起訴件数は、減っていますか?
③証拠の全面開示義務は、「検察官の手持ち証拠」であり、「捜査機関」ではないので、「警察や消防など」にある証拠は対象ではなく、まだ不十分でしょうか?
2018年12月24日 10時06分

みんなの回答

中島 繁樹
中島 繁樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 福岡県3 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
<いつ頃の刑訴法改正で、検察官は請求があった場合(?)手持ち証拠を全面開示しなければならなくなりましたか?>
 現時点でも、そこまでの改正は行われていません。

2018年12月24日 11時10分

相談者
ご回答いただきありがとうございます。

起訴されたら99%の確率で有罪になるのは、
「有罪になるものしか起訴をしないから」というのが半分。
「検察側が不利な証拠は、隠すことができるから」というのが半分ですか?

2018年12月24日 12時47分

川面 武
川面 武 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都10
ありがとう
> いつ頃の刑訴法改正で、検察官は請求があった場合(?)手持ち証拠を全面開示しなければならなくなりましたか?

質問者が勘違いをされているのは,下記証拠の標目提示に関する規定のことではないでしょうか?そうであれば,平成16年改正で,施行は5年後の平成21年だったと思います。

刑事訴訟法
(昭和二十三年法律第百三十一号)

第三百十六条の二十七 裁判所は、第三百十六条の二十五第一項又は前条第一項の請求について決定をするに当たり、必要があると認めるときは、検察官、被告人又は弁護人に対し、当該請求に係る証拠の提示を命ずることができる。この場合においては、裁判所は、何人にも、当該証拠の閲覧又は謄写をさせることができない。
○2 裁判所は、被告人又は弁護人がする前条第一項の請求について決定をするに当たり、必要があると認めるときは、検察官に対し、その保管する証拠であつて、裁判所の指定する範囲に属するものの標目を記載した一覧表の提示を命ずることができる。この場合においては、裁判所は、何人にも、当該一覧表の閲覧又は謄写をさせることができない。
○3 第一項の規定は第三百十六条の二十五第三項又は前条第三項の即時抗告が係属する抗告裁判所について、前項の規定は同条第三項の即時抗告が係属する抗告裁判所について、それぞれ準用する。

2018年12月24日 16時32分

相談者
ご回答いただきありがとうございます。

私が見たのはこれです。
 ↓ 
最近の刑事訴訟法改正によって、検察は「被告人又は弁護人から請求があつたときは、速やかに、被告人又は弁護人に対し、検察官が保管する証拠の一覧表の交付をしなければならない」(刑訴法316条の14第2項)とされており、「証拠の一覧表の交付」

2018年12月24日 16時49分

川面 武
川面 武 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都10
ありがとう
私が見たのはこれです。
 
最近の刑事訴訟法改正によって、検察は「被告人又は弁護人から請求があつたときは、速やかに、被告人又は弁護人に対し、検察官が保管する証拠の一覧表の交付をしなければならない」(刑訴法316条の14第2項)とされており、「証拠の一覧表の交付」

本改正の方を指摘すべきでしたね。
以下,平成28年版犯罪白書の一部を抜粋します。本改正は平成28年12月の施行です。
本規定も,公判全整理手続きが付された事件という限定された事件について,検察官に送致された証拠の一覧表の交付請求を認めたにとどまります。

7 新規立法の動向
(1)刑事訴訟法等の改正
平成28年5月,刑事訴訟法等の一部を改正する法律(平成28年法律第54号)が成立し,同年6月に公布された。同法は,現在の捜査・公判が取調べ及び供述調書に過度に依存した状況にあるとの指摘を踏まえ,このような状況を改めて,刑事手続を時代に即したより機能的なものとするため,証拠の収集方法の適正化・多様化及び公判審理の充実化を図ろうとするものであり,具体的には,取調べの録音・録画制度の導入,証拠収集等への協力及び訴追に関する合意制度の導入,通信傍受の合理化・効率化,被疑者国選弁護制度の対象事件の拡大,犯罪被害者等及び証人を保護するための措置の導入等を内容とするものである。既に一部が施行済みであり,その余についても段階的に施行される。

2018年12月24日 17時23分

この投稿は、2018年12月24日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

起訴されたらどうなるのか?

起訴とは、検察官が犯罪加害者の処罰を裁判所に求める意思表示であり、起訴されて初めて刑事裁判が始まります。しかし、「起訴」と名が付いても刑事裁...

刑事裁判と民事裁判の違い

裁判には大きく分けて刑事裁判と民事裁判の2種類が存在します。刑事裁判では、犯罪を犯した人に有罪無罪や刑罰を決めるための審理を行います。一方で、...

この相談に近い法律相談

  • 証拠不十分で釈放されたのに今後起訴される事はありますか?

    逮捕状も出ていなく、証拠不十分で釈放された場合今後起訴される可能性はあるのでしょうか? 証拠がこれ以上出てこない場合は検察官からは呼出を受ける事はないのですか??警察からは必ず1度は話を聞きに来てもらう事になると言っています。 相手は半年以上も前のことの話でこちらが釈放されたのにも関わらず被害届を取り下げて...

  • 刑事裁判、証拠なしで勝つには

    刑事裁判で証拠がほとんど無い場合でも勝つにはどうすればいいのでしょうか。 訴えたい側の人間のことは、名前しかわかりません。 ほぼ不可能な状態ですが、諦めたくありたせん。 また、このような、面倒な相談や依頼は弁護士さんは引き受けてくれないのでしょうか? 引き受けたとして、費用なども跳ね上がりますか?

  • 証拠不十分で不起訴の後、名誉毀損で訴えれる?

    証拠不十分で相手が不起訴になり、相手が民事で名誉毀損を訴えてきたとします。裁判所は受理するもんですか? もし受理されてしまった場合、裁判で勝ったときは、裁判にかかる弁護費用などは相手に請求できますか?

  • 証拠不十分で不起訴の後、名誉毀損で訴えれるのか?

    先日、自宅や車に度々嫌がらせをしていたであろう人物を、自宅前で彷徨いているときに捕まえて、警察に連れていってもらいました。犯人は過去のイタズラに使用されたと思われる道具を全て持っており、家の前に居た正当な理由も、持ってる道具の使用用途も説明できないのに、自分はただ歩いていただけで、なにも悪くない。こちらを名誉毀...

  • 状況証拠だけで起訴出来るのでしょうか!?

    状況証拠だけで起訴出来るのでしょうか!?知人が逮捕され起訴されました。ガス会社から個人情報を不正に引き出した罪です。そう報道されています。もう1つの市役所から個人情報を引き出した罪は慎重に捜査していると報道がありました。知人は調査したけれど、市役所から情報を引き出したものでは無い。と否認しているとも報道がありまし...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

起訴・刑事裁判の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. パチスロ店、伝説の「4号機」を設置して摘発...
  2. 終電がまさかの運休! 鉄道会社にタクシー代...
  3. 障害者を襲う「性暴力」の三重苦 被害にあっ...
  4. 警察の取調室「スマホの持ち込み禁止」に根拠...
  5. 無許可ドローンで逮捕「公園なら飛ばしていい...
  6. 大相撲の「座布団投げ」は罪に問われるのか?...
  7. Hey!Say!JUMPツアー中止 ファンの「迷惑行為...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。