在職期間中の犯罪の事後発覚時の影響について

友人が困っており相談させてください。

在職期間中に軽犯罪(痴漢等)を犯した事実が、退職後に発覚するケースで、
その場合退職金はおそらく返還しないといけないのではと思うのですが、

1、併せて「在職期間中の給料や手当」も返還義務があるのでしょうか。(ちゃんと働いている場合でも)
2、その場合、①逮捕後から退職までの期間なのか、②有罪確定後から退職までの期間なのか、どちらでしょうか。
3、その他、一般的に会社に対して返済が必要な債務・義務等は発生するでしょうか。

刑事裁判で無罪を主張して争って、仮に勝てなかった場合に、その影響をしりたいというものです。
2018年10月20日 04時05分

みんなの回答

岡村 善郎
岡村 善郎 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 鹿児島県2
ありがとう
退職後に痴漢が発覚したケースでは,すでに社員たる身分を離れているのであるから,懲戒処分の対象とはならないと考えます。

仮に,重大な職務犯罪であれば,何らかのペナルティがあるかも知れませんが,行為と賞罰との間に均衡が取れている必要があります。
極めて重大な職務違反の場合で,退職金の自主的な一部返納程度でしょうか。

2018年10月20日 05時20分

この投稿は、2018年10月20日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

再審とは | 刑事裁判の確定した有罪判決に納得がいかない場合の対処法

刑事裁判の有罪判決が確定したけれど判決の内容に納得がいかない…。そのような場合には「再審」という裁判のやり直しをする手続きをとることができます...

公訴棄却・免訴とは|有罪でも無罪でもない判決を解説

刑事裁判は、必ず有罪か無罪どちらかの判決が言い渡されるわけではありません。どちらでもない形で決着することがあります。「公訴棄却」「免訴」とい...

控訴とは | 刑事裁判の有罪判決に納得がいかない場合の対処法

刑事裁判で有罪判決を受け、その判決の内容に納得がいかない場合には、「控訴」という不服申立ての手続きをすることができます。この記事では、控訴に...

略式起訴がおこなわれるケースと流れ l 通常の刑事裁判との違いも解説

比較的罪の内容が軽く、検察官が罰金や科料を求めて起訴しようと考えている場合、通常の刑事裁判よりも簡略化した手続きを提案してくることがあります...

起訴されたらどうなるのか?起訴の種類と刑事裁判の流れ

起訴とは、検察官が犯罪加害者の処罰を裁判所に求める意思表示であり、起訴されて初めて刑事裁判が始まります。しかし、「起訴」と名が付いても刑事裁...

この相談に近い法律相談

  • 刑事裁判での一転無罪主張しても……。

    日本の刑事裁判について質問します。 あるラジオ番組でジャーナリストが 裁判って言うのは被告人を裁く為でなく 被告人を罪に問う証拠が正しいか審議するのが裁判で推定無罪の原則がなし崩しになっていると言ってました。被告人は一度自供したら証拠があまりなくても無罪主張しても有罪になりますでしょうか?

  • 刑事事件は争っても無駄なのですか

    検察官が起訴すれば99%有罪が確定すると聞きます。また下手に争うと反省の態度がないと評価されるだけのような気がします。無罪だと思っても刑事事件で無罪と主張しても事実上無駄なのでしょうか。よろしくお願いします。

  • 民事和解書が刑事問題の起訴かどうかに影響する場合

    刑事告訴後に仮に、民事ですでに和解書などで双方債権債務無しの文がある書面を、加害者が主張した時、検察官の判断は加害者に有利に不起訴処分にされるのですか。被害者としては許せない為、刑事と民事は別で、加害者は悪質で、その和解書の趣旨を説明して検察官に理解して貰うようしたいのですが、方法を教えてください。

  • 刑事裁判の結審前に告訴相手と和解の影響について

    不当競争防止法違反で起訴され、初公判が終わり、次の公判で結審予定の知人がいます。起訴前から相手側に和解の申し入れをしていましたが、相手に門前払いされていたそうですが、ここにきて和解を検討したいといってきたそうです。刑事裁判が結審前に告訴相手と和解することで何か裁判に影響はありますか?量刑が軽減されたり、その後の...

  • 同一事件の民事訴訟判決、刑事訴訟判決はそれぞれの審理にどのように影響しますか?

    刑事訴訟裁判が確定した後、始まった民事訴訟裁判における判決、採用された証拠、その他一切の裁判記録は、再審となった刑事裁判において効力を持ちますか? 刑事裁判の再審は極めて稀であり、また有罪判決を受けた者の利益のためにしか行えないとの事、可能性云々でなく、あくまでも刑事訴訟法、民事訴訟法の法理論、又両者を整合する...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

弁護士検索へのリンク

起訴・刑事裁判の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

弁護士検索へのリンク

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

弁護士検索へのリンク

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。