検面調書の署名押印について

在宅事件の被疑者として検察に呼ばれました。
そこで作成される検面調書について質問なのですが、以下の言い分で署名押印を拒否(保留)しても問題ないでしょうか?

・署名押印は弁護士と相談して検面調書に問題がないか確認してからでないとできない。しかし起訴されてからでないと国選弁護士はつけられない。だからこの場は保留し、起訴することが確定し、実際に起訴した後で、必要なら改めて署名押印を求めてほしい。そのときは弁護士と相談して決める。

逮捕勾留されている場合でも当番弁護士は呼べるようですが、こう言ったことを理由に逮捕されることはあり得るでしょうか(正当な逮捕と認められるでしょうか)?

なお1年以上前の事件で、これまで逮捕はされないまま、警察で1回取調べを受けました。
2017年11月15日 12時33分

みんなの回答

寺口 飛鳥
寺口 飛鳥 弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
単に、「内容がこれでいいのか、弁護士と相談してから署名・押印したい。」と述べて拒否するとよいと思います。

署名押印拒否の理由だけで逮捕することはできませんので、その心配は不要かと思います。

2017年11月15日 12時53分

大和 幸四郎
大和 幸四郎 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 佐賀県1
ありがとう
> なお1年以上前の事件で、これまで逮捕はされないまま、警察で1回取調べを受けました。
@ちょっとびょみょうかもしれませんね。
不起訴の可能性はないのでしょうか。
弁護士に面談相談されてみてはどうでしょうか。
具体的な状況を説明して、態度決定されてみてはどうでしょうか。
検察が今回の取り調べで不起訴にしようかと考えているかもしれませんから。

2017年11月15日 19時32分

相談者
寺口先生、大和先生、ご回答いただきありがとうございます。警察での取調べで言われたことなどから考えると、起訴される可能性は低いと思っています(前科もありません)。ただ、警察の方が起訴するほどのことではないと思っていても、検察の方の意向は違うかもと、不安を感じています。

一般的に見て、警察がそれほど厳しく追及しなかった事件を、検察が厳しく追及する(警察がしなかった逮捕や家宅捜索を行って証拠を集めるなど)ことはありますでしょうか? なお、疑われているのは痴漢事件についてです。

また検面調書は、起訴しないのであれば、署名押印しなくても検察が困ることはないと思うのですが、実際どうなのでしょうか? 起訴するつもりがない場合でも、調書への署名押印は厳しく求める(拒否してもしつこく要求する)ものでしょうか? 裁判に使わなくても署名押印させることにこだわる理由などがあれば教えてください。

これらのことについて、一般論でかまいませんので、ご回答いただけましたら幸いです。

2017年11月15日 22時38分

大和 幸四郎
大和 幸四郎 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 佐賀県1
ありがとう
おはようございます。
それでは、一般論で。
> ことはありますでしょうか?
@ないだろうと思います。
> 実際どうなのでしょうか?
@やっていないということを調書で確認して、上司の決裁を仰いで不起訴とすることはあるようです。
> 起訴するつもりがない場合でも、調書への署名押印は厳しく求める(拒否してもしつこく要求する)ものでしょうか?
@それはあまり考えられないと思います。

2017年11月16日 07時07分

この投稿は、2017年11月15日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

在宅起訴や起訴後に保釈されたとき裁判がはじまるまでに注意しておくこと

留置場などの刑事施設に収容されず、身体拘束を受けない状態で起訴されることがあります。また、起訴された後に勾留されていても、保釈が認められると...

書類送検とは|検察に送致されるまでの期間と不起訴になったかどうか確認する方法【弁護士Q&A】

警察に身柄を拘束されていない場合、在宅のまま事件が警察から検察に送られることがあります。「書類送検」とよばれています。事件が発覚してから書類...

起訴されたらどうなるのか?起訴の種類と刑事裁判の流れ

起訴とは、検察官が犯罪加害者の処罰を裁判所に求める意思表示であり、起訴されて初めて刑事裁判が始まります。しかし、「起訴」と名が付いても刑事裁...

起訴後も勾留され続ける人に会う方法と勾留から解放される手段

犯罪の疑いで逮捕・勾留されていた人が起訴された場合、引き続き拘置所などに収容されて、自由に行動などができません。起訴された後の勾留のことを、...

略式起訴がおこなわれるケースと流れ l 通常の刑事裁判との違いも解説

比較的罪の内容が軽く、検察官が罰金や科料を求めて起訴しようと考えている場合、通常の刑事裁判よりも簡略化した手続きを提案してくることがあります...

この相談に近い法律相談

  • 調書の捏造と弁護士を呼ばせなかった警察官に対する告訴を検討しているのですが

    逮捕された際に自分の言ってない事を捏造して調書に書かれたり 弁護士を呼びたいといっても呼ばせなかった警察官を訴える事は可能ですか? またその場合の罪状も教えて頂けると幸いです。

  • 検察庁からの呼び出しについて

    公然わいせつで逮捕され、即日、釈放されて任意捜査で送検されました。 警察での取調べでは犯意を否認しています。 検察庁から呼び出しを受けましたが、当日の状況説明と簡単な調書を取るので印鑑を持って来るように言われました。 目撃者には謝罪文を受け取ってもらっている状況です。 検察官に調書を取られるということは、起訴さ...

  • 警察への上申書

    取調官に対し、捜査に協力すること、反省の弁などを 記載した上申書を提出したほうがいいでしょうか? 刑事事件ですが、逮捕・勾留のおそれはない状況です。

  • 通常逮捕→被疑者完全否認→勾留されず釈放?

    警察が逮捕状請求のうえ被疑者を「通常逮捕」。 留置所に連行後、取調べを行うも、 被疑者は被疑事実をそれは私ではない冤罪だと完全否認の「否認事件」。 供述調書も署名・捺印拒否。 被疑者は逮捕後、知り合いの弁護士への連絡要求をし 逮捕当日に弁護士が面会に、そして弁護を委任。 逮捕翌日、検察官から勾留請求がなされ 弁...

  • 痴漢容疑 任意同行による取り調べ

    先日、警察から痴漢の容疑で任意同行を求められて警察署で取り調べを受けました。 捜査官は「以前からあなたが電車内で痴漢していると被害を訴えている人が複数人いる。証拠も集まっている。罪を認めろ」と。 私は一切認めず否認をしている状態です。 予想では証言だけで物的証拠もなさそうですし、繊維鑑定や携帯情報の開示などもな...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

弁護士検索へのリンク

起訴・刑事裁判の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

弁護士検索へのリンク

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

弁護士検索へのリンク

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。