刑事事件 未解決事件にならないのか?

1.刑事事件で、よく「一度は犯人が特定された被疑者が裁判や再審で無罪となり、冤罪事件となって真犯人が検挙されていない事件」や、「一度は犯人が特定された被疑者が裁判や再審で無罪となり、冤罪事件となって真犯人が逮捕されていない事件」が未解決事件になる事がありますが、真犯人が検挙又は逮捕されるなどして、裁判や再審で無罪判決が出た場合は、未解決事件にはならないのでしょうか?
また、不起訴判決の時はどうなるのでしょうか?

2.もし自分が刑事事件を起こしてしまった場合で、その後に未解決事件になってしまったときには、そのことを気にする必要はあるのでしょうか?
ちなみになぜそうなることがあるのかは何となく知っています。
回答下さい、困ってますさん
2017年07月16日 01時34分

みんなの回答

西田 広一
西田 広一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府4
ベストアンサー
ありがとう
1.刑事事件で、よく「一度は犯人が特定された被疑者が裁判や再審で無罪となり、冤罪事件となって真犯人が検挙されていない事件」や、「一度は犯人が特定された被疑者が裁判や再審で無罪となり、冤罪事件となって真犯人が逮捕されていない事件」が未解決事件になる事がありますが、真犯人が検挙又は逮捕されるなどして、裁判や再審で無罪判決が出た場合は、未解決事件にはならないのでしょうか?

 なるでしょうが、時効にかかっていることが多いかもしれません。

また、不起訴判決の時はどうなるのでしょうか?

 不起訴というのは検察官が決めます。解決された事件となります。

2.もし自分が刑事事件を起こしてしまった場合で、その後に未解決事件になってしまったときには、そのことを気にする必要はあるのでしょうか?

 もし不当に嫌疑をかけられたというなら、国家賠償請求などをするとよいでしょう。気にする必要はもちろんあります。

2017年07月16日 06時35分

回答下さい、困ってます さん (質問者)
「真犯人」でも、無罪判決のときは未解決事件になるのですね?
なぜそうなるのでしょうか?

2017年07月16日 12時09分

回答下さい、困ってます さん (質問者)
あとちなみに、「2.もし自分が刑事事件を起こしてしまった場合で、その後に未解決事件になってしまったときには、そのことを気にする必要はあるのでしょうか?」という質問については、西田弁護士がおっしゃる「不当に嫌疑をかけられた」場合ではありません。

もし自分が刑事事件を起こしてしまった場合で、
• 私が逮捕されていないとき
• 公訴時効が成立したとき
• 刑事裁判で無罪判決が出たとき
• 親告罪で、相手の告訴がなく、またそのまま、犯人(私)を知った日から6ヶ月(告訴期間)が過ぎて、その相手の告訴ができなくなったとき
これら4つの場合で、未解決事件になってしまった(?)ときです。

2017年07月16日 12時20分

回答下さい、困ってます さん (質問者)
どうやら回答がないようなので、もしかしたら上記の質問文の意味が分からなくて回答できなかったのかもしれません。申し訳ありません。
そこで、一応上記の質問文を分かりやすくして、再度質問させていただきます。
このままではいつこの相談を終了したら良いのか分からず戸惑ってしまいます。
教えていただければ幸いですので、回答できるのであれば回答をお願いします。

• では、もし自分が刑事事件を起こしてしまった後に、

1.「私が逮捕されていないとき」

2.「公訴時効が成立したとき」

3.「刑事裁判で無罪判決が出たとき」

4.「その刑事事件が親告罪で、その事件への相手(被害者)からの告訴がなく、また、そのまま犯人(ここでは私として扱います。)を知った日から6ヶ月(告訴期間)が過ぎて、その事件へのその相手(被害者)からの告訴ができなくなったとき」の

これら4つの場合により、後でその刑事事件が
もし未解決事件になってしまったときにも、
そのことを気にする必要はあるのでしょうか?

もうその質問文の意味が分かるようになったと思います。

2017年07月18日 12時10分

回答下さい、困ってます さん (質問者)
どうやら上記の質問文にも回答できないようなので、次の質問です。
これでも回答がなければ、この相談は終了させていただきます。

西田弁護士は、この相談で、「『真犯人』でも、無罪判決のときは未解決事件になる」というような回答をされましたが、なぜそうなるのでしょうか?

2017年07月20日 06時36分

この投稿は、2017年07月16日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

起訴されたらどうなるのか?起訴の種類と刑事裁判の流れ

起訴とは、検察官が犯罪加害者の処罰を裁判所に求める意思表示であり、起訴されて初めて刑事裁判が始まります。しかし、「起訴」と名が付いても刑事裁...

刑事裁判と民事裁判の違い

裁判には大きく分けて刑事裁判と民事裁判の2種類が存在します。刑事裁判では、犯罪を犯した人に有罪無罪や刑罰を決めるための審理を行います。一方で、...

刑事事件の弁護士費用 - 起訴前や起訴後、少年事件などケース別の報酬相場

自身や家族、友人が犯罪を犯してしまったら、誰に相談すればいいか不安になることでしょう。刑事事件の解決には、多くの場面で弁護士の力を必要となり...

配偶者が刑事事件で有罪判決を受けたことを理由に離婚できるのか

配偶者が何らかの犯罪をしたという疑いで逮捕・起訴され、有罪判決を受けた場合、家族の受けるショックは計り知れません。配偶者が有罪判決を受けたこ...

刑事事件に強い弁護士の選び方

刑事弁護は誰がやっても同じではありません。弁護士次第で結果が変わることも大いにあり得ます。被疑者(捜査機関によって罪を犯したとの嫌疑を受けて...

この相談に近い法律相談

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

起訴・刑事裁判の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. Hey!Say!JUMPツアー中止 ファンの「迷惑行為...
  2. 間違った使い方してるかも?旅館で見かける「...
  3. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  4. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  5. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  6. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  7. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。