余罪について後日逮捕はあるのか

余罪について
例えば、ひったくりを数件繰り返したとします。
その後逮捕され、取り調べでは逮捕の事件以外についても取り調べで話しましたが、
すべて事件とならず、逮捕の事件のみ事件として扱われました。

その後弁護士の方の働きかけがあり、不起訴となりました。
余罪については警察でほぼ触れられませんでしたが、
何年か後に科学技術が発達したとして、DNA等の証拠により、
逮捕前の事件が再度事件化され再逮捕となる可能性はあるのでしょうか。

罪は消えないのは承知ですが、この先も逮捕の可能性をかかえて
生きるのもつらいと感じます。
一般的な話で回答できれば回答お願いします。
b4_3351さん
2016年11月09日 14時44分

みんなの回答

萩原 猛
萩原 猛 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県5 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ありがとう
「可能性はあるか」と問われれば、誰も「可能性はない」とは回答できません。現実に罪を犯していれば、公訴時効にかかるまで立件される「可能性」はあります。また、「不起訴」になった罪であっても、その後状況が変れば、再度立件される「可能性」はあります。

2016年11月09日 14時48分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
ありがとう
> 逮捕前の事件が再度事件化され再逮捕となる可能性はあるのでしょうか。

可能性という意味ではあると思います。
窃盗であれば、時効は7年ですから、それまでは可能性はあると思います。
強盗であれば、時効は10年です。

2016年11月10日 05時12分

この投稿は、2016年11月09日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

起訴されたらどうなるのか?起訴の種類と刑事裁判の流れ

起訴とは、検察官が犯罪加害者の処罰を裁判所に求める意思表示であり、起訴されて初めて刑事裁判が始まります。しかし、「起訴」と名が付いても刑事裁...

刑事裁判と民事裁判の違い

裁判には大きく分けて刑事裁判と民事裁判の2種類が存在します。刑事裁判では、犯罪を犯した人に有罪無罪や刑罰を決めるための審理を行います。一方で、...

この相談に近い法律相談

  • 強制わいせつ罪、立証とは。

    彼が強制わいせつ罪で逮捕されました。 路上で夕方に後ろから抱きついて服の上から胸を揉んで逃げたとの事です。 他にも同種の強制わいせつ罪で再逮捕になりました。 今4件ぐらいあり留置場の中で再逮捕を繰り返している状態です。 まだ刑事さんが他の余罪を調べてるんですが立証できなかったら逮捕にならないのですか? 他の余罪...

  • 再逮捕について質問があります。

    現在、逮捕勾留中の知人がいるんですが、業務上横領の罪で逮捕されています。知人は一貫して否認をしており、先日勾留期間が終わると共に余罪で再逮捕になりました。 内容は当初逮捕された時はある一日の売上金の横領で逮捕されたんですが、今回は別の日の売上金の横領で再逮捕されたようです。 これは自白をしない知人に対しての嫌が...

  • 逮捕されたのかどうか。私は逮捕されたのでしょうか?

    以前ある罪をおかし1ヶ月後くらいに刑事事件の参考人として警察署によばれ任意で事情聴取されました。2時間くらい話をして罪を認め撮影と指紋をとりました。 ここで質問です。 私は逮捕されたのでしょうか? 現行犯で逮捕されてませんし、任意の事情聴取の時も在宅起訴され書類送検するるとは言われたけど逮捕すると言われてません。 ...

  • 起訴前、余罪についての自供

    私は公然わいせつ罪で逮捕された後、48時間で釈放されました。今回逮捕された公然わいせつについては罪を認めています。今後、警察で捜査が行われ、起訴されるかどうかが決定するとのことです。 警察から別の日に同じような公然わいせつ行為をやっていないかという質問に対して、私はやっていないといいましたが、実際はやっています。...

  • 再逮捕・追起訴・余罪について

    再逮捕について質問です。 例えば、住居侵入で逮捕された場合にその後窃盗で再逮捕する意味は窃盗の方が重罪ですし、起訴もしやすい等の点でわかります。 しかし、窃盗で逮捕され、また窃盗で再逮捕される場合はなぜですか?再逮捕の窃盗が手口的に重ければわかりますが、手口も同じである場合はなぜですか? 余罪があるため勾留期間を...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

起訴・刑事裁判の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. Hey!Say!JUMPツアー中止 ファンの「迷惑行為...
  2. 間違った使い方してるかも?旅館で見かける「...
  3. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  4. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  5. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  6. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  7. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。