押収されたパソコンを返してもらえない

会社のトイレに仕掛けた小型カメラをが見つかり、逮捕されました。勾留後、略式起訴で罰金の判決を受け、先週釈放されました。
任意同行の際、自宅でパソコン、ノートパソコンとスマホを押収され、釈放後、スマホは返してもらえましたが、パソコンとノートパソコンは、余罪を調べるのに まだ解析中なので返せない。返せるのがいつになるかも分からないと言われ、警察から返してもらえませんでした。
会社を懲戒免職となり、住宅ローンの支払いや身辺整理などの関係で、少しでもお金が必要になった今、押収されたパソコンで取り引きしていた株の売却やネットバンキングの解約などの手続きをせざるを得ず、一日でも早く押収されたパソコンが必要なのです。
担当していただいた弁護士さんに相談し警察に問い合わせてもらいましたが、無理でした。
このまま 警察の言うとおり待つしかないのでしょうか。
なにかしら方法がありましたら 教えて下さい。
因みに 検事調べの段階では小型カメラの没収は了解し手続きしましたが、その他のものについては何も言われていません。
宜しくお願いします。
2015年06月14日 12時30分

みんなの回答

奥村 徹
奥村 徹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府4 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ありがとう
 「問い合わせ」ではなく、123条1項の押収物還付請求をして、処分に不服がある場合には準抗告(430条2項)という手続がありますので、弁護人にやってもらってください。


刑事訴訟法
第123条〔押収物の還付・仮還付、電磁的記録の交付・複写〕
1押収物で留置の必要がないものは、被告事件の終結を待たないで、決定でこれを還付しなければならない。
2押収物は、所有者、所持者、保管者又は差出人の請求により、決定で仮にこれを還付することができる。
第222条〔準用規定等〕
1 第九十九条第一項、第百条、第百二条から第百五条まで、第百十条から第百十二条まで、第百十四条、第百十五条及び第百十八条から第百二十四条までの規定は、検察官、検察事務官又は司法警察職員が第二百十八条、第二百二十条及び前条の規定によつてする押収又は捜索について、第百十条、第百十一条の二、第百十二条、第百十四条、第百十八条、第百二十九条、第百三十一条及び第百三十七条から第百四十条までの規定は、検察官、検察事務官又は司法警察職員が第二百十八条又は第二百二十条の規定によつてする検証についてこれを準用する。ただし、司法巡査は、第百二十二条から第百二十四条までに規定する処分をすることができない。


第430条〔捜査機関の処分等に対する準抗告〕
1検察官又は検察事務官のした第三十九条第三項の処分又は押収若しくは押収物の還付に関する処分に不服がある者は、その検察官又は検察事務官が所属する検察庁の対応する裁判所にその処分の取消又は変更を請求することができる。
2司法警察職員のした前項の処分に不服がある者は、司法警察職員の職務執行地を管轄する地方裁判所又は簡易裁判所にその処分の取消又は変更を請求することができる。

2015年06月14日 22時20分

この投稿は、2015年06月14日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

起訴されたらどうなるのか?起訴の種類と刑事裁判の流れ

起訴とは、検察官が犯罪加害者の処罰を裁判所に求める意思表示であり、起訴されて初めて刑事裁判が始まります。しかし、「起訴」と名が付いても刑事裁...

起訴後も勾留され続ける人に会う方法と勾留から解放される手段

犯罪の疑いで逮捕・勾留されていた人が起訴された場合、引き続き拘置所などに収容されて、自由に行動などができません。起訴された後の勾留のことを、...

刑事裁判と民事裁判の違い

裁判には大きく分けて刑事裁判と民事裁判の2種類が存在します。刑事裁判では、犯罪を犯した人に有罪無罪や刑罰を決めるための審理を行います。一方で、...

簡易公判手続とは | 通常の刑事裁判との違い・メリットとデメリットを解説

刑事裁判で自分の罪を有罪だと認める場合、「簡易公判手続」によって刑罰が審理される可能性があります。この記事では、簡易公判手続とは何か、メリッ...

この相談に近い法律相談

  • パソコンを押収されました。違法ダウンロードの別件逮捕について教えください。

    最近警察にパソコンを押収されました。 押収された理由はパソコンで身分証の偽造を作っていたので、私文書偽造で取り調べられパソコンを押収されました。 ここで質問なのですが。 押収されたパソコンの何処に偽造を作ったファイルがありますという指示をしたのですが、その他のファイルなどを調べたりはされますか? そのパソコンに...

  • パソコンの押収について

    警察に家宅捜索された結果、警察に携帯とパソコンを押収されました。 ちょっとした質問なのですが、ネット上で誹謗中傷を書き込んだ結果、名誉毀損で告訴されてパソコンを押収された場合、実際に誹謗中傷を書き込む際に使っていたパソコン以外のパソコンをもっていけば、証拠は見つからなかったのでしょうか?

  • 逮捕された時の押収物品の取り扱いについて

    逮捕された時にノートパソコンなどを押収されました。 最近になって気づいたのですが、裏の蓋を開けた形跡があります。一本のネジが緩んでおり、一本のネジがありません。 私はパスワードなど、パソコンのロックを解除するために必要な情報を初めから提示しており、強制的にデータの吸出しなどが必要だったとは思えません。 私の許可...

  • 人から譲り受けたパソコンのhddの中の違法ダウンロード物の移動について

    人からパソコンなどを譲り受けた際に、その譲り受けたパソコンのデータの中に前の持ち主がネットからダウンロードされたと思われる著作物(音楽、アニメ、動画、映画、漫画など)が残っていた場合、その違法ダウンロード物をその譲り受けたパソコンから自分のパソコンやUSBなどに移したりする(コピーではなく、あくまでその物自体を切り取...

  • インターネットのトラブル

    あれから警察署にいき任意でスマートフォンとパソコンを提出しました、ただパソコンはあまり使っていなく充電ケーブルが壊れててないのでその旨警察の方に伝えたのですが、捨てた?現物がないとわからない、いつまでたってもパソコンが調べられないから返せないよ?と意味不明なことを言っているのですがどうすればいいですか?不正アク...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

起訴・刑事裁判の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 北九州最大の「ソープ」を摘発、なぜここだけ...
  2. 泥酔→タクシー無賃乗車、「本当になにも覚え...
  3. 子どもに「自画撮り」要求する行為に懲役刑も...
  4. 更衣室なく裸の子も…「じゃぶじゃぶ池」で幼...
  5. 「漫画村出張所」運営の男性逮捕、「闇金ウシ...
  6. 客室乗務員、客から「盗撮被害」が6割 逆上...
  7. 「これは売春だ」 ホテルで偽の「警察手帳」...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。