検察庁の不起訴記録について

検察庁に告訴状を提出して返戻はされていない(受け付けられている)事件について、後に検察庁が不起訴処分にした場合、検察庁は必ず「不起訴記録」を作るのでしょうか? 「不起訴記録」を作らない場合もあるのでしょうか?

この「不起訴記録」は、どのような事項・内容が書かれて、どのくらいの分量(ページ数)なのでしょうか?
例えば、被告訴人の行為は確かに刑法・・条の犯罪行為に該当するが可罰性が低いため起訴猶予とするなどの内容は入っているのでしょうか?
2014年10月02日 10時51分

みんなの回答

工藤 啓介
工藤 啓介 弁護士
犯罪・刑事事件に注力する弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
質問されているのは不起訴裁定書です。必ず作ります。不起訴の主文(種類)と理由が書かれています。

2014年10月02日 11時35分

弁護士A
ベストアンサー
ありがとう
不起訴記録とは、不起訴になった事件の記録一式のことです。
ですので、不起訴にするまでに捜査をして収集・作成した記録一式のことですので、「不起訴記録を作る」ということはありません。

不起訴にする際には、関係証拠をもとに不起訴の裁定書を作成し、そこには理由が記載されます。
ただし、不起訴となった事件の記録は実況見分調書などのごく一部の例外をのぞき、見せてもらったり、開示してもらうことはできません。
ですので、不起訴の裁定書も誰も見ることはできません。

2014年10月02日 13時00分

相談者
工藤先生 A先生
ご回答ありがとうございました。
「ただし、不起訴となった事件の記録は実況見分調書などのごく一部の例外をのぞき、見せてもらったり、開示してもらうことはできません。ですので、不起訴の裁定書も誰も見ることはできません。」とご回答いただきました。

不起訴裁定書とそれに添付された一部の書類(証拠書類)は、その後に民事訴訟が提起されて、裁判所から検察庁に対して文書送付嘱託が発せられた場合は、裁判所に送られて弁論で開示される可能性はあるでしょうか?

2014年10月02日 13時20分

弁護士B
ありがとう
 基本的に実況見分調書等に限定して開示されることになるでしょう。
 検察庁が柔軟に対応したような場合には供述調書等が出てくる可能性も0ではありませんが(交通事故損害賠償請求事件で一度だけ、不起訴事件で、供述調書が出てきたことがありました。)。

2014年10月02日 18時42分

相談者
B先生、ありがとうございました。
私が誤解していたようですが、A先生が言われた「ただし、不起訴となった事件の記録は実況見分調書などのごく一部の例外をのぞき、見せてもらったり、開示してもらうことはできません」の開示してもらえる「実況見分調書」などとは、裁判所からの文書送付嘱託があった場合でも、その程度の書類くらいしか開示されないという意味だったのですね。

2014年10月02日 21時10分

この投稿は、2014年10月02日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

起訴されたらどうなるのか?起訴の種類と刑事裁判の流れ

起訴とは、検察官が犯罪加害者の処罰を裁判所に求める意思表示であり、起訴されて初めて刑事裁判が始まります。しかし、「起訴」と名が付いても刑事裁...

在宅起訴や起訴後に保釈されたとき裁判がはじまるまでに注意しておくこと

留置場などの刑事施設に収容されず、身体拘束を受けない状態で起訴されることがあります。また、起訴された後に勾留されていても、保釈が認められると...

略式起訴がおこなわれるケースと流れ l 通常の刑事裁判との違いも解説

比較的罪の内容が軽く、検察官が罰金や科料を求めて起訴しようと考えている場合、通常の刑事裁判よりも簡略化した手続きを提案してくることがあります...

刑罰はどのように決まるのか | 刑事裁判の流れと事前に準備しておくこと

起訴されて「刑罰はどのように決められるのか」「刑事裁判では何が行なわれるのか」不安に思う人もいるでしょう。この記事では、刑罰が決められる仕組...

起訴後も勾留され続ける人に会う方法と勾留から解放される手段

犯罪の疑いで逮捕・勾留されていた人が起訴された場合、引き続き拘置所などに収容されて、自由に行動などができません。起訴された後の勾留のことを、...

この相談に近い法律相談

  • 告訴告発(取調検察官の立ち位置について)

    検察庁に告訴状を提出し、後日、検事から呼び出しがあり説明しました。 検番が付され、被疑者及び参考人の取調べも行われました。 その後、不起訴処分になりました。 Q1 起訴の可否は合議で決まるとのことですが、その際、取調検察官は起訴する側に立つものですか?

  • 検察での事情聴取後の流れについて

    先日、検察官の事情聴取を受けました。罪状はネット上に性器を1回載せたという公然わいせつです。(初犯) 聴取で反省の弁を述べ、事情聴取の際、略式手続きについての説明を受け、略式納付に承諾しました。また、年明けに略式裁判で罰金が確定するだろうとも言っていました。(聴取中一度も不起訴の可能性については述べられませんでした...

  • 地検特捜部直告担当検察事務官について

    告訴状を持参すると、まず検察事務官が出てきます 告訴状の記載事項に漏れがないか等を確認するのはいいのですが、内容を読んで「預からない」と言う者がいる 検察事務官は預からないための屁理屈をいろいろと述べます。ある時は   告訴権などという権利はない と言われてびっくりしました。刑訴法第230条に反しているのではな...

  • 検察官を告訴したいのですが受付けてもらえません。

    地検に検察官、検察事務官を供述告訴調書の改竄、とその調書の訂正をさせてもらえない、告訴を受付けないということで告訴状で訴えましたが、検察事務官に告訴状は意味不明なので検察事務官が作成した書面に返答を書いて出するよう言われました。口頭でも告訴したいと言いましたが、検察官から電話が有るまで待て、告訴は受付けていない...

  • 不起訴(起訴猶予)を再捜査してもらえるか

    不起訴(起訴猶予)を再捜査してもらえるか 過去に不起訴(起訴猶予)処分になりました。 被害者側の主張や被害届の内容を私は知る由もないのですが、犯行開始時刻と終了時刻をつい最近知ることがありまして、その時刻を覆す証拠が私の携帯電話のメール履歴から出てきました。 これを警察か検察に提出すれば、再捜査してもらえる可...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

起訴・刑事裁判の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 被害者支援、制度を使ってなぜ「つらさ」は増...
  2. 「アサヒカメラのカメラマン」名乗り、痴漢は...
  3. 「海外に売り飛ばすぞ!」風俗スカウト会社か...
  4. 「レオパレスを建築基準法違反で捜査して」 ...
  5. 「自分好みの髪の毛だった」 夜行バスで女性...
  6. 北九州最大の「ソープ」を摘発、なぜここだけ...
  7. 泥酔→タクシー無賃乗車、「本当になにも覚え...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。