置き引きについて

置き引きで不起訴ということは稀ではありませんか?

・15歳
・初犯
・被害額:20000円

この場合です

Hnaugainsgisjさん
2014年06月29日 00時10分

みんなの回答

萩原 猛
萩原 猛 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県5 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ありがとう
15歳ですと、未成年者ですから、少年法の適用となり、成人のような起訴・不起訴という処分はありません。警察限りの微罪処分となるか、家裁に送致され保護処分となるか否かが問題となります。

2014年06月29日 00時38分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
弁護士が同意1
ありがとう
置き引きで不起訴ということは稀ではありませんか?

15歳ということですから,家裁に送られて,何らかの処分がきまると思います。
不処分ということもありえます。

2014年06月29日 02時45分

大村 真司
大村 真司 弁護士
ありがとう
少年の事件の場合、全件家裁送致され、家裁が処分を決定します。

余程の重大犯罪でない限り、成人のような「起訴」にはなりません。

初版で置き引き、その程度の金額だと、審判不開始か不処分の可能性はかなりあるでしょう

2014年06月29日 07時55分

この投稿は、2014年06月29日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

起訴されたらどうなるのか?起訴の種類と刑事裁判の流れ

起訴とは、検察官が犯罪加害者の処罰を裁判所に求める意思表示であり、起訴されて初めて刑事裁判が始まります。しかし、「起訴」と名が付いても刑事裁...

刑事裁判と民事裁判の違い

裁判には大きく分けて刑事裁判と民事裁判の2種類が存在します。刑事裁判では、犯罪を犯した人に有罪無罪や刑罰を決めるための審理を行います。一方で、...

前科・前歴とは?不起訴処分を獲得し前科をつけないための対処法

前科という言葉を、多くの方が聞いたことがあるでしょう。しかし、意外なようですが、前科は法律上の用語ではなく、明確な定義もありません。そのため...

器物損壊罪の刑期・罰金額の相場と逮捕・勾留・起訴の流れ

器物損壊罪は、主に物を故意に壊した場合に成立します。器物損壊罪の加害者はどのような刑罰を受けるのか、逮捕後はどのような流れになるのか、またど...

刑事事件の弁護士費用 - 起訴前や起訴後、少年事件などケース別の報酬相場

自身や家族、友人が犯罪を犯してしまったら、誰に相談すればいいか不安になることでしょう。刑事事件の解決には、多くの場面で弁護士の力を必要となり...

この相談に近い法律相談

  • 刑事告訴できますか?

    FX投資詐欺にあいました。 私自身の被害額は200万になります。 知り合いは1000万、450万、600万とお金だまし取られました。 総被害額約4000万円です。 その方々と弁護士にお願いして刑事告訴することは可能でしょうか? 弁護士にお願いした刑事告訴状みたいな費用はどのくらいかかりますか?

  • 罪名窃盗235条

    罪名に職場で11000円を盗取したものとする。窃盗罪 235条とかいてありました。警察と検察からの取り調べのときに金額は5000円とか10000円とか何回かおんなじことをしてしまったと、正直にはなしました。起訴じょうには当日の11000円のことしか書いてないのはどうしてなのでしょうか?

  • 損害賠償請求の成功報酬

    9000万円の損害賠償請求を訴えられました。 裁判の中で、原告は実際の損害は6000万円だったと主張しました。 最終的に和解に応じ、和解金額は2000万円でした。 この場合、弁護士に支払う成功報酬の基準の額となる「経済的利益」はどちらになりますか。 1. 9000万円-2000万円=7000万円 2. 6000万円-2000万円=4000万円 よろし...

  • 債務不履行による損害賠償請求の範囲と詐欺行為について

    10月に第三者もいる場にて、12月よりA所有の財物(生体)を預かる約束をした。その前受け金として1000万円を預かった。 当方は生体を預かることを生業にしており、預かるにあたって保管場所が不足していた為、新たに3000万円程をかけて新築した。(Aにも相談し図面も渡し済) 12月6日に必要な金額などの詳細を話し合い、双方で合意。 ...

  • 損害賠償の過失割合による計算方法について

    交通事故により通院をしていましたが治療中止するので計算方法についてお聞きします 120万円を超える慰謝料については過失相殺されるとの事ですが当方被害者が過失2割の場合 損害賠償総額が120万1000円時は A 121万1000円×0.8=960800円 B 超えた部分1000円×0.8=800円 120万円+800円=1200800円 AとBどちらの計算方法をとるの...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

起訴・刑事裁判の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 間違った使い方してるかも?旅館で見かける「...
  2. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  3. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  4. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  5. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  6. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...
  7. ゴーン氏、家族と面会できず、弁護士も立ち会...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。