有効な証拠は?あれもこれも手は拡げませんか?

他で追記質問したのですが、追記は皆さん見られない様で放置されてしまいましたので、新たに質問させて頂きます。
知人の事件に巻き込まれています。無関係を証明したいのと、拘留取り調べは回避したいので、少し知識を得たい者です。
動植物の密輸(外為法違反・関税法違反)は状況証拠で逮捕は十分と言う弁護士先生の回答でしたが、1-2年前の行為の疑いで具体的に物的証拠や譲り受けた人が見つからない場合、密輸を証明するにはどの様な状況証拠が考えられますか? らしきメールや海外送金控えだけでも強行する場合がありますか?密輸なので当然輸入書類は無いと思われます。あっても残っていれば断片的なメールと同時期に海外送金した記録くらいだと思います。警察が去年と言っていたので。1-2年前のメールも全て残っているのかどうか。現物や自白が無くても、拘留起訴に持ち込める考えられる1-2年前の状況証拠とはどの様なものでしょうか? 家宅捜査でパソコンや仕事道具を押収されて大きな損害が出ております。損害賠償は警察へではなく、今回の主役である「知人」へ対してできますか? また、「目的」「テーマ」となっている捜査以外をついでに他も粗捜しをする場合もありますか? その場合、同じ人へ新しい捜査を重ねて始めた旨の告知はあるのでしょうか? あくまでも家宅捜査紙面に記載してあった「表題の事件」に対しての捜査を優先でしょうか? あれもこれも手は拡げませんか? よろしくお願いします。
2013年09月17日 18時59分

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
ありがとう
>密輸を証明するにはどの様な状況証拠が考えられますか?

購入者の証言などが考えられます。

>らしきメールや海外送金控えだけでも強行する場合がありますか?

逮捕自体は可能でしょう。

>現物や自白が無くても、拘留起訴に持ち込める考えられる1-2年前の状況証拠とはどの様なものでしょうか?

逮捕勾留については、疑わしいと言うことが分かる資料があるなら、可能です。
メールのやり取り等でも十分にあり得ます。

そのほか、もし対象物を売却して売上としてあげているなら、その帳簿なども証拠として考えられます。

>家宅捜査でパソコンや仕事道具を押収されて大きな損害が出ております。損害賠償は警察へではなく、今回の主役である「知人」へ対してできますか?

警察へは請求することは難しいでしょう。

知人に対しても、知人が犯罪行為をおこなったことで生じた損害といえるかが問題となり、それが裁判上認められるかは微妙なところだと思います。

>また、「目的」「テーマ」となっている捜査以外をついでに他も粗捜しをする場合もありますか?

捜査の過程で別の事件が発見されることはあり得ます。

>その場合、同じ人へ新しい捜査を重ねて始めた旨の告知はあるのでしょうか?

そのような告知はありません。
事情聴取の際に、その内容からやっと分かるくらいです。

>あくまでも家宅捜査紙面に記載してあった「表題の事件」に対しての捜査を優先でしょうか? あれもこれも手は拡げませんか?

別の件の捜査をしないとはいえません。

2013年09月18日 06時49分

この投稿は、2013年09月17日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

起訴されたらどうなるのか?起訴の種類と刑事裁判の流れ

起訴とは、検察官が犯罪加害者の処罰を裁判所に求める意思表示であり、起訴されて初めて刑事裁判が始まります。しかし、「起訴」と名が付いても刑事裁...

略式起訴がおこなわれるケースと流れ l 通常の刑事裁判との違いも解説

比較的罪の内容が軽く、検察官が罰金や科料を求めて起訴しようと考えている場合、通常の刑事裁判よりも簡略化した手続きを提案してくることがあります...

刑事裁判と民事裁判の違い

裁判には大きく分けて刑事裁判と民事裁判の2種類が存在します。刑事裁判では、犯罪を犯した人に有罪無罪や刑罰を決めるための審理を行います。一方で、...

即決裁判手続とは | 通常の刑事裁判との違い・メリットとデメリットを解説

警察や検察官に犯罪の疑いをかけられ、自分の罪を有罪だと認めている場合、「即決裁判手続」による刑事裁判を行なうことへの同意を求められることがあ...

在宅起訴や起訴後に保釈されたとき裁判がはじまるまでに注意しておくこと

留置場などの刑事施設に収容されず、身体拘束を受けない状態で起訴されることがあります。また、起訴された後に勾留されていても、保釈が認められると...

この相談に近い法律相談

  • 勾留について。勾留の必要性は何でしょうか?

    知人が、著作権に違反しているものを販売し、逮捕、勾留されてしまいました。 逮捕される3週間前に家宅捜査と証拠品の押収、事情聴取を受け、2週間前にも警察に呼ばれ調書を取られました。 そして、1週間前に逮捕され勾留されています。 未だ接見禁止ですが、勾留中は事情聴取される事もなく過ごしているようです。 警察ではきちん...

  • 業務上過失傷害罪で検察に送致後の新たな証拠発見に関し、質問致します。

    業務上過失傷害罪の被害者です。現在、検察に送致されていますが、新たな証拠が発見された為、事情聴取の際、検察に証拠を提示する事により、起訴の証拠として採用して頂く事は可能でしょうか?

  • 痴漢容疑 任意同行による取り調べ

    先日、警察から痴漢の容疑で任意同行を求められて警察署で取り調べを受けました。 捜査官は「以前からあなたが電車内で痴漢していると被害を訴えている人が複数人いる。証拠も集まっている。罪を認めろ」と。 私は一切認めず否認をしている状態です。 予想では証言だけで物的証拠もなさそうですし、繊維鑑定や携帯情報の開示などもな...

  • 盗撮行為の証拠隠滅について

    質問させてください。 大変お恥ずかしいのですが、 先日盗撮行為による迷惑防止条例違反で捕まりました。 逮捕はされておりませんが、警察署で取調べを受け、 証拠品であるビデオカメラを押収された状態で帰されました。 過去にも盗撮行為を行ったことがあり、警察にも話しましたが 今回が初犯という扱いだと伝えられました。 ...

  • 警察官の任意捜査による指紋採取や写真撮影

    自転車盗難(占有物離脱横領)で警察に取り調べを受けたのですが、その後指紋や写真を撮られました。 それ自体が任意捜査でありかたくなに断ることができたという事を後で知ったのですが、任意捜査で指紋や写真を撮るには同意が必要なのだそうです。つまり強制捜査ではないのに同意なく採取することは、刑事訴訟法に定める方法によらない...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

起訴・刑事裁判の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 被害者支援、制度を使ってなぜ「つらさ」は増...
  2. 「アサヒカメラのカメラマン」名乗り、痴漢は...
  3. 「海外に売り飛ばすぞ!」風俗スカウト会社か...
  4. 「レオパレスを建築基準法違反で捜査して」 ...
  5. 「自分好みの髪の毛だった」 夜行バスで女性...
  6. 北九州最大の「ソープ」を摘発、なぜここだけ...
  7. 泥酔→タクシー無賃乗車、「本当になにも覚え...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。