侵入窃盗で執行猶予の可能性はどのくらいでしょうか?

公開日: 相談日:2021年02月22日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

相談の背景
建造物侵入、窃盗罪で裁判を受けています。 以前働いていた店に無施錠の窓から侵入し、レジから2万とったことで起訴され、今度判決がでます。
示談をお願いしましたが、被害感情が強く、示談不成立のままです。
検察官には懲役1年6ヶ月と言われました。
裁判官にも建造物侵入、窃盗により悪質と言われました。

そして1年半前にも別の店で勤務中にレジから1万を取り、その後自首して、(たぶん)起訴猶予の前歴があります。

今回はコロナで仕事が減り、この起訴された以外にも余罪があります。
1つは再逮捕されましたが、示談になり不起訴。
他はこの起訴された店で別の日に同じく無施錠の窓からの侵入窃盗、
またこの店に別の系列店の合鍵があるので、その合鍵を持ち出し、侵入窃盗。
別の店でスタッフの財布からお金を盗む。
の合計3件。
最初は追起訴予定と言われましたが、追起訴にはならずに終わりました。
余罪含めて金額は10〜15万ほどです。

執行猶予はつくと思いますか?
本人はこれからは実家に戻り親監督の元きちんと真面目に生きたいです。
宜しくお願い致します。

質問1
侵入窃盗で執行猶予の可能性はどのくらいでしょうか?

1000865さんの相談

回答タイムライン

  • 相談者 1000865さん

    タッチして回答を見る

    担当の国選弁護士の方は「示談不成立だが示談しようとした意思があるし、起訴の被害額はたかだか2万。(レジのお金を一部しかとっていない)絶対執行猶予だから」と反省文および贖罪寄付をした方がいいのではと提案しましたが、しなくていいと言われました。
    しかし、ネットで侵入窃盗について調べると実刑になるのではと判決まで不安で仕方ありません。

  • 相談者 1000865さん

    タッチして回答を見る

    また裁判には被害店舗の店長が傍聴席にいました。
    それを検察官は知っていたから、私が全面的に認めて謝っているのに対しても次から次へと厳しい言葉を言ってきたと思うと言われました。

  • 弁護士ランキング
    滋賀県1位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    ご不安のこととお察し致しますので、一般論にはなりますがお答え致します。

    > 質問1
    > 侵入窃盗で執行猶予の可能性はどのくらいでしょうか?

    →あくまでご記載の内容からのみの判断となりますので、確定的なことは言えませんが、
    ・罪を認め反省していること。
    ・示談の申出をしていること。
    ・起訴された分の被害金額は高額とは言えないこと。
    ・起訴されたのは1件のみであること。
    ・前歴はあっても、前科自体はなく、初めての公判請求であること。

    などの事情からすれば、執行猶予の可能性が高いのではないかと思われます。

  • 相談者 1000865さん

    タッチして回答を見る

    先生ありがとうございます。
    裁判では勾留中での検事さんの取調とは全然違い、
    検察官と裁判官の威圧感がすごくて、上手く話すことが出来ず、きちんと反省の色を出せていたのかなど考えて、毎日が心配でしかありません。

    また裁判において、追起訴にならなかった余罪の分は判断材料にはならないのでしょうか?
    起訴にはならずとも、裁判官はその余罪があることを知っていて、すべて考慮した上で判決が出されるのでしょうか?

  • 弁護士ランキング
    滋賀県1位
    タッチして回答を見る

    > また裁判において、追起訴にならなかった余罪の分は判断材料にはならないのでしょうか?
    > 起訴にはならずとも、裁判官はその余罪があることを知っていて、すべて考慮した上で判決が出されるのでしょうか?

    →起訴にならなかった余罪についても、供述調書や捜査資料の中に記載がある場合には、裁判官の判決における考慮要素にはなりえます。

     ただ、起訴された場合に比べると、考慮材料としては弱いと言えるでしょう。

  • 相談者 1000865さん

    タッチして回答を見る

    先生、何度も回答ありがとうございます。
    本当になんでこんなことをしてしまったのだろうと思うばかりです。

    判決まではやはり不安ですが、
    先生のご意見を頂けてよかったです。
    本当にありがとうございます。

この投稿は、2021年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから