日本の警察について。

日本の警察は、被害者に対してなぜ甘いのでしょうか…?
私の叔父から、暴力を受けて、胸を殴られたり、右の足の爪がはがれましたが、受理をしていただけませんでした。(-"-)
kouchan0717さん
2011年09月14日 16時03分

みんなの回答

kouchan0717 さん (質問者)
間違えました。加害者に対してです。

2011年09月14日 16時09分

弁護士A
ありがとう
時間が経過している場合,証拠がない場合については,虚偽の通報のリスクを考慮しているためだと考えられます。

また,あってはならないことなのですが,告訴を受理した場合,告訴人への報告の義務など手続きが増えるため面倒だという理由もあるかもしれません。

なお,家庭内の事件については,実際その場で警察に通報するなどでもない限り捜査の対象には中々してくれません。

2011年09月14日 16時15分

kouchan0717 さん (質問者)
ありがとうございました。
私の叔父から暴力を受けたその時に、110番をしました。で、近所の整形外科に行って、診察をしてもらい、すぐに、警察署に行ったのですが…!(ーー゛)

2011年09月14日 16時24分

弁護士A
ありがとう
110番をして,警察に自宅に臨場してもらえれば確実なのですが,現場を離れてしまうと誰が行ったかが若干不明になってしまうので,警察が嫌がったのではないでしょうか?

2011年09月14日 16時29分

kouchan0717 さん (質問者)
と、言うことは、親戚関係の事件は、ある程度やりたい放題なのでしょうか…?

2011年09月14日 16時36分

弁護士A
ありがとう
家庭内の事件は,警察が受理した直後に話し合いで解決することも多いですが,被害にあった者が処罰を求めなかったとしても検察に送致しなくてはならなくなりますから,処理に困る事件が多いということもあり,入り口で減らしているのかもしれません。

しかし,事前にある程度相談(今回の相談はこれに当たるでしょう)しており,今後も被害が出るにもかかわらず受理しないというのであれば,確実に警察の怠慢です。
次に被害が発生すれば,受理はされるでしょう。

もっとも,今回の件について,弁護士に依頼して告訴を受理してもらうように依頼するという方法もあります。

2011年09月14日 16時45分

kouchan0717 さん (質問者)
これって、被害者にとっては、とても残酷すぎますね!?(ーー゛)

2011年09月14日 17時14分

弁護士A
ベストアンサー
ありがとう
確実にそう言える状況になってしまっています。

ちなみに,弁護士が依頼を受けて告訴する場合でも数回は警察署に行くことになります。
なぜか被害を受けたにもかかわらず,受理させるのにそのような労力が必要になるというのはおかしいのですが,現状はそうなってしまっています。

2011年09月14日 17時45分

kouchan0717 さん (質問者)
弁護士先生。本当にありがとうございます私の祖母が平成15年4月2日に亡くなりましたが、同4日の夜に、私の叔父が、私の乗った車をバックで誘導中、車と衝突しそうになったとき、明らかに殺人未遂なのに、受理すらしていただけませんでした。もう、疲れてしまいました。(ーー;)

2011年09月14日 19時13分

kouchan0717 さん (質問者)
まずは、私の叔父に対しての傷害罪(平成17年)と
やはり、叔父に対しての殺人未遂(平成15年4月)の2件があります。

2011年09月14日 20時07分

kouchan0717 さん (質問者)
平成15年4月に、私の叔父から祖母の遺産を全部取られてしまいました。だから、その事と、車に衝突されそうになった事をメモに書き、熊本南署に電話しました。何か、持って行く物があるかな〜って思い、電話をかけましたら、「気のせいでしょう」と言われました。

2011年09月15日 06時12分

kouchan0717 さん (質問者)
一昨日も、熊本南署に行ってきました。母が書いた大学ノートを持って言ったら、コピーだけを取られました。

2011年09月15日 06時37分

kouchan0717 さん (質問者)
今年の冬に、私の母が、私の叔父から、祖母の遺産を全部取られたと言う事と、私が、叔父から暴力を受けた事を熊本南署のNが「城南町の交番へ行け」と言ったのに、一昨日は、このNは、「宇城署に行けと言った」と言いました。うそを言われました。

2011年09月15日 08時02分

kouchan0717 さん (質問者)
結論。親戚間の殺人未遂と、傷害は、熊本県ではやってもいいのですね!(*^_^*)

2011年09月16日 11時55分

この投稿は、2011年09月14日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,255名の弁護士から、「犯罪・刑事事件に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

暴行罪の構成要件と事例 - 何が暴行か?どこからが暴行罪か?

暴行の典型的な例は、人を殴る、蹴るといった暴力行為ですが、暴行罪における「暴行」には幅広い内容が含まれます。ここれではどうしたら暴行罪が成立...

傷害罪とはどのような犯罪か?構成要件と事例、暴行罪や過失傷害罪との違い

傷害罪は、しばしば喧嘩などの際に問題となることが多い罪です。しかし、一見傷害罪のように見えても、暴行罪や過失傷害罪、殺人罪となる場合もありま...

勾留の期間や請求期限、必要要件などの基礎知識と勾留を回避し釈放されるための対処法

日常用語と化している「逮捕」に比べて、「勾留」という言葉はあまり知られているとは言えません。しかし、行動の自由を制限される期間の長さから言っ...

自首・出頭の違いやメリット・デメリット、刑事事件への影響についての基礎知識

万引き、盗撮、交通事故。罪を犯した後、後ろめたさや逮捕されるかもしれないという恐怖から、自首や出頭を考える人も多いでしょう。しかし、本当に逮...

傷害事件の被害に遭った際の被害届や告訴、慰謝料請求について

言い争いの末に一方的に殴られる、酔っぱらいから理由もなく暴行を受けるなど、暴行事件に巻き込まれたら、その理不尽さを許すことはできないでしょう...

この相談に近い法律相談

  • 警察官による暴行と不当拘留について

    警察官に納得のいかない理由で乱暴に取り押さえられ、長時間拘留されたことに非常に怒りを覚え、同時に国家権力の横暴を感じています。 原因は、認知症の初期症状がある家人が私に暴力を振るわれたと、度々警察に通報することです。もちろん、私は家人に暴力など振るっていません。 警察官は最初から家人の話を信じ、私を悪者と決...

  • 警察で傷害事件受理とされています

    別居中の夫から暴力で 安静 10日と診断書もらい 警察に届けを出していますが 警察が捜査中として逮捕に動いてくれません 仕事ともにしていますので 顔をあわしますので こわいと警察に何度もお願いしていますが 動いてくれず 今回でだけでなく去年手術した怪我も傷害事件として刑事告訴しています

  • 交通事故での警察の対応に関して

    事故の状況は、自転車で通勤途中に歩行者信号が青点滅から赤に変わりかけたタイミングで交差点に進入した際、右側より来た自動車にぶつかり転倒。 但し、出勤時と言う事も有り警察への届け出は致しませんでした。 当日、右胸の痛みが酷かったため、病院に行ったところ、肋骨骨折で全治6週間の怪我との診断だったため、人身事故とし...

  • 警察の職質について。この場合どこに苦情すればよいですか?

    人口透析の通院途中に穿刺跡を麻薬常習者と決めつけられ、警察官から暴言受け、拘束され、透析に行けず殺されそうになりましたが、主治医に電話で說明してもらい事なきを得ました。この場合どこに苦情すればよいですか?警察の相談室は「お前の住所は?名前は?と聞いたので申し上げたところ、苦情は受け付けん!」と怒鳴られました。因...

  • 被害届を取り下げれますか??

    先日付き合っていた彼氏から暴行を受け警察に通報しました。次の日に病院に行き診断書まではもらってきてます。警察に自ら通報しておいて今更なんですが、被害届届けを取り下げる事は難しいのですか??警察に被害届を取り下げる事を電話しましたが一度警察まで来て欲しいとの事でした。その後警察に再度行かないと行けない理由はなんです...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

逮捕・刑事弁護の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. Hey!Say!JUMPツアー中止 ファンの「迷惑行為...
  2. 間違った使い方してるかも?旅館で見かける「...
  3. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  4. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  5. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  6. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  7. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。