3年以下の罪状の弁護士選任について

逮捕後の弁護士選定について理解できませんでしたので教えてください。
私の場合の実例で記載します。
①3年以下の罪状の場合、逮捕時には国選弁護士は選定できないことと
 弁護士を付けるなら、私選で自分で選定するように聞きました。
②当番弁護士制度を教えてもらい、1度だけ無償で弁護士に相談しましたが、
 その弁護士からは私選弁護人を受けてもらえませんでした。
 1度だけの制度のため他の弁護士とも会えず終了してしまいました。
③留置所内から私が看守を通して、県の弁護士会に登録している弁護士に片っ端から連絡してもらい、
 私選弁護人を選定しようとしましたが、全員多忙なため受けてもらえませんでした。
④親が県弁護士会会長に連絡し、受けてくれる弁護士を選任してもらい、やっと私選弁護人を選定できました。

質問としては、
●資産がないなどで私選弁護士を選任できない人で3年以下の罪状の場合は、起訴されるまで弁護士を
 付けることができないのでしょうか。弁護士不在では示談の交渉などもできないと思うのですが、
 起訴を待つだけになるのでしょうか。明らかに不利な状況になると思いました。

●私は上記④のように親が県の弁護士会会長を通じ、私の事件の弁護士を選任してもらえましたが、
 私が留置所から連絡しても弁護士選定ができませんでした。
 この場合、どうすればよかったのでしょうか。他に手立てはなかったのでしょうか。
 なお、最終的な私選弁護士は一度上記③留置所から連絡したときに断られた弁護士です。
 県の会長からの圧力?をかけてもらい受けてもらったようです。
 そのため、親の方で選定してもらえなかったら私も起訴まで弁護士不在となっていたと思います。
 私選弁護士をしたくてもできない状況ではどうすることもできなかったのでしょうか。

●留置所内からは、弁護士に連絡を取ってもらうときに事務所しかかけることはできないといわれ、
 ほとんど連絡がつくことはありませんでした。携帯にかけることはできないためのようです。
 また、留守電にならず常に不在のようで弁護士が留置所に来てくれるのを待つのみでした。
 これは担当弁護士によるものと思いますが、その場合は弁護士本人の問題でしょうか。
 忙しいのはわかりますが、連絡が取れずに困りました。

すみませんが、ご回答をお願い致します。
b4_8396さん
2018年01月04日 22時19分

みんなの回答

鐘ケ江 啓司
鐘ケ江 啓司 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 福岡県8 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
1の質問はその通りです。平成18年以前はそもそも捜査段階で国選弁護人がつくことはなかったです。憲法上の権利ではないので、むしろ、重大犯罪は有利な取り扱いがされる、という感じです。

2についてもその通りです。事件の内容に照らして、十分な金額でないと受けない、というのはあります。極端な話ですが、1000万円積めば受けるという場合もあるでしょう。また見知らぬ被疑者からの連絡には応じない弁護士が多いです。

3は、連絡のつかないこともあります。弁護士はひとつの事件だけをしているわけではないからです。何度も呼び出されても、必ずその度に行く必要があるというものでもないです。ご不安はあったのでしょうが、ご投稿の内容で弁護士に問題があったとは言えません。全く来なかったとかであれば別ですが、以前の質問を見ると十分な弁護活動をされているように感じました。

2018年01月04日 22時38分

この投稿は、2018年01月04日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

刑事事件に強い弁護士の選び方

刑事弁護は誰がやっても同じではありません。弁護士次第で結果が変わることも大いにあり得ます。被疑者(捜査機関によって罪を犯したとの嫌疑を受けて...

勾留の期間や請求期限、必要要件などの基礎知識と勾留を回避し釈放されるための対処法

日常用語と化している「逮捕」に比べて、「勾留」という言葉はあまり知られているとは言えません。しかし、行動の自由を制限される期間の長さから言っ...

逮捕されないか不安 - 警察・検察の捜査や取り調べについて

罪を犯し犯行現場から逃走したものの、その後逮捕されるかもしれないという不安から、日々悩み続けているという人も少なくないでしょう。また、警察に...

釈放・保釈とは?逮捕され身柄を解放してほしい場合の対処法

「釈放」と「保釈」。どちらも拘置所などの施設から出られることを意味し、とてもよく似た言葉ですが、大きな違いもあります。それに伴って、身柄を解...

暴行罪の構成要件と事例 - 何が暴行か?どこからが暴行罪か?

暴行の典型的な例は、人を殴る、蹴るといった暴力行為ですが、暴行罪における「暴行」には幅広い内容が含まれます。ここれではどうしたら暴行罪が成立...

この相談に近い法律相談

  • 弁護士 の選定について

    同じ質問ですが、カテゴリを変えて改めて教えてください。 逮捕後の弁護士選定について理解できませんでしたので教えてください。 私の場合の実例で記載します。 ①3年以下の罪状の場合、逮捕時には国選弁護士は選定できないことと  弁護士を付けるなら、私選で自分で選定するように聞きました。 ②当番弁護士制度を教えてもらい...

  • 至急!!国選弁護士の依頼方法

    家族が強制わいせつで逮捕されました。 勾留4日目が過ぎました。 当番弁護士と会ったようで、その後契約はしていません。国選弁護士希望ですが資財60万と書いたら国選弁護士はつかないようなことを言われた様です。その当番弁護士は、この被疑者は自分をつけなかったよという内容の紙を裁判所に?提出するのでしょうか?そしたらそ...

  • 弁護人選任について

    国選弁護士と私選弁護士で量刑は変わってくるのでしょうか?

  • 日弁連及び弁護士会とは?

    「弁護士の、弁護士による、弁護士のための組織」と私は思いますがみなさんはいかがでしょうか?もちろん弁護士以外の方からの回答も歓迎します。

  • 弁護士を名乗る人に騙された

    弁護士を名乗る人から、あるトラブルの事で質問を受けました。ところが、後で別の弁護士に聞くと、彼は弁護士ではないとの事なので、弁護士会確認して貰ったところ、登録がありませんでした。今、偽物弁護士にしか話していない情報が職場にも流れて、困っています。この偽弁護士を訴えたいのですが、可能でしょうか。名刺は貰っていない...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

逮捕・刑事弁護の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. Hey!Say!JUMPツアー中止 ファンの「迷惑行為...
  2. 間違った使い方してるかも?旅館で見かける「...
  3. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  4. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  5. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  6. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  7. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。