刑事事件の流れと弁護人への連絡の仕方

何か犯罪に巻き込まれているわけでもない全くの一般市民ですが、知識として刑事事件の被疑者として逮捕されたときどうしたらよいのか伺いたいと思っています。

①私選弁護人を選ぶとき、留置場から警察官に連絡してもらうと聞きましたが、弁護士は複数呼べるのでしょうか?また当番弁護士も呼ぶことができるのでしょうか?
②依頼したい弁護士と連絡がとれないとき、とりあえず24時間対応の弁護士に来てもらって検察官と交渉してもらいたい場合、着手金と(成功したばあい)報奨金を払って委任状も書かなければならないのでしょうか?その後、依頼したい弁護士に連絡がついたら、またもう一度着手金と(成功した場合)報奨金を払うのでしょうか。
③最後に素朴な疑問ですが、自分が留置所にいて、家族もいない場合、どうやって私選弁護士にお金を払うのでしょうか。
b4_05afさん
2016年04月04日 15時08分

みんなの回答

鈴木 崇裕
鈴木 崇裕 弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
①私選弁護人を選ぶとき、留置場から警察官に連絡してもらうと聞きましたが、弁護士は複数呼べるのでしょうか?また当番弁護士も呼ぶことができるのでしょうか?
→弁護士は複数呼べますし,当番弁護士も呼ぶことができます。しかし,弁護士を複数呼ぶ必要は普通はありません(そんなに多くの弁護士を呼んで選んでいる暇はないからです。もちろん弁護士に素質や能力の違いはあると思いますが,初期対応の迅速性を優先したほうが良いと思います。)。

②依頼したい弁護士と連絡がとれないとき、とりあえず24時間対応の弁護士に来てもらって検察官と交渉してもらいたい場合、着手金と(成功したばあい)報奨金を払って委任状も書かなければならないのでしょうか?その後、依頼したい弁護士に連絡がついたら、またもう一度着手金と(成功した場合)報奨金を払うのでしょうか。
→着手金,成功報酬は当該弁護士との相談ですが,検察官と交渉するというのは完全に弁護人としての活動ですから,無償で引き受けてくれる弁護士はいないでしょう。ただし,書くのは「委任状」ではなく「弁護人選任届」です。「弁護人選任届」を捜査機関(通常は検察庁)に提出することで,以後当該弁護士が,その人の弁護人として活動できます。

③最後に素朴な疑問ですが、自分が留置所にいて、家族もいない場合、どうやって私選弁護士にお金を払うのでしょうか。
→留置場にいる段階で委任契約書を作成して,出所してから支払うことになります。その意味で,着手金なしで弁護人としての活動に着手することになる場合は,現実にあります。

2016年04月04日 15時15分

b4_05af さん (質問者)
ありがとうございます。もう少し伺いたいのですが、委任状と弁護士選任届はどう違うのでしょうか?
あと、とりあえず早く来てもらった弁護士さんに選任届を出して活動してもらって、その後連絡のついた弁護士に変更するという事はできますか?

きちんとお金を払って法律相談で聞こうと思い、弁護士会や市役所の法律相談では断られました。こういう基礎的な知識も有料で相談したり講演会などがあれば嬉しいです。

2016年04月04日 15時43分

大和 幸四郎
大和 幸四郎 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 佐賀県1
ありがとう
①委任状と②弁護士選任届はどう違うのでしょうか?
・①は民事で②弁護人選任届は刑事で依頼するときでしょう。
あと、とりあえず早く来てもらった弁護士さんに選任届を出して活動してもらって、その後連絡のついた弁護士に変更するという事はできますか?
・可能でしょう。

2016年04月04日 16時26分

萩原 猛
萩原 猛 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県6 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
質問①について
 何人の弁護士に面会要望を求めるのは自由ですが(警察官は連絡だけはしてくれる)、無料で面会してくれる弁護士は、あまりいないと思います。この点、各地の弁護士会がボランティアで運営している「当番弁護士」は、1回だけは無料で面会してくれます。

質問②について
 弁護士を依頼したら着手金・報酬金等の費用がかかりますから、途中で弁護士を交代するのは、できれば避けた方が良いでしょう。弁護活動をするには、被疑者・被告人と弁護士との連名の署名・押印による「弁護人選任届」を関係機関に提出する必要があります。途中で弁護士を変えるには、従前弁護士の解任届(弁護士による辞任届)、と新たな弁護士について、上記の「弁護人選任届」が必要です。

質問③について
 その人が留置場で所持金がある場合は、留置場でお金を宅下げする場合があります。あるいは、その人のキャッシュカードを宅下げし、暗証番号を聞いて、弁護士がその人の預金を降ろして、支払ってもらうこともあります。

2016年04月04日 16時45分

この投稿は、2016年04月04日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

自首・出頭の違いやメリット・デメリット、刑事事件への影響についての基礎知識

万引き、盗撮、交通事故。罪を犯した後、後ろめたさや逮捕されるかもしれないという恐怖から、自首や出頭を考える人も多いでしょう。しかし、本当に逮...

逮捕時の接見の制限や禁止中の面会・差し入れ方法

家族や知人が、犯罪の疑いをかけられて逮捕された場合、すぐにでも会って事情を聞きたい、励ましたい、必要な物を渡したい、と思うのは当然のことです...

勾留の期間や請求期限、必要要件などの基礎知識と勾留を回避し釈放されるための対処法

日常用語と化している「逮捕」に比べて、「勾留」という言葉はあまり知られているとは言えません。しかし、行動の自由を制限される期間の長さから言っ...

刑事事件における示談の重要性や示談金の相場、交渉方法

刑事事件の行方は、警察や検察の取り調べや裁判での弁論の中だけで決まるようにも考えがちですが、被害者のいる犯罪では、被害者感情も判断に大きく影...

逮捕された場合の会社に知られ解雇されるリスクや回避するための対処法

何かのはずみで加害者となり、近々逮捕されることを予期している人が何よりも心配すること、それは、犯罪の事実や逮捕されたことを職場に知られるので...

この相談に近い法律相談

  • 刑事弁護

    刑事弁護に強い弁護士さんを探すにはどこか問い合わせ先はありますか? ネットで検索しても民事しか出てこないです。 選任する場合、警察署とか今の国選弁護士さんにこちらから連絡したら良いのでしょうか? 無知で申し訳ございません。今の担当の弁護士先生はあまりなにも教えてくださいません。

  • 国選弁護人のつくタイミングについて。

    国選弁護人について。 友人が空き巣で捕まり、留置所へ行って5日目です。 勾留通知書もとどいています。 まだ起訴どころか余罪をおってるのでは?進んですらいないのでは?という状況だとおもうのですが すでに国選弁護士はついているでしょうか? 友人が全ての連絡先をうちにしてますが 国選弁護士がついても連絡はこない...

  • 3年以下の罪状の弁護士選任について

    逮捕後の弁護士選定について理解できませんでしたので教えてください。 私の場合の実例で記載します。 ①3年以下の罪状の場合、逮捕時には国選弁護士は選定できないことと  弁護士を付けるなら、私選で自分で選定するように聞きました。 ②当番弁護士制度を教えてもらい、1度だけ無償で弁護士に相談しましたが、  その弁護士から...

  • 弁護士からの警告

    嫌がらせを受けています。 内容は前の質問を見ていただけたら助かります。 警察にはすぐ電話をし、後日担当者から連絡をくれる事になりました。 前回の質問に答えていただきましたが、弁護士から警告してもらうとの事でしたが、相手の妻が依頼した弁護士から警告してもらうという事ですか? 以前の弁護士はひまわり基金の事...

  • 悪質弁護士について弁護士会に相談に行きます。

    近いうちに、依頼を放置して無視を続ける弁護士の件で弁護士会に相談に行きます。 その弁護士は着手金○十万円を受け取った後は一切の連絡、報告なし、動きなし。 土曜日に相談し、日曜日早休みだから月曜日、つまり翌日には代理人通知を相手側に送ると言ったのに、送ってない。 依頼人(母)が連絡を求めても全く反応なしです。 ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

逮捕・刑事弁護の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  2. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  3. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  4. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  5. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...
  6. ゴーン氏、家族と面会できず、弁護士も立ち会...
  7. 元AV女優・麻生希、覚せい剤で実刑判決…別の...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。