駅ホームでの喫煙と鉄道営業法違反について

公開日: 相談日:2014年03月04日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

禁煙の駅ホームでいつも喫煙している者がいるのですが、鉄道営業法違反に問うことはできるのでしょうか。

禁煙のJR駅ホームでいつも喫煙している男がおり、私から何度も直接注意した上、JRにもメールでお願いして注意をしてもらったようなのですが、その後も止める様子がありません。駅ホームには駅員が常駐しておらず、階段を上った駅員室にいるため、喫煙を見かけた時に駅員を呼んで注意してもらうのも難しい状況です。そのため私自身で繰り返し注意しておりましたので、逆恨みを買っていないか不安もあります。

鉄道営業法に下記の条文があります。

第34条 制止を肯せすして左の所為を為したる者は10円以下の科料に処す
一 停車場其の他鉄道地内吸煙禁止の場所及吸煙禁止の車内に於て吸煙したるとき

すでに駅員からの「制止」はなされているかと思いますので、もしまた同じ男が喫煙しているところを見かけた場合、鉄道営業法違反として警察に通報し、処罰してもらうことはできますでしょうか?
また、現行犯の場合、一般市民にも逮捕権が認められているかと思いますが、この場合警察を呼んでいる間に逃げられてしまうことも考えられますので、自分で犯人を取り押さえることに問題はありませんでしょうか?

関わらないのが一番なのはわかっていますが、黙って避けていても煙は吸わされますし、一人の人間の身勝手のために多くの人が迷惑をするのは不条理かと思います。
アドバイスいただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

237017さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    この議論は聞いたことがないのですが、条文を読んでの回答をいたします。
    制止ですが、条文の体裁からは鉄道係員は、という体裁になっていないので、私人でも制止はできるのではないでしょうか。
    なお、鉄道営業法違反で告訴?告発はあり得ますが、警察はJRからの要請がない限り動かないのではないでしょうか。
    それから、現行犯逮捕の要件があったとしても、ホームで逮捕行為をするのは絶対にやめるべきです。
    痴漢の犯人はおとなしいかも知れませんが、ホームで禁止されているタバコを吸うような人は、何をするかわからないと思います。ホームで大騒動になり、他の人も巻き込んで大事故になる危険もあります。
    粘り強くJRに言って、駅係員に対応させるべきだと思います。

  • 弁護士 A

    注力分野
    犯罪・刑事事件
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    >駅員からの「制止」はなされているかと思いますので、もしまた同じ男が喫煙しているところを見かけた場合

    鉄道営業法に言う「制止」は,その主体は明確ではありませんが,1つの喫煙行為(1本とは限りませんが,連続した1回の喫煙行為)について行われる必要があるでしょう。
    また,現行犯逮捕は,2万円以下の罰金科料等に当たる罪の場合には,「犯人の住居若しくは氏名が明らかでない場合又は犯人が逃走するおそれがある場合に限り」行うことができます(刑事訴訟法217条)。

    仮に上記の場合に該当するとしても,小松雅彦先生がおっしゃるように危険もありますので,やめておくべきでしょう。

    駅構内での迷惑行為については,駅窓口等で苦情を申し入れ,対処を促すのがベターでしょう。お手間はかかりますが,メールよりも窓口に申し入れる方が,対応を促しやすいかと思います。

  • 相談者 237017さん

    タッチして回答を見る

    ご回答ありがとうございます。
    その場で注意をしても止めようとせず、立ち去ろうとした場合は、法律上逮捕は認められる、ということですね。
    ご指摘の通り自分で取り押さえるのは危険かと思いますが、ホームに駅員がおらず、すぐに注意してもらうのは難しい状況です。
    繰り返しJRにも対応をお願いした上で、口頭で同行を促すなど極力冷静に対処したいと思います。

    喫煙率も年々低下していますし、このようなことを気にせずにすむ社会に早くなってほしいものです。

この投稿は、2014年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました