業務中かもしれない当て逃げにつて

業務中に自家用車を使用していた社員が、仕事がおわってスーパーで買い物をした後、バンパーに傷が付いているのに気付きましたとの事です。その場で警察に連絡したところスーパー内でのカメラを確認しましたが、駐車中隣に車はとまっていなかったので、スーパー内での当て逃げではないとの判断。すると社員は「その日は会社の駐車場にしかとめていない。コーナーセンサーもつけているから、自らあてたのではない。なので修理は会社でしてください」と言います。
当て逃げなので基本どこでなったかわからない、その日に当てられたのかどうかもわからない(証拠はない)。そういうふうな物を会社側が保障する必要があるのでしょうか?
hinapapa914さん
2015年03月30日 09時49分

みんなの回答

今井 俊裕
今井 俊裕 弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
人損でないので,物損の場合は被害者に立証責任があります。会社の非を立証できる資料がないのであれば賠償義務には応じかねます。

2015年03月30日 09時55分

大村 真司
大村 真司 弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
立証責任は被害者側にあります。防犯カメラ上、あたっていないことが明らかであれば、被害者の立証は困難でしょう。

逆にいえば、会社が責任を問われることはない(応じる必要はない)と思います。

2015年03月30日 10時01分

大村 真司
大村 真司 弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
すみません、会社のカメラではありませんね。それにしても、そういった消去法で責任を問うのは不可能だと思います。そもそもその日についたかどうかも分からないわけですし。

仮に駐車場内での当て逃げだったとしても、会社が責任を問われるということにはなりませんし。

2015年03月30日 10時02分

弁護士A
ありがとう
 従業員が業務中に交通事故を起こし、第3者に人損、物損を与えた場合には、業務中であることを理由に、その第3者との関係で、会社は賠償義務を負います。
 他方、その事故で従業員の負った損害については、事故当事者である従業員と第3者が、過失割合に応じて負担することになり、会社は基本的に無関係です。
 そして、自損事故の場合には、その従業員が100%負うべきなのが原則です。

 特段の合意でも存在しない限り、会社が責任を負う理由はないと考えます。

2015年03月30日 13時03分

この投稿は、2015年03月30日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • スーパー駐車場内でショッピングカートが当たってきました。

    つい昨日のことです。 買い物を終え、車に戻ると着信が。 かけたエンジンをとめ通話をはじめました。 その一分後、視界の左側からすごい勢いで迫ってくるショッピングカート。車のタイヤ上あたりに親指大の傷をつけました。 そのカートをつかっていたのはおばあさん。 カート置き場においたら風に煽られ流され、一度引っ掛か...

  • コンビニの駐車場で当て逃げされました。

    昨日夜コンビニに車をしばらく止めて用事をして 戻ってきたら車をぶつけられていました。 止めていたわたしが悪いのですが この場合は当て逃げされても 泣き寝入りするしかないのでしょうか? 見たところカメラはすぐ近くにありました。

  • カートが車に当たり傷がついた

    つい先日 某スーパーにて買い物をしていました。 車に戻るとスーパーのカートが車にぶつかっていて車が凹んでいました。 その日暴風警報も出されており 風がとても強い日でした。 某スーパーに話をした所 『こちらには責任はない』と言われました 警察に言って損害賠償を請求出来るのでしょうか?

  • スーパーの駐車場での物損事故について

    先日、あるスーパーの駐車場で、帰宅しようと左右を確認し1メートル程前進した際、右側から同時ぐらいに車がバックして来ました。このまま進んではぶつかるとおもい、すぐに停止しましたが、相手の車は止まることなく、動き出してから4〜5秒後にぶつかりました。なお、私の周りに駐車スペースはなく、まさかバックで下がってくるとは思...

  • スーパー

    スーパーやデパートなど駐車場に長時間停めると駐車違反になると聞いたことがありますが、長時間とゆうのは何時間のことでしょうか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通犯罪に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 間違った使い方してるかも?旅館で見かける「...
  2. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  3. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  4. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  5. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  6. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...
  7. ゴーン氏、家族と面会できず、弁護士も立ち会...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。