弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

酒気帯び運転、ひき逃げの罪について

身内が2週間前に、原付バイクの酒気帯び運転で警戒中の警察に逮捕されました。その上、逮捕の数分前に自転車の子供と接触した可能性もあり、ひき逃げの罪も問われていて、今勾留延長になっています。警察から薦められた弁護士と契約したそうです。幸い子供さんは転倒した際、打撲の軽傷だったようで、示談交渉は成立したようです。
厳罰化されたこのご時世で飲酒運転をした身内には腹が立っていますが、やはり身内ですのでこの後が心配です。そこでご質問させていただきたいです。
1.今後どのような流れ(勾留期間や実刑等)になっていくのか?
2.少しでも罪が軽減されるためにできることは?
3.社会復帰は可能か?会社はおそらく懲戒解雇ですね?
弁護士の方の経験からアドバイスを頂きたいです。よろしくお願いします。
koutaiさん
2018年04月16日 13時42分

みんなの回答

大久保 誠
大久保 誠 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 北海道6 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ありがとう
1 延長された勾留期限が満期となるころに検察官の判断が出るでしょう。前科がなく、被害弁償もできているようですから、略式起訴(罰金刑)の可能性も十分にあります。
2 取調には包み隠さず真実のことを話すことです。
3 懲戒解雇となるか否かは、就業規則をみて下さい。但し、刑事事件を犯した場合には通常解雇事由としているところが多いです。

2018年04月16日 14時29分

松本 篤志
松本 篤志 弁護士
ありがとう
警察での取り扱いが人身事故扱いになっているか物件事故どまりかによっても、刑事責任が変わってきます。
基本的には公判請求(起訴)を覚悟すべきということになりますが、物件事故扱いであるなどの個別の事情次第では、略式起訴からの罰金刑にとどまる可能性もあります。

公判請求されたとして、初犯等であれば、懲役等の実刑まではいかず、執行猶予付きの判決となることが想定されます。

また、公判請求される場合、起訴後も引き続き勾留されるとは限らず、起訴時に釈放され、在宅の被告人として以降は公判期日に自宅から出廷することになる可能性もあります。

今回の刑事裁判で少しでも有利な情状事項を主張立証するためには、今後は二度と再犯しないための具体的な対策を考え、できることから実行しているなどと述べていくことが考えられます。
仕事や日々の生活で車の運転をせずともやっていけるのか、家族や周囲も指導監督してやっていけるのか、本人や家族等が話し合い、弁護人とも相談しながら、できる対策から実行していく必要があります。

会社の処分についてですが、欠勤も続いているのでしょうから、事件を隠し通せるものでもないのでしょう。
ただ、実際の処分については会社によってもまちまちですから、基本的には会社の対応を待ってそれから考えることになります。

2018年04月16日 15時17分

koutai さん (質問者)
ご丁寧な対応、本当にありがとうございます。当然ながら、身内が逮捕されるなんて一度もないことですので、どうしたらよいかわからず、藁をもすがる思いで、相談させていただきました。

2018年04月16日 17時52分

松本 篤志
松本 篤志 弁護士
ありがとう
上記のとおり、現時点では、公判請求されるか略式起訴となるかだとか、早期に釈放されるかだとか、確定的な判断が困難な事柄も多いですが、捜査が進展する中で今後見通しが明らかになってくることも多いです。
弁護人としても、時間が経つ中で判明する事柄も多いです。
ですから、弁護人からも、たとえば釈放の可能性がある場合はその旨連絡があるでしょうし、不安でしょうが弁護人ともよく相談して対応するようにしてください。

2018年04月16日 18時03分

koutai さん (質問者)
度々すみません。再度、ご相談をさせて下さい。
身内の妻が担当弁護士さんと相談し、以下のようなお話だったそうです。
担当して下さっている弁護士の先生の見通しは、略式起訴は難しく、起訴後、保釈請求を経て釈放してもらえればというところらしいです。そのための準備として、今日、弁護士さんが作成した書類に身元引受け人の署名、押印をしてきました。保釈が認められれば、来週中頃には自宅に戻ってこれるかもしれません。
とのことでした。このようなケースの場合、妥当な結果でしょうか?このような件では全くの無知なものですので、専門的な見解を教えていただきたいと思います。よろしくお願いします。

2018年04月18日 00時17分

松本 篤志
松本 篤志 弁護士
ありがとう
人身事故扱いになっているのかどうかも不明ですが、たとえば酒気帯びで人身事故でひき逃げの場合、かなり厳しい処罰となることが多いです(今回は軽傷とのことですが、これがたとえば死亡事故であればほぼ確実に懲役の実刑でしょう。)から、起訴後勾留された場合に備えて、あらかじめ保釈の準備をすること自体は何らおかしなことでもないでしょう。
今後、実際に起訴はされたけれども起訴後勾留まではされず(保釈の手続をせずとも)釈放される可能性ももちろんあるのでしょうが、それならばそれでよい話で、そうならなかった場合の備えというのは必要でしょう。

2018年04月18日 08時18分

koutai さん (質問者)
引き続き、ご相談させて下さい。
20日間勾留の後、起訴が決まりました。被害者の方とは弁護士さんを通じて示談交渉が成立し、嘆願書もいただきました。ですので、起訴は免れたかと期待しましたが、そう甘くはありませんでした。
また起訴が決定した4月20日に弁護士さんから保釈請求を提出していただきましたが、まだ保釈されたという連絡がありません。
今後どのような流れで進んでいくのでしょうか?また実刑の可能性は高いですか?

2018年04月24日 08時31分

松本 篤志
松本 篤志 弁護士
ありがとう
金曜に保釈の請求をしたとして、裁判所は検察官の意見を聞いてから判断することになります。
検察官の意見が出るのが遅れて週明けの月曜になったとしても、その日のうちか、どんなに遅くとも翌火曜のうちには裁判所の判断が出るはずです。
ただ、裁判所の判断はすでに出ていて、保釈は許可されたとしても、それから保釈金を実際に納付しなければ、外には出られません。
もちろん、保釈が認められるとも限りません。

単なる人身事故にとどまらず飲酒運転となれば(しかもひき逃げも最終的には加わったのでしょうか、あってもなくてもどちらにしても)非常に重い非難はされますが、それでもなお執行猶予付きの判決の可能性は十分あります。
保釈の行方は別にして、再犯防止のためにどのような対策をとるべきか、具体的に考え、実際に実行していき、それを公判期日で示していけるようにすることが大切です。

2018年04月24日 13時44分

koutai さん (質問者)
丁寧なご説明ありがとうございます。
正式起訴が決定してからすぐに弁護士さんから保釈請求を提出していただきましたが、認められずまだ保釈されていません。示談成立、嘆願書もいただきましたが、勾留期限の20日を越えたにもかかわらず、保釈されないケースはよくあることでしょうか?正式起訴が決まった後もまだ取調べが必要と判断されたからなのでしょうか?保釈されない原因で考えられる例はどのような事が考えられますか?
度々ご相談させていただき、申し訳ないです。

2018年04月25日 23時24分

松本 篤志
松本 篤志 弁護士
ありがとう
起訴後も引き続き勾留される場合において、保釈の請求をしたけれど裁判所がこれを認めないというのは、よくあることです。
その理由の可能性はいろいろありすぎて、回答は困難です。弁護人の意見を聞いていただければと思います。
一般論としては、たとえば証拠隠滅が高いだとかいった場合は、保釈が認められない可能性が高くなります。
実刑が見込まれるような事案も、保釈が認められない傾向にあります。
本件はどうなのか、御記載の事情だけでは判断がつきません。

2018年04月26日 00時26分

koutai さん (質問者)
迅速な対応、本当にありがとうございます。
法律に関して素人の考えですが、保釈されない理由に、本人が酒気帯び運転は認めつつ、人身事故それに関わるひき逃げを認めていないから、引き続き勾留されているのかもと思ってしまいます。そのような場合、人身事故及びひき逃げを認めないと釈放されないのでしょうか?また一度、正式起訴が決定したら、保釈されるまでに正式起訴の決定は覆らないのでしょうか?
身内の妻も正直、面会などが続いていて疲れてきているので、早く保釈してほしいと家族中で願っています。

2018年04月26日 10時07分

松本 篤志
松本 篤志 弁護士
ありがとう
一度起訴されてしまえば、その起訴が撤回されるというようなことはありません。

ひき逃げの点を否認しているということであれば、その点が保釈の判断に影響している可能性はあります。
ただ、否認しているから絶対に保釈されないというわけでもないですし、保釈のためだけに自白するというのも本末転倒です。

全く同じ条件で再度申立てをしたところで、同じ結論しか帰ってこないでしょう。
とはいえ、裁判手続が進む中で保釈が認められやすくなるケースもありますし、保釈の必要性の関係などで新たな事情が出てくれば結論が変わる可能性もあります。
弁護人と相談しながら対応する必要があります。

2018年04月26日 14時47分

koutai さん (質問者)
松本先生、的確なご助言ありがとうございます。
20日勾留の後、さらに1週間勾留延長になり、27日に保釈請求が通り保釈されました。犯した罪は取り返しはできませんが、とりあえず本人の声が聞けて少し安心しました。
そこで、新たな質問なのですが、保釈中に本人ができることはどんなことがありますか?
また、身内ができることはどんなことがありますか?
本人の携帯電話は、警察署預かりになりましたが、これは同様の事件でよくあることでしょうか?
弁護士の先生のご助言をお願いしたいです。

2018年04月28日 23時38分

松本 篤志
松本 篤志 弁護士
ありがとう
> 保釈中に本人ができることはどんなことがありますか?
> また、身内ができることはどんなことがありますか?
今後予定されている裁判に向けての準備が必要です。
どのような準備をすべきか、弁護人からも助言をもらう必要があります。
たとえば、事件後再犯防止のために様々な対策をとっており、もはや再犯のおそれはないから重い処罰までは必要ない、と弁護人が主張するとして、実際に再犯防止のためにどのような対策をとるべきか、個々の事情に応じて本人や家族ら周囲の人が相談しながら実行していく必要があります。その際には、弁護人からも助言をもらうようにしてください。

> 本人の携帯電話は、警察署預かりになりましたが、これは同様の事件でよくあることでしょうか?
預かりというのが証拠として押収されているのか走でないのかよく分かりませんが、事件と全く無関係ということもないのでしょうから、証拠として押収されているのであれば戻ってくるまで多少の時間がかかることは仕方がないということにはなるでしょう。

2018年04月29日 00時11分

この投稿は、2018年04月16日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

酒気帯び運転のアルコール量の基準と逮捕から罰金・懲役が決まるまでの流れ

酒気帯び運転とは、正常を保てない程ではないけれども、アルコールが体内に残っている状態で運転することを指します。正常に運転できているからといえ...

飲酒運転をするとどうなるのか - 罰金や懲役と逮捕の流れ

飲酒運転は非常に危険な行為であり、一度事故が起きれば大惨事になりかねません。昨今では社会的にも問題視する声が多く、飲酒運転は厳罰化の傾向が強...

この相談に近い法律相談

  • 飲酒運転による再逮捕で実刑になるのか?

    昨年10月に一度ご相談させていただきましたが、親戚が昨日飲酒運転で再逮捕されたため改めてご相談させてください。 昨年10月に飲酒運転で追突事故を起こし逮捕されましたが、勾留はされませんでした。ちなみに被害者に怪我はなく、すぐに示談が成立しました。親戚は5、6年前にも酒気帯び運転並びにシートベルト違反で捕まり、罰金30数...

  • 保護観察中の再犯。・少年、成人どちらで扱われるのでしょうか?

    彼氏のことなのですが回答願います。 彼氏は今19歳であと一週間ほどで20歳になります。 以前、何歳のときかはわかりかねますが一度暴走行為で逮捕されていて、原付免許の取り消しと、少年院か施設かで施設に行ったそうです。 今保護観察中なのですが、原付の無免許と酒気帯びで逮捕されてしまい、今留置場にいます。 まと...

  • 盗撮の自首後。また、実名報道を回避する放送は無いのでしょうか?

    ご質問があります。先日、共用トイレを小型カメラで盗撮してしまい、後にカメラの回収に向かうと警察が来て現場検証中でした。 私は怖くなって逃げたのですが、罪の意識といつ警察が来るかという恐怖で、弁護士の先生に相談したところ、自首に同行するから自首しなさい。と諭され自首する決意をしました。 弁護士の先生いわく、...

  • 飲酒、無免許運転し逮捕された罪は?

    会社同僚が約11年間を無免許運転を繰返し、先日、飲酒運転し逮捕されました。端緒は道交法違反を警察官現認され逃走です。現在は釈放され審理待ちです。罪はどうなりますか?

  • 飲酒及び無免許について

    本日、身内が農道にて無免許運転と酒気帯び運転の両方で逮捕されました。 どんな処罰位になりますか? そして、弁護士を立てたほうがいいのでしょうか?また、たてた場合、減刑されますか。

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通犯罪に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

酒気帯び運転の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  2. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  3. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  4. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...
  5. ゴーン氏、家族と面会できず、弁護士も立ち会...
  6. 元AV女優・麻生希、覚せい剤で実刑判決…別の...
  7. まるでブチャラティ? 塾講師が「嘘をついて...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。