酒気帯び運転の量刑変更について

親族が3月前に酒気帯び運転で物損事故を起こしました。アルコールは0.25でした。逮捕はされず在宅になり
本日、検察庁に出頭し、副検事より略式起訴で罰金になるだろうと言われ、本人も了承しました。
後日、裁判所から書類が送付され、罰金を納付することになると言われました。
裁判所が正式裁判に変更にすることが後日あるでしょうか?
半年前、万引きで30万円の罰金刑があります。
法律相談者さん
2017年05月09日 22時24分

みんなの回答

松本 篤志
松本 篤志 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
理論上は簡易裁判所が略式不相当と判断して正式裁判に移行することはありますが、社会的に耳目を集めるような特別な事件であればともかく、通常の飲酒運転等であればその可能性は限りなくゼロに近いと言えるでしょう。
むしろ、検察庁内部での決裁のなかで、やはり略式起訴からの罰金刑では不相当であって公判請求すべき、との判断にかわる可能性の方が(こちらもごく小さな可能性には過ぎませんが)あり得るとは思います。

2017年05月10日 00時59分

この投稿は、2017年05月09日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

酒気帯び運転のアルコール量の基準と逮捕から罰金・懲役が決まるまでの流れ

酒気帯び運転とは、正常を保てない程ではないけれども、アルコールが体内に残っている状態で運転することを指します。正常に運転できているからといえ...

飲酒運転をするとどうなるのか - 罰金や懲役と逮捕の流れ

飲酒運転は非常に危険な行為であり、一度事故が起きれば大惨事になりかねません。昨今では社会的にも問題視する声が多く、飲酒運転は厳罰化の傾向が強...

この相談に近い法律相談

  • 通常の起訴について教えていただきたきです。

    現在、3回目の窃盗を犯しました。 まだ検察庁からの呼び出し等はありませんが 前回が罰金20万円かつ最近のことなので今回は略式裁判ではないと思っています。 そこで質問なのですが、通常の裁判だとどれくらいの日数拘束されることになりますか?(裁判当日以外で)

  • 無免許運転の裁判について。

    私は去年9月に、酒気帯び運転で検挙され、12月に免許取消になりました。その状況で、今年の9月に無免許運転で検挙され、先程、検察官に供述調書をとられ、2月か3月に裁判になる旨を告げられました。その裁判の判決で、執行猶予がつくかどうかの質問です。ちなみに交通関係とは別に、私は以前と今年で、万引きによる略式起訴で罰金刑を受...

  • 免許取消中の無免許運転で裁判になるのですが、お聞きしたいことがあります。

    2年前に酒気帯びで30万円の罰金と免許取消になりました。2年間の免許取消の期間終了間際に無免許で捕まり、逮捕され2日間の拘留と調書の後釈放されました。 その後、自分の車は売却し、プライベートではほとんど運転はしていないんですが、2年間の間に仕事の関係で40回ほど運転をしていることが乗車記録で確認され調書に記載されてい...

  • 酒気帯び運転で欠格期間中の無免許運転について

    昨年5月に酒気帯び運転で逮捕され、略式起訴で罰金50万円、今年1月に免許取り消しとなり4年間の欠格期間を言い渡されました。 その後、2月にまた無免許運転で、人身事故には至りませんでしたが軽い追突事故を起こしてしまい、警察で調書を取られ、書類送検されるとのことです。すでに所有していた車は売却済みです。 今回の場合、略式...

  • 無免許運転で物損事故を起こしました

    今年に入ってすぐに飲酒運転をして逮捕され略式裁判で罰金刑になりました。 その3ヶ月後に今度は無免許運転で物損事故を起こしました。 逮捕はされませんでしたが検察庁では罰金刑はなく起訴するので裁判になると言われました。この場合は実刑もありえますか? 執行猶予は付きますでしょうか? 教えて頂きたいです。 ちなみに裁判は...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通犯罪に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

酒気帯び運転の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. Hey!Say!JUMPツアー中止 ファンの「迷惑行為...
  2. 間違った使い方してるかも?旅館で見かける「...
  3. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  4. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  5. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  6. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  7. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。