危険運転致傷罪 ひき逃げについて

昨年9月に飲酒運転でひき逃げをしました 翌日に出頭しています 先日一通りの捜査が終わったとのことで取り調べを受けました 調書には危険運転致傷罪 道路交通法違反と書いてありました 当初は過失運転致傷でしたがお店への聞き取りから飲酒量を推定し切り替えたそうです 相手の方には直接謝罪して当方の保険で通院して頂いてました ケガの内容は打撲で全治数週間という内容でした 保険での弁済以外にもお気持ちとして幾らばかりかお渡ししたいと伝えましたが 受け取れないとのことで保険での治療費以外はいらないと言われています まだ書類送検もされてませんが執行猶予となるにはどういった動きをすれば良いでしょうか 公判が開かれてから国選の弁護士に相談となりますでしょうか ご回答お願いします
会社員Aさん
2018年05月22日 21時58分

みんなの回答

松本 篤志
松本 篤志 弁護士
ありがとう
あくまでも捜査の一時点での被疑事実が危険運転致傷罪というだけで、実際に起訴時の罪名が危険運転致傷罪となるとは限りません。
起訴時には過失運転致傷罪(と道路交通法違反)に戻る可能性もあります。

とはいえ、本当に危険運転致傷罪とひき逃げ(道路交通法違反)で起訴されてしまった場合、いきなり実刑の危険も完全には否定できません(もちろん、詳細な事情次第で、執行猶予付き判決の可能性も十分あるとは思いますが)。

在宅での捜査の場合は捜査段階で国選弁護人は選任されず、起訴後も国選弁護人の場合はしばらく時間が経過しないと選任されませんから、捜査段階からあなたに有利な事情を集めて主張してもらうとなると、今の時点で自費にて弁護人を選任する必要があります。
現在の被疑事実の罪名も含めて考えると、早期に弁護士に依頼する実益も大きいように思われます。

その上で、弁護人を通じて再度(任意保険からの賠償とは別に)お見舞い金をお渡しするだとか、再犯防止のための具体的方策について弁護人と協議し、できることから実行していくといったことが考えられます。

2018年05月22日 22時37分

会社員A さん (質問者)
結局 判例に従うしかないんですね

2018年05月23日 23時09分

この投稿は、2018年05月22日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,222名の弁護士から、「交通犯罪に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

飲酒運転をするとどうなるのか - 罰金や懲役と逮捕の流れ

飲酒運転は非常に危険な行為であり、一度事故が起きれば大惨事になりかねません。昨今では社会的にも問題視する声が多く、飲酒運転は厳罰化の傾向が強...

人身事故・死亡事故での過失運転致死傷罪や危険運転致死傷罪の成立と逮捕された場合の懲役や罰金の相場

車を運転していて人身事故を起こしてしまったら、逮捕されるのではないか、刑務所に入れられるのではないか、と不安になることもあるでしょう。ここで...

この相談に近い法律相談

  • 飲酒 ひき逃げ

    飲酒してひき逃げした場合どのような刑事処分をうけますか?相手は全治一週間の軽傷です。関係ないと思いますが逮捕ではなく自宅待機でした。行政処分で意見の聴取通知書には ひき逃げの40点でした 飲酒運転は書かれていません。警察署には飲酒でひき逃げしたことを調書を終えて初犯になります

  • お願いします!飲酒運転ひき逃げ 重症 初犯

    婚約者が私名義の車で飲酒運転ひき逃げで逮捕、起訴され、現在拘留中です。初犯です。被害者さんはバイクで両足骨折全治2ヶ月の重症です。信号の無い交差点での事故で自動車保険対応での治療費の示談は済んでおります。本人は事故当時の記憶が曖昧で翌日出頭しアルコール数値0,25でした。衝突時の速度は20kmくらいだったそうです。弁護...

  • ひき逃げ

    お世話になります。 ひき逃げの被害にあってしまい、どのようにしたら良いのかわからず悩んでおります。 蛇行運転を繰り返していた飲酒運転と思われる二輪車にひき逃げをされました。 相手は接触した後、一度立ち止まったのですが声をかけたら逃げられてしまいました。私はその後救急車で運ばれて病院へ行っております。 幸いナ...

  • 飲酒ひき逃げの車に同乗、問われる罪は?

    職場の飲み会の帰りに、先輩同僚と一緒になりしつこく駅に送ると言われ、同乗してしまいました。自分は酔っていたので、意識が朦朧とし寝てしまったのか同乗中の記憶が一部しか覚えてません。 どうやら先輩は追突事故を起こしていたらしく、気付かなかったのか、立ち去ってしまったようです。 私も気付かず、後に逮捕されました。鞭打...

  • 飲酒 ひき逃げ 示談について

    1か月程前に飲酒運転で接触事故を起こしました 飲酒発覚を恐れ現場を確認せず2日後に出頭しました 当日行った店先や接触したであろう場所で警察に写真を撮られました 1週間ほど前にポリグラフ検査を実施され接触した対象や事故状況について質問を受けました 先日また呼び出しを受け車両検分を警察で実施しそこで初めて接触した対象...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

飲酒運転の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. Hey!Say!JUMPツアー中止 ファンの「迷惑行為...
  2. 間違った使い方してるかも?旅館で見かける「...
  3. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  4. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  5. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  6. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  7. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。