公開日:

2回目の無免許運転による検察庁への出頭について

2019年06月27日
平成22年に免許取り消しになり、
平成24年に無免許運転で、スピード違反20kmで捕まりました。
懲りずに先日、3月に2回目の無免許運転で20時まで右折禁止を右折してしまい捕まってしまいました。
この時、指紋取ったり写真とったりして上申書を書いて、その日の内に家に帰れました。
数日後に現場検証みたいなもので、写真を警察の人と一緒に撮りました。
3月下旬に、供述調書で警察に再度赴きました。

検察庁からの通知書が届き、
来月の7月に行く事になりました。お聞きしたいのが
①この時にまた、供述調書の時のように事細かに取り調べみたいなのがあり、半日かかるものなのでしょうか?
②担当の検察官からはどの様な事を聞かれるものなのでしょうか?

③ここでの判決で有罪?実刑?罰金が言い渡されるという事で良いのでしょうか?

ご教授頂けると幸いです。

よろしくお願いします。
相談者(816364)の相談

みんなの回答

松本 篤志
松本 篤志 弁護士
ありがとう
一般に、検事調べは捜査の最終盤に行うもので、まとめの調書等を作成することが多いです。検事の抱える事件も多く忙しいですから、要点に絞って比較的短時間の取調べで終えようとすることが多いです。
警察で作成した供述調書では不足しているように思われる箇所の補充の質問などをします。
捜査の最終盤ですから、支障のない限りで今後の処分の見通しも教えてもらえます。略式起訴からの罰金刑で済ませる見込みがあるならばそのために必要な書類も作成するでしょうし、そうではなく公判請求(起訴)するつもりであればその旨の話があるでしょう。

2019年06月27日 22時29分

相談者(816364)
ありがとうございます。

>そうではなく公判請求(起訴)するつもりであればそ>の旨の話があるでしょう。

こちらはどうゆうケースでその流れになるものなのでしょうか?

2019年06月27日 23時01分

松本 篤志
松本 篤志 弁護士
ありがとう
多くの場合、検事調べの呼び出しがあった時点で、担当検事の内心では公判請求(起訴)するか略式起訴からの罰金刑にとどまるかなどの方針はほぼ定まっていることが多いです。
警察の捜査というのは、検察官が起訴等の処分の判断をするために行われるのであって、警察から検察へと送致され、検事が記録を精査する中で、処分方針はだいたい定まっているものです。

2019年06月27日 23時08分

相談者(816364)
細かくありがとうございます。

今回はどのくらいの刑になりそうでございますでしょうか?

平成24年の初犯の無免許運転と今年の3月の再犯を含め、5回、自分の身勝手な当時のやむを得ない事情で運転してしまいました。

2019年06月28日 00時13分

松本 篤志
松本 篤志 弁護士
ありがとう
無免許運転の罰金前科があるのですから、基本的には今回は公判請求(起訴)されることを覚悟すべきでしょう。
略式起訴からの罰金刑で済むとしたら相当幸運な部類に入ると思います。
公判請求(起訴)される場合、検察官の求刑は罰金刑ではなく懲役刑であり、その上で執行猶予付きの判決となることが想定されます。

2019年06月28日 09時33分

相談者(816364)
という事は逮捕されて前科がつき、一定期間牢屋などですごし、会社とかも、解雇になってしまうといことでしょうか?

2019年06月28日 16時04分

松本 篤志
松本 篤志 弁護士
ありがとう
これまで在宅捜査であった事案で、逃亡等もしていないのにこれから逮捕等することはないのでしょう。
既に述べたとおり、検事調べの結果も踏まえて、起訴等の処分が判断されます。
公判請求(起訴)される場合は、在宅のままでの起訴となるでしょう。
判決で執行猶予付きの判決となれば、ひとまずは刑務所に行くことはありません。この場合ももちろん再犯等してしまうと次は懲役等の実刑です。

2019年06月28日 16時14分

この投稿は、2019年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

無免許運転やその幇助に対する罰金や懲役と逮捕・裁判の流れ

運転免許を取得していない、または免許の有効期限が切れている状態で自動車を運転すると無免許運転となります。無免許運転は非常に危険な行為として厳...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通犯罪に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

無免許運転の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。