スピード違反 罰金刑

公開日: 相談日:2021年06月13日
  • 1弁護士
  • 1回答

【相談の背景】
2日ほど前に60キロ制限の首都高のオービスを光らせてしまいました。速度は正確には覚えていませんが時速140km超は出ていたと推測できます。急いでいた理由としてトイレをどうしても我慢できず、近くのパーキングまで何としても急いで行きたいという気持ちが勝ってしまいました。
色々調べると80km超過だと懲役や執行猶予になってしまう可能性が高いとのことですが、職種上そうなってしまった場合解雇になる可能性が高いです。なんとか罰金刑になることはないでしょうか。

非常に反省しておりますし、今まで安全運転を心がけており、今まで免許を取って以来無事故無違反です。

【質問1】
罰金刑にできないでしょうか。

1035466さんの相談

回答タイムライン

  • 永岡 孝裕 弁護士

    注力分野
    犯罪・刑事事件
    タッチして回答を見る

    メーター読み速度とオービスで測定される実測度とは通常誤差があり、タイヤ口径等を変更していない場合には、メーター読み値より実速度は多少低く出ることが一般的です。
    その上で超過速度が80km未満であれば、おそらく10万円の罰金刑になり罰金を支払えば済みますが、超過速度が80km以上であれば、現在の東京地検の運用では公判請求されることになります。その場合には、初犯ということですから、執行猶予付き有罪判決が下されるでしょう。
    トイレを我慢できなかったとの主張はこのようなケースではよくなされますが、80km以上超過の場合には、残念ながらそのような理由で罰金刑へと落とされることはまずありません。

この投稿は、2021年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す