酒気おびで取消し

酒気おび運転で免許取消しになりそうです(25日弁明)。人身事故も速度超過もしていないし、誰にも迷惑かけていないのに厳し過ぎると思います。せめて免許停止にできないでしょうか。
ヒデさん
2011年05月15日 20時06分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
どうしようもありません。まず間違いなく免許取り消しです。

この期に及んで反省もしていないようですし,あなたのような人が飲酒運転事故を起こすんでしょうね。
自業自得です。

2011年05月15日 20時10分

弁護士B
ありがとう
私も無理だと思います。
免許を取り消された後に「もともと免許を持っていたんだから構わない」と思って無免許運転をすれば今度は逮捕されることもあるかもしれませんので気をつけてください。

2011年05月15日 21時13分

この投稿は、2011年05月15日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

道路交通法違反で逮捕され前科が付くケースと否認などの対処法

不注意や慢心により交通違反を犯してしまうこともあるかもしれません。交通違反をしてしまった場合には点数が加点され、所定の点数を満たすと運転免許...

酒気帯び運転のアルコール量の基準と逮捕から罰金・懲役が決まるまでの流れ

酒気帯び運転とは、正常を保てない程ではないけれども、アルコールが体内に残っている状態で運転することを指します。正常に運転できているからといえ...

内定が取り消された場合の対処法と不当な取消しと認められるための基準

内定は、会社が一方的に取り消すことができると考える人もいますが、そうではありません。取消しの理由が不合理なものであれば、内定取消しが無効にな...

この相談に近い法律相談

  • 無免許人身事故 刑事処分について

    無免許人身事故。3ヶ月前におこした事故で免許停止中の出来事でした。停止中の原付に追突、相手の方は左足打撲と軽いむち打ちの状態で通院されており、現在保険会社に対応していたただいています。逮捕はされず、調書を取られて、いったん帰されましたが、過去2回免許停止になっておりそのときも無免許で運転をしていました。このこと...

  • 酒気帯び運転での処分はどうなりますか?

    大変お恥ずかしい話なのですが、昨日酒気帯び運転で取締りを受けました。 数値は0.43です。 21年前に一度酒気帯び運転で取締りを受けています。 この場合どのような処分がくだされるでしょうか? 免許取り消しは間違いないと思うのですが、罰金なのか執行猶予付きの実刑なのか、罰金だとしたらいくら位でいつ頃支払いになるのか。 ...

  • 無免許運転過失致傷についてです

    初めて相談させて頂きます。 今月20日の朝方3時頃に無免許運転で人身事故を起こしてしまった際の同乗者です。 19日の夜から20日にかけて私自身は、お酒を飲んでおり、無免許だと知っていながら友達に車で迎えに来て貰いました。無免許運転は今回が初めての事ではなく、これまでも何度か運転した事もあるようで、私自身も迎えに来て貰...

  • 無免許運転で。今回は出頭した時点で逮捕になるのでしょうか?

    高速道路のスピード検知器で取締りされ出頭命令が来てしまいました。 実は過去に2回の無免許運転で検挙されております。 今回は出頭した時点で逮捕になるのでしょうか? そしてその後起訴で実刑でしょうか? 所有の車も処分が決まり、仕事も車を使う可能性がある仕事を辞めました。 今は自分が犯してしまった罪の重さを日に日に感...

  • 酒気帯び運転で免許取り消し?

    酒気帯び運転で0.26の数値がでました。検察官には免許停止処分と言われました・・・。警察の方には免許取消しは免れないよと言われました。どちらの意見が正しいのでしょうか?数値で見ると、免許取消しになるかと思いますが・・・。免許停止処分になる可能性はあるのでしょうか?酒気帯びは初犯になります。 調書の際に「免許取消しにな...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通犯罪に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

交通違反の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 警察の取調室「スマホの持ち込み禁止」に根拠...
  2. 無許可ドローンで逮捕「公園なら飛ばしていい...
  3. 大相撲の「座布団投げ」は罪に問われるのか?...
  4. Hey!Say!JUMPツアー中止 ファンの「迷惑行為...
  5. 間違った使い方してるかも?旅館で見かける「...
  6. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  7. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。