車の運転中のスマホ操作の違法性

高速道路で運転中に運転手がスマホで距離メーターの写真を撮るのは道路交通法違反ですよね?
ある地方のラジオのアナウンサー自身が上記のような行為をしている記事を自らのFacebookに投稿しています。
距離メーターがゾロ目の数字が並んだとのことで撮影されたようです。
Facebookのコメントの内容から見て、停車時にあらかじめセットしたものを操作したようではなく、ゾロ目になったので思わず撮影したようなコメントとなっています。
速度メーターも画像に写っていて、時速70キロは出ています。
yahoo知恵袋で質問したところ、違法行為ではないのでは?という声もありました。
たとえ数秒でもわき見運転となるので、違法行為になるのではないかと私は認識しているのですが、いかがでしょう。
abcdさん
2016年05月11日 21時12分

みんなの回答

弁護士A
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
> たとえ数秒でもわき見運転となるので、違法行為になるのではないかと私は認識しているのですが、いかがでしょう。
道路交通法には,まず,以下のような規定があります。

自動車又は原動機付自転車を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。)のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置に表示された画像を注視しないこと。

運転時に直接禁止されているのは,『携帯電話等の使用』と『画像表示用装置(カーナビ)』の注視ですから,今回のアナウンサーの行為は,その直接禁止されている規定には当たらないかもしれません。
ただ,同じく道路交通法は,運転者の安全配慮義務として,
車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。
とも規定しています。
スマホで距離メーターを撮るのは,この規定には反する可能性が高いでしょうから,違法行為と評価してもおかしくないでしょう。

2016年05月11日 22時30分

この投稿は、2016年05月11日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

道路交通法違反で逮捕され前科が付くケースと否認などの対処法

不注意や慢心により交通違反を犯してしまうこともあるかもしれません。交通違反をしてしまった場合には点数が加点され、所定の点数を満たすと運転免許...

この相談に近い法律相談

  • Twitterでの画像の投稿、送信

    8ヶ月くらい前です。 海外に旅行に行った時に、屋台で男性性器の形のお菓子というか、ホットドッグのような物が売られていて、写真に撮りました。 その画像を、Twitterであるフォロワーさんにダイレクトメールでその方だけに送信してしまいました。 食べ物(お菓子かホットドッグ)とわかるものですが、形も男性性器とわかる物です。...

  • 引用以外の形で動画でiPhoneの画面を公開したら著作権違反になりますか?

    YouTubeにアップする動画を撮っているのですが、日常の品・日常の風景としてiPhoneが起動する様子を撮影しています。その際、iPhoneのホーム画面が表示されるのですが、アプリアイコンなどが映っています。 直接、iPhoneや各種アプリとは関係ない動画のワンシーンです。 著作権違反にあたるのでしょうか? 私はあくまでスマートフォン...

  • 小型端末での無断撮影を行った場合「盗撮」になりますか?

    長文ですがよろしくお願いします。 以下の記事で紹介されている「Narrative Clip」と言う小型カメラの使用が盗撮行為(刑事及び民事においての処罰の対象)に当たらないか心配になり質問させて頂きました。 Engadget Japanese:襟につけるライフログカメラ Narrative 出荷開始。1日2000枚を自動撮影&クラウドで整理 http://japanese...

  • 雑誌の写真をTwitterに貼るのは違法ですか?

    雑誌を買って、芸能人の写真を携帯カメラで撮影し、その画像をTwitterやSNSサイトに貼り付けることは違法ですか? 同様に、TV画面の静止画を携帯カメラで撮影したものを貼り付けることも違法になりますか? 回答お願いします。

  • アメリカ、ペンシルバニア州の軽罪について

    お世話になります。アメリカの法律のことなので、お分かりになられる方がいらっしゃれば幸いです。 お恥ずかしながら、今年6月に、アメリカはペンシルバニア州で、公共での泥酔(Public Drunkenness)という罪状で捕まり、現在罰金を迫られております。 公聴会は来週の予定です。 罰金は125ドルで大した額ではないので支払ってし...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通犯罪に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

交通違反の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 間違った使い方してるかも?旅館で見かける「...
  2. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  3. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  4. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  5. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  6. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...
  7. ゴーン氏、家族と面会できず、弁護士も立ち会...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。