行政処分や刑事処分はどうなるのか?

人身事故で被害者に全治3ヶ月の怪我を追わせ事故から半年以上たちますが、行政処分と刑事処分が来ません。被害者方は高年齢でリハビリかねて老後施設にいます。お見舞も週に2回は行き良縁なお付き合いをさせて頂いており、警察からは最初の調書だけでなにも連絡がないと、聞きました。
被害者、家族の方たちは罰は望まないし、嘆願書が必要であれば書いて下さるとの事で精神面で非常に逆に助けて頂いてます。
ただ自分の仕事柄、免取が必要な為、どうなるのか不安に思い相談させていただきました。
宜しくお願い致します!
サマンサさん
2015年10月05日 00時00分

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
ありがとう
忘れた頃に処分通知や呼び出しなどが来る可能性があります。

基本的に放っておいて構わないのですが、どうしても気になるなら警察等へ問い合わせをされてもいいでしょう。

2015年10月05日 07時17分

この投稿は、2015年10月05日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

道路交通法違反で逮捕され前科が付くケースと否認などの対処法

不注意や慢心により交通違反を犯してしまうこともあるかもしれません。交通違反をしてしまった場合には点数が加点され、所定の点数を満たすと運転免許...

死亡事故加害者の刑事手続きや行政処分の結果を遺族が知る方法

交通事故で大切な家族を亡くした場合、加害者がどのような処罰を受けるのか知りたい遺族の方もいるでしょう。加害者がどのような刑罰や行政処分を受け...

この相談に近い法律相談

  • 刑事処罰についての質問

    当方、事故を起こした加害者です。 被害者はバイクで、意識不明で脳挫傷、骨折等重症です。 見通しの悪い交差点の事故で、私が一旦停止をせず減速して交差点に侵入、左右確認をしっかりしなかったことが原因です。 警察から過失運転致死傷罪に該当するといわれました。相手の方の容態が落ち着いていないため、正確な診断書はまだ書け...

  • 加害交通事故より2年以上警察よりの連絡がありません

    3昨年前の12月に人身事故を起こしてしまい、警察の取調べや検証も受け、相手の方とは示談交渉中です。 ところが最初に事情を訊かれて以降、警察からの処分等の連絡が一切なく、間に免許の更新を挟んでいたのですが事故による行政処分についても全く記録がありませんでした。 人身事故は初めての事であり、幸い被害者の方も軽症で済ん...

  • 物損事故から人身事故へ

    専門的な知識がないのでご質問させて頂きます。 私は先日、交通事故を起こしてしまいました。 私は車で相手の方は中型バイクでした。 事故の状況は、信号のない小さな交差点で、私の方に一旦停止がありました。私は一旦停止をせずに進んだので交差点内で左側からきたバイクと接触してしまいました。 私の時速は30キロ程度です。...

  • 人身事故 行政処罰。今から相手にそれなりの処罰を受けさせる方法はありませんか?

    昨年の11月に玉突き事故の被害に遭い全治二週間の診断書を警察に届けましたが 今だに完治する見込みがなく休職状態です 警察に問い合わせしたところ加害者は原点2点だけの処分だけとの事でした こちらは自費で検査等をしていてじゅうぶんな補償もしていただけなくて悔しいです 今から相手にそれなりの処罰を受けさせる方法はありませ...

  • 交通事故加害者。

    交通事故加害者です。 首都圏・横浜で刑事処分や行政の事で加害者の相談にのってくれる弁護士事務所を教えて下さい。 よろしくお願いします。

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通犯罪に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

交通違反の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  2. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  3. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  4. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  5. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...
  6. ゴーン氏、家族と面会できず、弁護士も立ち会...
  7. 元AV女優・麻生希、覚せい剤で実刑判決…別の...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。