人身事故。略式裁判でも免許取り消しになるのでしょうか?

略式裁判でも免許取り消しになるのでしょうか?
マクドナルドさん
2014年04月12日 19時10分

みんなの回答

弁護士A
弁護士が同意1
ありがとう
略式裁判でも免許取り消しになるのでしょうか?

略式というと罰金ですので刑事処分です。
免取は行政処分ですので,刑事処分と別物です。
直ちに免取と連動しません。

2014年04月12日 19時16分

この投稿は、2014年04月12日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

道路交通法違反で逮捕され前科が付くケースと否認などの対処法

不注意や慢心により交通違反を犯してしまうこともあるかもしれません。交通違反をしてしまった場合には点数が加点され、所定の点数を満たすと運転免許...

無免許運転やその幇助に対する罰金や懲役と逮捕・裁判の流れ

運転免許を取得していない、または免許の有効期限が切れている状態で自動車を運転すると無免許運転となります。無免許運転は非常に危険な行為として厳...

内定が取り消された場合の対処法と不当な取消しと認められるための基準

内定は、会社が一方的に取り消すことができると考える人もいますが、そうではありません。取消しの理由が不合理なものであれば、内定取消しが無効にな...

裁判離婚 - 離婚訴訟を起こすための必要条件や流れ・期間・費用について

裁判離婚とは、離婚訴訟(離婚裁判)で離婚を成立させることを指し、協議離婚や調停離婚、審判離婚のいずれでも離婚が成立しなかったときに取る離婚請...

スピード違反によって逮捕され裁判となるケースと罰金や反則金制度について

車やバイクなどを運転していると多少なりともスピード違反をしてしまうこともあるでしょう。制限速度をわずかに超えただけでは問題になりませんが、大...

この相談に近い法律相談

  • 既判力について。前回裁判の既判力は存在するのでしょうか?

    前回裁判の既判力は存在するのでしょうか? 前回社長個人に対して裁判を起こし、敗訴し、今裁判で法人である会社を訴えました。 この段階で請求対象が個人と法人でことなるため以下の項目が適用されるかどうか教えてください。 ①前回裁判の既判力が及ぶか ②会社の性質上法人で裁判しても個人裁判と当事者は同一であるため、今裁...

  • 事件判決後の他裁判について

    事件判決後に行われた他の裁判で 当事者が裁判で「前の裁判での主張は嘘でした。」と自供した場合、 前の判決が優先されるのか? 当事者の自供が優先されるのか? 法律を優先する法治国家として、当事者が後から自供しても裁判官は知らんぷりでしょうか? 認めると、以前判決した裁判官は審理能力が問われるかと思いますが・・ ...

  • 即決裁判判決結果について

    中国人女性が、①偽造在留カード収受未遂、②オーバーステイで起訴されました。裁判は即決裁判になるとのことです。 そこで先生方に質問です。 即決裁判で、1年以上の懲役又は、禁錮などの刑になる可能性はあるのでしょうか?判決は必ず執行猶予付きになるという認識です。1年以上の懲役又は、禁錮の刑は、執行猶予付きであっても...

  • 最高裁判所裁判官の白木勇裁判官が今回の衆選挙と同日に行われる裁判官審査で罷免されるのでは?

    最高裁判所裁判官の白木勇裁判官が今回の衆選挙と同日に行われる裁判官審査で罷免されるのでは? 大阪寝屋川市児童虐待殺人事件では加害者側を裁判院制度での判決で懲役15年・高裁でも懲役15年となったものの、あろうことか白木勇裁判官(最高裁判所)は、大幅に減刑した判決を出しています。 世論の物議では白木勇裁判官の衆院...

  • 公判日(判決日)の問い合わせについて

    近く「無免許運転」(2回目歴)で検挙、在宅起訴された友人の裁判が始まりそうなのですが、判決日に裁判を傍聴したいと思っております。 公判日や判決日など、該当裁判裁判所に電話等で問い合わせしても回答してもらえるものなのでしょうか?? 被告の人権、権利保護上、やはり無理でしょうか??

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通犯罪に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

交通違反の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 警察の取調室「スマホの持ち込み禁止」に根拠...
  2. 無許可ドローンで逮捕「公園なら飛ばしていい...
  3. 大相撲の「座布団投げ」は罪に問われるのか?...
  4. Hey!Say!JUMPツアー中止 ファンの「迷惑行為...
  5. 間違った使い方してるかも?旅館で見かける「...
  6. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  7. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。