交通違反について。不服申し立ての対象になりますか?

本日、一旦停止の取り締まりを受けました。歩行者用信号のある狭い道路から一旦停止せず大通りを横切りました。歩行者用信号は青でした。その交差点には一旦停止の標識があったのですが、知りませんでした。再度、同じ道を通って見たところ止まれの標識は木の影に隠れて見えませんでした。木を通り越えた5メートルほど先に標識がありました。標識自体はしっかり見えたのですが、5メートルほどしかないのに標識まで目に付きません。また、道路に止まれとありましたが、かすれてて見にくい状態でした。不服申し立ての対象になりますか?
2013年10月26日 22時47分

みんなの回答

本橋 一樹 弁護士
ありがとう
一時停止の標識があるのであれば、ご相談者が通行した道路は優先道路ではないということになります。
そうすると、交差点前で徐行義務がありますので、5メートル前の標識でも停止は出来るはずであるという結論になりましょう。

2013年10月26日 23時41分

この投稿は、2013年10月26日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

道路交通法違反の前科が付くケースと対処法

不注意や慢心により交通違反を犯してしまうこともあるかもしれません。交通違反をしてしまった場合には点数が加点され、所定の点数を満たすと運転免許...

信号機のある交差点の事故で過失割合を判断するときに重要なポイント

交差点は人や車が慌ただしく行き交うため、交通事故が発生しやすい場所といえます。では、信号機のある交差点で事故が発生した場合、過失割合の認定に...

この相談に近い法律相談

  • 横断歩道歩行者妨害取り締まり

    先日、片側1車線の2車線道路で、横断中の歩行者を妨害したとして違反切符を切られました しかしながら、下記状況で妨害してない事を説明し、サインはせず供述調書を作成し、同日は終わりました 状況 片側1車線の2車線道路を交差点赤信号停止後発信走行 約50m先に信号の無い横断歩道有り 対応車線は信号渋滞で、横断歩道を...

  • 【交通事故の過失割合】丁字路の四輪車と自転車の事故について

    http://www.fastpic.jp/images.php?file=5890671201.gif 丁字路の交通事故の過失割合について教えて下さい。 このように片側2車線の道路に一時停止線付の狭路があり、丁字路として存在しています。 信号機は狭路から侵入する際にはありません。歩道のみに対して信号があります。 ■加害者:四輪車 ■事故:自転車は図の左側の...

  • 横断歩道停止位置(道交法)

    信号機のない交差点で、横断歩道手前に「止まれ」があったとします。 この場合の自動車の停止位置は横断歩道手前の止まれの停止線ですか。そこで止まると交差点付近でクルマが通過するか確認できないため、交差点ぎりぎりで一時停止していましたが、本来は違反ですか。 正しい止まり方は、横断歩道手前の停止線で止まり、交差点では徐...

  • 道路工事の時の信号機に従わないといけないのか?

    道路工事の時に業者が仮の信号機(秒数が出て青になったり赤になったりする)を道路の片側に置いて、対向車と衝突しないように図らっていますが、あの信号機に従わないと道路交通法違反とかになりますか?反則金や点数加点はありますか?

  • 二車線道路で右側歩道に横断歩道を渡ろうとしている人がいる場合

    二車線道路(片側一車線)走行中です。 前方に横断歩道があります。 右側歩道にその横断歩道を渡ろうとして 立っている人がいます。 ①横断歩道手前で一旦停止する義務はありますか  (反則切符は切られますか?) ②道路交通法では 道路交通法 第3章 車両及び路面電車の交通方法  第6節の2 横断歩行者等の保護のための...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通犯罪に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

交通違反の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 痴漢を目撃、自分で捕まえると「ケガ」や「間...
  2. パチスロ店、伝説の「4号機」を設置して摘発...
  3. 終電がまさかの運休! 鉄道会社にタクシー代...
  4. 障害者を襲う「性暴力」の三重苦 被害にあっ...
  5. 警察の取調室「スマホの持ち込み禁止」に根拠...
  6. 無許可ドローンで逮捕「公園なら飛ばしていい...
  7. 大相撲の「座布団投げ」は罪に問われるのか?...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。