傷害罪と暴行罪の違いについて

私は暴行の被害にあいました。病院で加療10日を要する顔面打撲と頸部捻挫の診断を受け被害届けを
提出しました。
検察官から「傷害罪と認定し略式起訴した」と口頭で聞いていたのですが、後日確定記録閲覧で起訴状をみたら暴行罪になってました。傷害罪から暴行罪に格下げになることはよくあることなのでしょうか?また理由はどのようなことが考えられるのかご案内頂けませんか。
よろしくお願いします。
2016年01月12日 07時31分

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
弁護士が同意2
ありがとう
>傷害罪から暴行罪に格下げになることはよくあることなのでしょうか?

格下げされることはあり得ますが、それほど多くないかと思います。

>また理由はどのようなことが考えられるのかご案内頂けませんか。

検察の個別の判断ですので絶対とはいえませんが、怪我をしたことの証明が難しいと判断したのか、障害の結果まで起訴して罪に問うほどの事案ではないと判断したのではないかと思われます。

2016年01月12日 07時34分

西田 広一
西田 広一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府3
弁護士が同意2
ありがとう
後日確定記録閲覧で起訴状をみたら暴行罪になってました。傷害罪から暴行罪に格下げになることはよくあることなのでしょうか?また理由はどのようなことが考えられるのかご案内頂けませんか。

 時々あります。大した傷害ではないとき、傷害があったこと自体乃至傷害に至る因果関係が何らかの事情により立証が難しいときなどに、暴行罪で起訴するときがあります。

2016年01月12日 07時36分

弁護士A
ありがとう
 骨折や裂傷の場合にはレントゲン写真や負傷部位の写真などによって負傷の事実を客観的に証明できます。
 他方、頸椎捻挫や打撲傷の場合、被害者の疼痛の訴え以外には負傷の明白な証拠が存在しない場合もありますので、被告人が刑事裁判において「負傷」の事実を争った場合、検察官が立証に困るケースもあり得ます。
 検察官としては、そのあたりも考慮して、暴行罪とするにとどめたのかもしれません。

2016年01月12日 18時37分

武田 健太郎
武田 健太郎 弁護士
ありがとう
> 傷害罪から暴行罪に格下げになることはよくあることなのでしょうか?

 格下げになることもありますが、多くはないかと思われます。


> また理由はどのようなことが考えられるのかご案内頂けませんか。

 傷害結果を問うには重いときや,因果関係の立証が困難な場合が考えられると思われます。

2016年01月13日 17時38分

この投稿は、2016年01月12日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「性病うつす」「日本刀ふりまわす」暴行罪や傷害罪にあたる特殊なケースを解説

「暴行罪」や「傷害罪」というと、人を直接殴ったりしてケガを負わせるケースなどを想像する人も多いと思いますが、被害者に接触しないケースで暴行罪...

暴行罪の構成要件と事例 - 何が暴行か?どこからが暴行罪か?

暴行の典型的な例は、人を殴る、蹴るといった暴力行為ですが、暴行罪における「暴行」には幅広い内容が含まれます。ここれではどうしたら暴行罪が成立...

暴行罪の懲役・罰金の量刑相場と逮捕・勾留・起訴の流れや対処法

暴行罪は、文字通り人に暴行を加えた場合に成立しますが、怪我をさせるには至っていないため、比較的軽い罪となります。ここでは、暴行罪ではどのよう...

暴行事件・暴行罪での慰謝料と示談金の相場

暴行事件を起こした加害者は、被害者に対して損害賠償の責任を負うこととなります。たとえ暴行罪として起訴されない場合でも、暴行したことが事実であ...

傷害事件の被害に遭った際の被害届や告訴、慰謝料請求について

言い争いの末に一方的に殴られる、酔っぱらいから理由もなく暴行を受けるなど、暴行事件に巻き込まれたら、その理不尽さを許すことはできないでしょう...

この相談に近い法律相談

  • 傷害事件で加害者を厳しく訴追するためには

    傷害事件で被害を受け辛く悔しい思いをしております。 どうかみなさまご教授の程よろしくお願い致します。 相手から一方的に暴行を受け、全治3ヶ月以上の怪我を受け、1ヶ月以上の入院、手術を受けました。 その後、後遺症が残り現在も通院生活をしています。 警察には被害届けも出し、告訴状も提出しました。 今後厳しく訴追したく...

  • 被害者の心証が極めて悪い場合について

    軽微な犯罪行為があった場合で、加害者が加害行為を認めず被害者に対して反抗的な態度をとっている場合、加害者側の措置がどうなるかについてお聞きします。 軽微な犯罪(暴力ではなく、言葉やイジメによる心的外傷)で警察が動き、書類送検になった事案において、加害者側が加害行為を全く認めず、罪の意識もなく、むしろ、「被害者が警察に被害届...

  • 障害事件の診断書は本当か

    今日、検察に行ってきました。内容は障害事件です。自分は加害者で口論の際に右手で相手の左胸を少し押した程度だったんですが、被害者側が加療10日の診断書をもってきました。ここのところが納得できなかったので、検察には本当に手で押しただけと主張したことから、病院に確認をとってくれるといわれましたが、病院は本当のことは言っ...

  • 傷害暴行事件の加害者でもある私は被害者にもなり得ますか?

    傷害暴行事件の加害者でもある私は被害者にもなり得ますか?  暴行されている女性を救出するため暴行を加えていた男性と口論の末、相手の挑発に乗り、私が先に平手打ちをしてしまいました(一見では怪我らしい症状はありません)。結果、この男性から被害届乃至は告訴され、供述書を作成されたうえで、検察の処分を待っている状態です...

  • ある暴行障害事件の加害者として被害届を出されました。

    私は40代医師で某総合病院に勤務しておりますが、今年初頭に部下の研修医に対して、業務上のことで厳しく叱責しました。 それについて研修医が反抗的な態度と暴言をはいたため、腹を立てかなり激しく叱責しました。 騒ぎになったため,周囲の人間に仲裁に入られる形となりました。 夜間の出来事でありましたが、翌日、件の研修医は...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

暴行・傷害に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

暴行の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 被害者支援、制度を使ってなぜ「つらさ」は増...
  2. 「アサヒカメラのカメラマン」名乗り、痴漢は...
  3. 「海外に売り飛ばすぞ!」風俗スカウト会社か...
  4. 「レオパレスを建築基準法違反で捜査して」 ...
  5. 「自分好みの髪の毛だった」 夜行バスで女性...
  6. 北九州最大の「ソープ」を摘発、なぜここだけ...
  7. 泥酔→タクシー無賃乗車、「本当になにも覚え...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。