情報公開

公開日: 相談日:2014年06月24日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

被害者や加害者は検察に起訴猶予事件の情報を開示請求できますか?代替性のある証拠は開示しないと言いますが、加害者が暴行をしている際の写真(被害者が撮影したもの)はどうなりますか?被害者がデータを持っているのだから代替性はある場合もあると思えますが、被害者が原本を検察に提出しコピーせずもっていないか、紛失した場合もあると思います。。

262169さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都10位
    タッチして回答を見る

    「被害者や加害者は検察に起訴猶予事件の情報を開示請求できますか?」
    →不起訴になった刑事記録については,開示請求しても原則として認められません。

    例外的に開示が認められるのは,交通事故の場合の実況見分調書等,代替性のない客観証拠です。法務省のHPで解説されています。

    http://www.moj.go.jp/keiji1/keiji_keiji23.html

    上記解説によると,被害者が,暴行の被害による損害賠償請求訴訟を予定していて,加害者が暴行をしている写真について,被害者の手元にはなく,被害者が開示請求をした,という場合には,開示が認められる可能性があるかもしれません(実務的には,かなり厳しく運用されている印象ですが)。

    一度面談の上で正式に弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

  • 相談者 262169さん

    タッチして回答を見る

    起訴猶予案件の証拠を、加害者が開示請求した場合(どんな証拠で嫌疑がかけられたのか知りたい場合)は認められないのですか?

  • 弁護士ランキング
    東京都10位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    加害者による開示請求の場合,被害者による開示請求と比べても認められにくいと思います。被害者の場合には,加害者に対する損害賠償請求の必要がありますが,加害者にはそれがないからです。

    どんな証拠で嫌疑がかけられたのか知りたい,という理由では認められないでしょう。

この投稿は、2014年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから