赤信号見落としで人身事故 検察庁に関して

公開日: 相談日:2018年05月18日
  • 2弁護士
  • 7回答
ベストアンサー

当方が加害者で、過失割合100対0です。
赤信号の見落としで侵入しました。
青信号で走行中の自動車にぶつかり赤信号で対向に停まっている車に当たり停止。

各二台には同乗者がいません。運転者二人から人身届けが出されてます。10日と14日の頸椎捻挫の安静加療です。保険会社が示談交渉中です。

警察の調書は終わり次は検察庁の呼び出しを待つ身です。業務運転過失致傷罪により、免停60日との事です。又40キロ制限の所40〜50キロで走行してた。と調書にサインしました。

事故後、保険会社の方に被害者の方にお詫びに伺う事をお伝えしたところ、面会はやめた方が良い。との事で連絡だけとなっています。1台目の方からは、事故に対して許して頂ける発言を頂いてます。

2台目の方には、事故発生現場に後から合流し被害者と話しをした加害者家族からの電話でのお詫びの一回のみです。本当に申し訳ない気持ちで一杯ですが、私からの電話はその家族より止められております。

事故後運転が怖くなり必要最低限しか使用しておりません。又私が起こした事故により、怪我をさせてしまったという申し訳無さで毎日苛まれております。その気持ちは2台目の方にはお伝えできてないままです。

今の状況で検察庁に呼ばれた場合は、処罰と罰金はどのくらいでしょうか?二台も絡んだ事故となり処罰にとても恐怖を感じてます。又スピード違反も加わりますか?

今から出来る検察庁に向けた対策等ありますか?その時にはどのようなことに注意すれば良いでしょうか?

又2台目の方が1台目の方にも処罰を望む。と警察に伝えた場合、許して頂いている1台目の方にはどんな処罰等のご迷惑をお掛けすることになるでしょうか?

又被害者の方の治療が長引いた場合、被害者の方々が警察には診断書を追加せずに保険会社対応で治療を受けてる期間が長くなった場合、刑事罰や免許点数は重たくなりますか?

663106さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    大阪府10位
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    罪名は過失運転致傷罪でしょう。
    制限速度より10キロ程度の超過で、過失運転致傷罪以外に別途立件することはまず考えられません。

    多重事故とはいえ、怪我については軽傷の部類のようですから、不起訴(起訴猶予)の可能性も十分あります。
    不起訴にならないとしても、略式起訴からの罰金刑止まりで、通常、公判請求(起訴)される部類の事故ではないように思われます。

    なお、一般に、警察提出用の診断書記載の治療期間はごく短いものになることもあり、かかる診断書記載の治療期間と、実際の治療期間が不一致となることは、むしろ通常のことです。実際の治療期間が3ヶ月だとかもっと長くなったからといって、それだけで刑事処分が重くなるというものでもないです。
    刑事事件の関係では、事故直後の診断書だけで怪我の程度を判断するのがほとんどであって、御記載の事故であればそれ以外に追加の捜査や診断書が問題となる可能性は事実上ないでしょう。

    > 又2台目の方が1台目の方にも処罰を望む。と警察に伝えた場合、許して頂いている1台目の方にはどんな処罰等のご迷惑をお掛けすることになるでしょうか?
    より詳細な事故状況にもよりますが、少なくとも刑事事件の関係では、1台目の運転手には過失が全くないかあってもごくわずかで、本件で起訴等される可能性はまずないでしょう。

    刑事事件の関係で、あなたがするとすれば、謝罪です。
    任意保険会社は、窓口が複数になってもよくないとのことで、控えるように求めることも多いですが、刑事事件の関係だけを考えれば、きちんと謝罪すべきということにもなります。
    ただ、怪我の程度もそれほどでない本件では、そこまで重要ではないともいえるでしょう。

  • 弁護士ランキング
    佐賀県1位

    大和 幸四郎 弁護士

    注力分野
    犯罪・刑事事件
    タッチして回答を見る

    > 今の状況で検察庁に呼ばれた場合は、処罰と罰金はどのくらいでしょうか?
    @初犯なら、罰金50万円程度でしょうか。
    上記のような状況であれば、検事調べの時に、反省の意を示されと良いでしょう。

  • 相談者 663106さん

    タッチして回答を見る

    回答頂き本当に助かります。有難うございます。

    警察に確認しましたら、免停60日は仮の話しだったそうです。後日判断と言われました。違反なしの初犯です。罰金50万と高額で驚いております。


    追加で質問です。

    1)無知で教えて頂きたいのですが、不起訴(起訴猶予)の場合は罰金は無いのですか?それは検察庁に出向いた後に、いつのタイミングで知ることが出来るのですか?

    2)検察庁に行く際に被害者との人身での示談が成立してる場合、示談がまだの場合は嘆願書が効力を発揮すると聞いたのですがいかがでしょうか?

    1台目の方からは嘆願書を書いて頂けそうです。被害者一人分だけでも効力を発揮しますか?

    又1台目の方は警察の調書でも私に処罰を望まない。と伝えて下さったそうです。その場合は検察庁にその方からの嘆願書を出しても効力は無いでしょうか?

  • 弁護士ランキング
    大阪府10位
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    罰金等の刑事処罰がないのが、不起訴です。

    略式起訴や公判請求(起訴)された場合は、書類がとどきますが、不起訴の場合は、通常、どこからも連絡がもらえません。連絡がなく知らないうちに、実は不起訴となっていたというのが通常です。

    被害者の嘆願書があれば、ある程度は有利な方向に働きます。全く効果薄とまでは言えないし、劇的な効果があるとまでも言えない、その程度の話です。

    被害者の全部であろうが一部であろうが、被害者の嘆願書があれば、一定の効果が見込めることに変わりはありません。
    供述調書で既に処罰を求めないとなっておれば今更と言うことにはなりますが、それでもなおある程度は効果があります。

    ただ、既に上の回答で述べたとおり、被害者の怪我の程度も軽度のようですから、多重事故でもなお不起訴(起訴猶予)の可能性があります。
    仮に、不起訴とならず、罰金刑となるにしても、それほど多額の金額にはならない可能性も十分あります。

    そもそも、軽傷の事故であれば、検察庁からの呼び出しがあるかどうかも分からず、警察の取調べだけで不起訴(起訴猶予)となる可能性もあります。
    あまり深刻になりすぎないでよいでしょう。

  • 弁護士ランキング
    佐賀県1位

    大和 幸四郎 弁護士

    注力分野
    犯罪・刑事事件
    タッチして回答を見る

    > 1)無知で教えて頂きたいのですが、不起訴(起訴猶予)の場合は罰金は無いのですか?
    @はい。
    それは検察庁に出向いた後に、いつのタイミングで知ることが出来るのですか?
    @検察庁に尋ねることなるでしょう。
    > 2)検察庁に行く際に被害者との人身での示談が成立してる場合、
    @効力があるでしょう。
    示談がまだの場合は嘆願書が効力を発揮すると聞いたのですがいかがでしょうか?
    @被害者の嘆願書であれば有効でしょう。
    また、示談書がなくても対人無制限の任意保険に入っていれば、大丈夫でしょう。
    念のため、保険会社に示談の進行状況を尋ねられるとよいでしょう。

  • 相談者 663106さん

    タッチして回答を見る

    不明点ばかりなので、回答頂けて助かります。有難うございます。

    調べると、不起訴だと前歴。略式起訴だと前科が残るのですね。自分が犯したことの重大さに反省の気持ちで一杯です。不起訴を願うばかりです。

    又質問です。
    前歴や前科が残った場合、今後の生活にどのような支障がありますか?

    検察庁に呼ばれた場合には出頭日まで日にちの余裕はありますか?
    検察庁に呼ばれてから、示談が成立していなければ嘆願書を依頼しようと思うですが日数の余裕がなければ事前にお願いしといた方が良いでしょうか?

    ⚫︎検察庁に呼ばれた際に
    〈@被害者の嘆願書であれば有効でしょう。
    また、示談書がなくても対人無制限の任意保険に入っていれば、大丈夫でしょう。〉

    ↑対人無制限の任意保険に入っています。示談が成立していなくてもそちらを証明できる書面を持参すれば有効なのですね。それと合わせて嘆願書を持参すればより効力が高いのでしょうか?

    示談が成立している場合には、嘆願書があっても効力は変わらないでしょうか?

  • 相談者 663106さん

    タッチして回答を見る

    補足です。

    2台目の方は、事故の被害にあやかろうとしてるのが感じられる。との事で、私から連絡をしないようにと家族に言われております。
    検察庁の方に、電話連絡一回のみの理由を問われたりしますか?この点は言わない方が良いでしょうか?

    二台目の方とは、物損の方は金額は折り合いがついて、修理が完了次第示談に向けて交渉中ですが、人身の示談はスムーズに行くか不安があります。何かあれば保険会社の方より連絡して頂くようにお願いしています。被害者の方からはまだこちらに直接連絡はありません。

    警察の方より人身届けを持って来られた時には、「出さなくても良いぐらいやけど何かあったらあかんから」と言うことで持ってこられたそうです。

    供述調書でもその方の怪我の具合を尋ねた所、「保険会社に止められてるんですか?連絡してみたら?」との返答で事故に対して怒ってないのかな。とも解釈出来きそうでした。

    本来なら謝罪をきちんとしたいのですが、私には交渉術が無く話がこじれたら対処が出来ないとの部分で連絡をしておりません。
    その方が弁護士を使ってきたらとの恐怖も感じております。

  • 弁護士ランキング
    佐賀県1位

    大和 幸四郎 弁護士

    注力分野
    犯罪・刑事事件
    タッチして回答を見る

    > 前歴や前科が残った場合、今後の生活にどのような支障がありますか?
    @大雑把にいうとあまり心配ないでしょう。
    > 検察庁に呼ばれた場合には出頭日まで日にちの余裕はありますか?
    @あります。
    > 検察庁に呼ばれてから、示談が成立していなければ嘆願書を依頼しようと思うですが日数の余裕がなければ事前にお願いしといた方が良いでしょうか?
    @早い方が良いと思います。

  • 弁護士ランキング
    佐賀県1位

    大和 幸四郎 弁護士

    注力分野
    犯罪・刑事事件
    タッチして回答を見る

    > ↑対人無制限の任意保険に入っています。示談が成立していなくてもそちらを証明できる書面を持参すれば有効なのですね。それと合わせて嘆願書を持参すればより効力が高いのでしょうか?
    @そう思います。
    > 示談が成立している場合には、嘆願書があっても効力は変わらないでしょうか?
    @多少変わりあると思います。

  • 弁護士ランキング
    大阪府10位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    既に述べたとおり、本件程度の軽微事故であれば、検察からの呼び出しもなく不起訴(起訴猶予)となる可能性も十分あります。
    嘆願書を被害者に書いていただけるのであれば、早めにもらっておくべきというのが一般論にはなりますが、本件であれば嘆願書を出すまでもなく不起訴(起訴猶予)となるようにも思われます。

    > その方が弁護士を使ってきたらとの恐怖も感じております。
    一般にはむしろ逆で、弁護士が介入してもらえれば、仮に事故当事者がややこしい人物であったとしても、以降は冷静かつ円滑な話し合いが行われることになるとして、歓迎すべきということにはなります。
    ただ、現時点で、相手方から直接連絡が来て不当な請求を受けているとか、そのような事案ではないわけで、心配しすぎるのは却ってよくないでしょう。

    交通の罰金前科があれば、今後さらに別の人身事故を起こした場合の処分に若干影響する可能性がありますが、逆に言えばその程度です。
    繰り返しになるますが、そもそも本件事故程度であれば不起訴(起訴猶予)となる可能性から考えるものです。

  • 相談者 663106さん

    タッチして回答を見る

    弁護士の方々にご返答頂け本当に助かりました。未知の世界の事で不明点ばかりで不安でしたが、貴重な情報を頂き気持ちが少し楽になりました。本当に有難うございました。

    ベストアンサー迷いましたが「現時点で不当な請求を受けている事案でなければ心配しすぎるのはよくない。」と御回答頂きました松本弁護士にさせて頂きます。又不起訴の可能性が高いとの回答も含め安堵致しました。

    今後安全運転を心がけ、事故に対して心配し過ぎないように不起訴を願いつつ罰金も覚悟しながら時が来るのを待とうと思います。

    大和弁護士、松本弁護士、お二方とも本当に有難うございました。

この投稿は、2018年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから