人身事故、検察官の取り調べについて

人身事故の加害者です。
先日、検察庁から呼び出しがあり、事故状況などについてお話をしてきました。
帰宅後、言っておけばよかったと後悔していることがあります。
いまからでも、言えるものでしょうか?また、言った場合、罰金額に影響はありますでしょうか?
言いたいことは、以下3点です。
「日没後で相手が無灯火」
事故原因を聞かれ、わたしの安全確認義務を怠ったことのみお伝えしました。
警察での実況見分調書には、無灯火のことは書いてあります。
ライトがついていれば、相手の車に気が付いたのでは、と内心思っています。検察官の方にもしっかりと無灯火を伝えればよかったでしょうか。取り調べでは無灯火の話はいっさい出ませんでした。
「物損価格について納得してもらっていないので示談していない」
示談しているか聞かれ、過失割合に納得してもらっていないので、まだ示談していないと述べてしまいました。実際は過失割合は納得してもらっています。
「行政処分6点、違反者講習」
行政処分について聞かれ、30日の免停と答えました。検察官の方は、免停処分者講習と思っています。
しっかりと6点とお伝えするべきでしたしょうか。6点ということは行政処分では、専ら以外と判断してくれたということになります。
車対車の右直事故で全治3週間。検察官の方からは20万~30万の罰金になりますと言われています。
2018年03月02日 01時11分

みんなの回答

吉田 英樹
吉田 英樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府1 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ありがとう
警察の実況見分調書には無灯火の事実が記載されていること、物損については示談が成立していないこと、行政処分という制裁は受けたこと自体については、伝わっておりますので、罰金の金額に大きな影響はないかとは思います。もっとも、ご心配であれば、弁護人が選任されていれば、このような事実をFAXなどで、念のため検察官に伝えたりもしますので、お手紙や、FAXなどで、簡単に伝えておいてもいいかもしれませんね。

2018年03月02日 08時50分

この投稿は、2018年03月02日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

人身事故・死亡事故での過失運転致死傷罪や危険運転致死傷罪の成立と逮捕された場合の懲役や罰金の相場

車を運転していて人身事故を起こしてしまったら、逮捕されるのではないか、刑務所に入れられるのではないか、と不安になることもあるでしょう。ここで...

死亡事故加害者の刑事手続きや行政処分の結果を遺族が知る方法

交通事故で大切な家族を亡くした場合、加害者がどのような処罰を受けるのか知りたい遺族の方もいるでしょう。加害者がどのような刑罰や行政処分を受け...

この相談に近い法律相談

  • ひき逃げて捜査されてます。質問に回答をお願いします。

    今年の3月に交通事故を起こしました。その際相手は自転車で私は車です。事故当時私はその被害者に当たったとは気づきませんでした。しかし物音がして横を見るとミラーの、角度が変わっていて、後ろを確認すると自転車にまたがった人がいました。200mほど過ぎてから、その人に当たったのでは?と思い戻りましたが、被害者はいませんでし...

  • 人身事故(加害者側)の今後の刑事・行政処分について

    人身事故を起こしてしまい、事故当日の現場検証にて、警察官の方から人身になれば1ヶ月程度で警察から連絡があり再度話を聞くことになると伺っておりました。 毎日後悔と懺悔、不安で日々過ごしておりましたが警察の方から連絡がなく、電話問い合わせをしたところ 「被害者の方の提出された医師の診断書が3週間であるため、事故当...

  • 当たっていないのに人身事故扱いで検察庁に3度目の呼び出し

    今年の5月に当方の自動車と相手の自転車と接触はしてないのですが事故扱いになり、調書等を取られ検察庁のほうにも呼び出されました。 一度目は罰金命令を受けたのですが、その後2度目の呼び出しで事故のときの状況確認をしたいとの事でした。 その後4ヶ月後に3度目の検察庁からの呼び出しがありました。 この場合は、罰金刑の処...

  • 人身事故の警官の発言について

    駐車場で物損から人身事故に、実況見聞の後、警察官に私の処分について聞いたら。 『診断書は14日ぐらいだったから罰金はなし、点数は二点、累積六点だと免停もあるかも』と言われました。 刑事処分はあっても不起訴処分と認識してよいのですか?

  • ご質問です。

    お忙しいところすみません。 不明な点が多数あり、色々不安なので教えていただければ幸いです。 【状況】 ■昨年9月上旬に、酒気帯び運転(0.17)で人身事故(軽傷)を起こしてしまいました。 ■在宅事件です。 ■被害者の方との示談は成立してます。 【ご質問】 ①先日、意見聴取に呼ばれて処分を受けましたが、免停の前歴が2回あ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通犯罪に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

人身事故の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 泥酔→タクシー無賃乗車、「本当になにも覚え...
  2. 子どもに「自画撮り」要求する行為に懲役刑も...
  3. 更衣室なく裸の子も…「じゃぶじゃぶ池」で幼...
  4. 「漫画村出張所」運営の男性逮捕、「闇金ウシ...
  5. 客室乗務員、客から「盗撮被害」が6割 逆上...
  6. 「これは売春だ」 ホテルで偽の「警察手帳」...
  7. 痴漢を目撃、自分で捕まえると「ケガ」や「間...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。