弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

住居侵入罪

住居への不法侵入した罪と逮捕された場合の刑罰

理由なく他人の住居の敷地内に侵入すれば、住居侵入罪として犯罪に当たります。住居侵入罪自体は比較的軽微な犯罪ですが、多くの場合、他の犯罪を伴い、より重い犯罪が発覚する可能性もあります。

目次

  1. 住居侵入罪とは
  2. 住居侵入罪の量刑相場
  3. 逮捕後の処遇
  4. 住居侵入罪での示談と不起訴

住居侵入罪とは

住居侵入罪とは、正当な理由がないのに、住人の許可なく敷地内に入り込むことで成立する犯罪です。建物の中だけでなく、庭先でも住居侵入罪は成立します。

住居侵入罪となれば、3年以下の懲役または10万円以下の罰金が科されます。

住居侵入罪自体はそれほど重い罪ではありません。しかし住居侵入は、盗撮やのぞきも同時に行っていたり、窃盗をしていたりする場合が多いため、携帯電話や持ち物を検査することで、余罪が発覚する可能性があります。

もし、窃盗罪など、住居侵入罪よりも重い罪を同時に犯した場合には、より重い罪の刑罰を科されることとなります。

住居侵入罪の量刑相場

住居侵入罪として逮捕・起訴された場合は、実際にはどの程度の量刑(諸々の事情を考慮して刑罰を決めること)となっているのでしょうか。

住居侵入罪では、有罪判決のうち、およそ60%が懲役刑、40%が罰金刑となっています。懲役刑の刑期は、1年から2年未満がおよそ57%、6か月から1年未満がおよそ40%となっています。また、罰金刑の場合には、ほとんどが10万円となっています。

初犯であれば罰金刑、軽い犯罪の前科があれば執行猶予付きの懲役刑、重罪での前科や複数の前科があれば実刑、といった相場観となるでしょう。

逮捕後の処遇

多くの刑事事件では、逮捕後に送検、勾留(身柄拘束)、起訴と進むのですが、住居侵入罪の場合には、逮捕後送検されず、口頭注意などですぐに釈放されるケースが1割ほどあります(微罪処分と言う)。

送検されたケースでは、およそ89%が勾留されています。これは非常に高い割合ではありますが、他の犯罪に比べると低い水準です。

勾留の目的は、逃亡や証拠隠滅の防止にありますが、実際のところ罪を認めて反省していても、弁護士が付いていないと勾留されてしまうケースがほとんどです。住居侵入罪は軽微な犯罪であり、勾留の割合が低いため、弁護士に勾留阻止を依頼すれば、釈放される可能性が高いと考えられるでしょう。

勾留後は、検察が起訴するかどうかを判断します。住居侵入罪の起訴率は、およそ43%となっています。

住居侵入罪での示談と不起訴

住居侵入罪は、被害者との間で示談が成立していれば、不起訴処分となる可能性が高く、前科が付かずに済みます。前科がある場合でも、示談が成立すれば執行猶予を獲得できる可能性は高いでしょう。

住居侵入罪が軽微な犯罪とはいえ、被害者は加害者に対して恐怖を抱くものです。刑事事件での示談は、弁護士を通して行うことが一般的ですので、弁護士に依頼して交渉に臨むとよいでしょう。

このページのタイトルとURLをコピーする

関連記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件を扱う弁護士を探す

住居侵入罪に関する法律相談

  • GPS取り付けての不法侵入罪

    犯罪・刑事事件住居侵入罪

    GPSを取り付け見つかり警察に持参されました。警察から法に触れるかもしれないからと事情を話にいかねばなりません。元夫で、つけた理由は子供と自分の住所がばれないようにしたい(DV等で...

    1弁護士回答
  • 第2回口頭弁論について

    犯罪・刑事事件住居侵入罪

    不法行為による損害賠償請求を簡易裁判所におこしています。 自分が原告で本人訴訟です。 被告の弁護士から「追って否認、反論する」という簡単な答弁書が出され、擬制陳述で第1回口頭弁論...

    4弁護士回答
  • 被害者家族への休業補償について

    犯罪・刑事事件住居侵入罪

    3年前に住居侵入で逮捕され、懲役1年執行猶予3年を言い渡され、まもなく猶予期間が終了します。被害者へ慰謝を支払いして、その後、被害者の母親がパニック障害になり、仕事を休みがちなった...

    1弁護士回答
  • 住居侵入の被害者側が弁護士を雇うことについて

    犯罪・刑事事件住居侵入罪

    住居侵入の被害者です。 窃盗などその他の被害はありません。 加害者に精神疾患があるようで動機もよくわからないのですが、意外にも身元や資力がかなりしっかりしているようで、送致された...

    3弁護士回答
  • 介護における親戚を介入を防ぐ事はできるのか?

    犯罪・刑事事件住居侵入罪

    お世話になります。 現在、祖母が病で入院しておりましたが、自宅介護という結論になり近々家に帰ってきます。そこで、一つ大きな問題がありご相談をさせてください。 問題というのが、祖母...

    1弁護士回答

法律相談を検索する

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件の人気法律相談

  1. 公然わいせつ罪に対する被害届
  2. 傷害事件で被告訴人が犯行否認
  3. 淫行条例の件で、警察から呼び出しを受けました。
  4. 万引きの後日逮捕について。
  5. 初犯で盗撮をしてしまいました。
  6. 携帯の白ロム詐欺にあったのに加害者にさせられた友人がいます
  7. 児童ポルノのダウンロード履歴から逮捕されることはありますか?

犯罪・刑事事件のニュース

  1. フードコートで食事せず、冷水機で「水筒を満...
  2. 5歳児が公道で「ポケバイ」運転して補導…未就...
  3. 「好きな女性」の車にGPS取り付け、監視した...
  4. 小金井ストーカー事件、懲役14年6月に「短す...
  5. 強姦罪、男性も被害対象に…当事者が支援訴え...
  6. 小金井刺傷事件「17年でも短いと思っていたの...
  7. 〈小金井刺傷事件〉判決後に冨田真由さん「今...