詐欺?錯誤?は成立しますか?

公開日: 相談日:2011年05月18日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

ネットでFXの売買サインを出すソフトを購入しました。購入の理由はそのソフト以外にそのHP上で『完全自動化(自動売買)したソフトのモニター権利を特別に差し上げます』と記載してあったためです。私としては後者がメインと考えていました。

しかし、売買サインを出すソフトの中に自動売買ソフトがついていなかったため、販売者に問い合わせたところ、相手側からの返事は、モニター価格で提供するということとまだ自動売買ソフトはテスト中で6月末にならないと提供できないというものでした。


モニター価格?6月末提供?


このHP上にはモニター価格とは一切書いてありません。この中での論点は、『モニター』という考え方かと思います。


一般的にモニターとは無料提供と考え、逆に謝礼が出るもののあります。このHP上の表記に『モニター権利を特別価格で提供します』という表記であれば無論当方の間違いとして認めます。


『モニター権利を特別に差し上げます』という表記では誰もが無料で貰えるものと判断しますが如何でしょうか?


6月末に自動売買ソフトが提供されなければ『詐欺罪』に相当するのかと思いますが・・・


例え、『詐欺罪』ではないにしろ、現況では民法95条の『錯誤』には該当するのではと思いますが、如何でしょうか?


錯誤の場合、当方に重大な過失がなければ契約は無効となるはずですので、自動売買ソフトを有料提供と言い張っている相手に返金して欲しいと求めましたが、返金には応じてくれていません。


よろしくご指導いただきますようお願い致します。

57453さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士 A

    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    差し上げますとあることからして,無料に読めます。
    消費者センターにも御相談になると良いでしょう。

この投稿は、2011年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す