虚偽告訴と詐欺罪等について

検察へ告訴されていましたが不起訴処分となりました。
全て証拠と傍証で対抗しました。
虚偽告訴として損害賠償を請求しようと思ってますが、やっていない証拠がなければ損害賠償金は取れないと聞きます。やっていない証拠など出しようがないのですが、、、
検察官から理由までは教えてくれませんでしたが、文書送付嘱託で開示してもらうという方法で間違っていないでしょうか?
告訴と同じ内容で相手が損害賠償を起こした場合(不起訴処分の内容によると思いますが)は詐欺罪になりますか?
積極的欺罔(虚偽の事実の表示)を原告が証明しなければなりませんか?
b4_9c8dさん
2016年12月07日 20時06分

みんなの回答

萩原 猛
萩原 猛 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県5 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
「虚偽告訴罪」が成立するには、その者が、自ら行った告訴が「虚偽」であるということを認識していなければなりません。「虚偽」だと分かっていながら、告訴した場合に初めて「虚偽告訴罪」が成立します。
 文書送付嘱託を申立てても、不起訴になった刑事事件の記録は開示できません。
「詐欺罪」とは、欺罔行為によって相手を騙し、騙された相手が、騙された結果として、財物等を騙した者等に交付した場合に成立します。民事裁判を起こした原告に詐欺が成立するには、原告が提出した証拠が虚偽の証拠であって、裁判所を欺罔しているということが証明されない限り、難しいでしょう。

2016年12月07日 21時31分

この投稿は、2016年12月07日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

被害届や刑事告訴とは何か?被害届の出し方や告訴を受理してもらうには

不幸にも犯罪被害に遭ってしまったら、加害者を逮捕してほしい、罰してほしい、と思うのは当然の感情です。しかし、「被害届」という言葉は聞いたこと...

勾留の期間や請求期限、必要要件などの基礎知識と勾留を回避し釈放されるための対処法

日常用語と化している「逮捕」に比べて、「勾留」という言葉はあまり知られているとは言えません。しかし、行動の自由を制限される期間の長さから言っ...

従業員による着服・横領事件が起きた場合の刑事告訴や解雇の注意点

従業員が旅費などを不正に申告し、会社のお金を着服していた場合には、被害額の回収やその従業員の解雇をしたいと考えるでしょう。その場合には、恐喝...

器物損壊の被害者となった際にできること - 被害届・告訴や損害賠償請求

車を傷つけられたり、ペットに怪我を負わせられたりした場合には、相手を器物損壊罪として訴えることが可能です。しかし、を現行犯逮捕したり、防犯カ...

起訴されたらどうなるのか?起訴の種類と刑事裁判の流れ

起訴とは、検察官が犯罪加害者の処罰を裁判所に求める意思表示であり、起訴されて初めて刑事裁判が始まります。しかし、「起訴」と名が付いても刑事裁...

この相談に近い法律相談

  • 弾劾証拠の提示方法及び時期について

    損害賠償請求訴訟の原告です。 被告が本人尋問において虚偽の証言をすることが予想されるので,弾劾証拠を示そうと考えています。 1 被告の陳述後に「甲○○を示します」と,事前に裁判所が証拠採用していないものを示せばいいのでしょうか?そうでない場合は,正しい方法をご教授ください。 2 証拠説明書への記載も不要ですか...

  • 偽証罪の告訴状を弁護士に書いて貰うには

    私の起こした民事裁判で被告側の証人が偽証したので、この証人に対し偽証罪で告訴しようと思いますが、この告訴の告訴状を弁護士に書いてもらう場合、どのように頼めば引き受けて貰えますか? また費用はどれぐらい掛かりますか? 偽証罪は起訴されにくいと知っていますが、自分で告訴状を書いてみると、告訴事実が6個にもなりま...

  • 民事訴訟中の刑事告訴について

    貸金返還請求等の民事訴訟の途中で、双方の提出した証拠書類や被害者の証言により、被告の文書偽造や明らかな詐欺行為が発覚した場合(被告自ら初めから騙すつもりで金を出させた等認める証言)、原告は被害届を出したり刑事告訴することができますか。

  • 名誉棄損と不当利得返還

    不当利得返還請求で被告扱いされました。原告は根拠なく、虚偽主張を続け、結局何も根拠を提出せず、こちらの事実が立証された途端、取下げを申入れてきましたが、全てを白紙にしようとする行為には、全く納得いきません。 被告扱いされたこと、精神的損害、経済的損害について、損害賠償は難しい(認められない)と担当弁護士から言...

  • 民事裁判における証明責任について

    民事裁判で原告が「被告の虚偽の指摘により損害を受けた。」と主張して訴えてきた場合、証明責任はどうなのでしょうか? 原告が証明する必要があるのは、 ・被告が指摘したことが虚偽である証明 ・被告の虚偽の指摘で受けた具体的な損害の証明 でしょうか? また被告は、 ・原告が虚偽と主張する指摘が事情である証明 ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

詐欺の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. Hey!Say!JUMPツアー中止 ファンの「迷惑行為...
  2. 間違った使い方してるかも?旅館で見かける「...
  3. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  4. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  5. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  6. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  7. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。