不安でたまりません、助けてください。

公開日: 相談日:2011年03月21日
  • 1弁護士
  • 2回答

私は昨年秋に詐欺の被疑者として警察で事情を聞かれました。

私は以前結婚相談所でアンケートスタッフ(実はサクラでしたが私はアンケートをとる係としか聞かされておらずサクラになっている自覚がありませんでした←詳しい経緯は私の1つ前の質問に書いてあります)としてアルバイトをしていたのですが
会社の社長らが特定商取引法違反で逮捕され、詐欺での立件も視野に入れて捜査中です。

事情聴取から帰る際、警察の方には
「捕まえることは考えていないし、多分今後連絡することもない、もし今後連絡したとしても同じようなアルバイトをしていた人の中から何人かだけで、その時は検察で話を聞かせてもらうだけ」
と言われたのですが
事情聴取の際の調書に
「詐欺の被疑者として事情聴取する」のような旨の文が書いてあったので
私は自覚なしにサクラになり犯罪に荷担してしまったことになりますが、被疑者として警察に調書が存在するということは
私は犯罪者として警察に名前・記録が残っているということなのでしょうか?
そしてこの事件が詐欺での立件が成立したら今後私は逮捕されることはあるのでしょうか?

自覚なしとはいえ、犯罪に荷担してしまい非常に情けなく思いますし、罪悪感だらけですし、犯罪者として警察に記録されていると思うととても苦しいです…。

48950さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    埼玉県10位
    タッチして回答を見る

    貴方が、実際は「お見合い」ではないのに、本当の「お見合い相手」であるかのように装って、会員の人は「本当のお見合い」ができたと思いこんで、その仲介をしてくれた会社にお金を支払っていたとすると、「詐欺」の疑いが顕著ですね。上記の事情を、貴方も承知していたとすると、貴方は詐欺の共犯の疑いがあります。いずれにしても、警察とすれば貴方を詐欺の被疑者とするのは当然でしょう。「被疑者」というのは、犯罪を犯した疑いがある者のことだからです。

  • 相談者 48950さん

    タッチして回答を見る

    回答ありがとうございます。

    先生のおっしゃる通り
    「上記の事情を、貴方も承知していたとすると、貴方は詐欺の共犯の疑いがあります。」
    というのは十分理解しているのですが

    私は、会社側から

    ・なかなか結婚できない人のどこが問題かを知るためのアンケートを取る係
    ・お見合い形式で行い、偽名等を使うがこれは相手の本来の姿を見てどこに問題があるかを知りたいので、アンケートとっていますよと相手に伝えると本来の姿が見えにくいので、相手にはお見合いということにしておくが、後に「あれは実はあなたの本来の姿から問題点を見つけるためのアンケートのためのものだったのですよ」と相手に伝えます

    という説明を受けていたので自分が詐欺とかそんなことの一員にされているなんて知りませんでした。
    このように知らなかった場合はどうなるのでしょうか?
    単に「疑いをかけられた状態のまま」ということですか?

    更に追加で申し訳ないのですが
    調書を検察に送って(書類送検ということでいいのでしょうか?)検察が起訴か不起訴か決定するのにどれくらいかかりますか?
    警察で調書を書いたのは10月上旬で現在までの約半年間何の連絡もないのですが、これは不起訴になったと捉えてよいのでしょうか?(不起訴の場合は被疑者に連絡が行かないと聞いたことがあります)
    また不起訴になったか確認したい時はどこに問い合わせればよいですか?

    長くなってしまいましたがよろしくお願いします。

  • 弁護士ランキング
    埼玉県10位
    タッチして回答を見る

    事情は知らなかったという貴方の言い分を捜査機関が信じてくれれば疑いが晴れるでしょう。そのポイントは、会社関係者の供述が貴方の言い分と符合するか否かでしょう。貴方が被疑者として、警察から事情聴取され、警察段階で、貴方の嫌疑が完全に晴れれば、警察は貴方を被疑者とする事件は、貴方の嫌疑がはれたということで、事件として立件せず、検察官に送致しないということもあると思います。また、警察としては、貴方の嫌疑が完全に晴れたとは認定せず、貴方を被疑者とする事件を立件し、検察官に送致する(貴方は逮捕されていないので、いわゆる「書類送検」)ということもあり得るでしょう。もし、貴方の事件が送検されていれば、いずれ検察官から呼び出しが来て、事情聴取されるでしょう。そして、最終的に検察官が、終局処分をします。検察官の終局処分には起訴と不起訴があります。起訴は裁判に掛けるということであり、不起訴には、有罪とする証拠が充分に集まらなかったために不起訴となる嫌疑不十分による不起訴と、有罪にする証拠は集まったが今回は「許す」という意味の起訴猶予があります。検察の終局処分までのどの程度の期間を要するかは、事件の内容や警察や検察庁の事務処理の都合で決まりますので、はっきりした決まりがあるわけではありません。それほど重大でない在宅事件だと、身柄事件の後回しにされ、長期間ほったらかしにされることもあります。詐欺の公訴時効は7年ですので、その間は、処分がされる可能性があります。通常は、検察官に送致されれば、検察庁から事情聴取の為の呼び出しがある筈ですから、それを待つしかありません。警察段階で、嫌疑が晴れて事件として立件せず送検しなかったのか、送検したのかは警察に聞いて調べるしかないでしょう。

  • 相談者 48950さん

    タッチして回答を見る

    お返事遅くなってすみません。

    警察で聞いてみたところもう私が有罪になったり裁判とかどうかうなることはないので心配しないで下さいと言われました。

    丁寧な回答をいただき感謝しています。
    ありがとうございました。

この投稿は、2011年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました