詐欺における時効期限と守秘義務の効力は?

時効と守秘義務の効力について教えてください。

私はある東京の会社から米国コインとダイヤモンドを買い続けています。古くは10年以上前から、最近では2014年まで買っています。

いくつかは既に同社に買取をしてもらったり、買い足しをしたりして現在に至ります。買取の際には売買契約書にサインさせられ、最近気づいたのですが、買取の経緯や買取額を他人に口外したら損害賠償請求を受けるという条項が入っていました。

最近(今年前半)、その会社のビジネスが重要事項の虚偽説明を含めた詐欺商法であることを知りました。損害額は大きいです。民事訴訟か刑事告訴か、両方を考えています。

質問事項は以下の二つです。

1 この場合の民事と刑事の時効を教えてください。
2 詐欺商法や不法行為を働いている相手と交わした売買契約にある守秘義務条項は効力があるのでしょうか。

よろしくお願いします。
coinhigaishaさん
2015年09月07日 08時56分

みんなの回答

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
1 この場合の民事と刑事の時効を教えてください。
民事は知ってから3年、行為のときから20年のどちらか早い方です。
 刑事は行為のときから7年です。

2 詐欺商法や不法行為を働いている相手と交わした売買契約にある守秘義務条項は効力があるのでしょうか。
 少なくとも詐欺について法的手続きを取る範囲では守秘義務は働かないと考えられます。

2015年09月07日 09時08分

この投稿は、2015年09月07日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

勾留の期間や請求期限、必要要件などの基礎知識と勾留を回避し釈放されるための対処法

日常用語と化している「逮捕」に比べて、「勾留」という言葉はあまり知られているとは言えません。しかし、行動の自由を制限される期間の長さから言っ...

従業員による着服・横領事件が起きた場合の刑事告訴や解雇の注意点

従業員が旅費などを不正に申告し、会社のお金を着服していた場合には、被害額の回収やその従業員の解雇をしたいと考えるでしょう。その場合には、恐喝...

被害届や刑事告訴とは何か?被害届の出し方や告訴を受理してもらうには

不幸にも犯罪被害に遭ってしまったら、加害者を逮捕してほしい、罰してほしい、と思うのは当然の感情です。しかし、「被害届」という言葉は聞いたこと...

この相談に近い法律相談

  • 契約解約書の債権債務不存在の条項

    契約解約書に債権債務不存在の条項と、原契約に定めた損害賠償義務と秘密保持義務は免除されないという条項を設けました。 これら二つの条項は矛盾しているとして無効になったりするのでしょうか。

  • 特許権侵害訴訟における和解の後に、原告が訴訟の内容を第三者に開示する行為に対して取り得る法的措置

    特許権者である原告A社と被告B社との間で、特許権侵害による差止め請求及び損害賠償請求の訴訟が行われ、原告A社の勝訴に近い和解が成立しました。 その後、B社は和解金を支払うと共にイ号製品の販売を停止しましたが、A社は販売店や代理店に対してB社に訴訟で勝利した旨を言いふらしています。 それにより、B社の営業活動に支...

  • 「原稿料」の債権時効は何年ですか?

    債権回収を予定している者です。 出版業界でのいわゆる「原稿料」は、 民法で定められた「短期消滅時効」の何年に相当しますか? なお、債権者=私は、いちおう2年と考えて、 時効前に中断させる予定を立てております。 もし、何年になるか特定するのが難しければ、 「2年未満の時効の援用を、債務者側が主張して通るかどう...

  • いかなる債務も債権も無いとの和解調書の条項の効力

    期限までに振り込みがなされなければこの条項は自動で無効になるか、。 ならねば原告にとって不利な条項であって不平等和解なので無効との訴訟はできるか。

  • 取得時効と登記の前後

    ネットに掲載されていた、法律系の取得時効に関する過去問の抜粋です。 DがBの取得時効完成前にAから甲土地を買い受けた場合には、Dの登記がBの取得時効完成の前であると後であるとを問わず、Bは、登記がなくても、時効による甲土地の所有権の取得をDに対抗することができる。 回答:正しい と、あるのですが Bの取得時...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

詐欺の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. Hey!Say!JUMPツアー中止 ファンの「迷惑行為...
  2. 間違った使い方してるかも?旅館で見かける「...
  3. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  4. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  5. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  6. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  7. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。