裁判内での

当方、現在単純な債権回収に関わる裁判をしております。
そこで質問なのですが被告側に弁護士がつきまして答弁書等において当方に対し「詐欺商法だ」等述べてきているのですが先々本訴にて当方の正当性が認めれ勝訴した後、当方に対して詐欺商法だと言って来た弁護士らに対して慰謝料請求訴訟を行いたいのですが、裁判内でのことは何を言っても何ら責を問えることはないのでしょうか?詐欺であれば刑法にも触れる行為ですので当方に対して犯罪者だと言ってるのに等しいと思うのです。(尚、被告が契約の経緯等において虚偽事実を述べているのは誰が見ても明らかです。微妙であれば仕方ないと思うのですが)
どうぞ宜しく御願い致します。
lawtaさん
2010年12月07日 15時46分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
訴訟の内容との関連次第ですが、訴訟上の表現行為については、よほどのことがなければ不法行為に当たりません。おそらくは、請求は認められないでしょう。

2010年12月07日 16時05分

lawta さん (質問者)
弁護士A様

迅速な回答ありがとうございました。

2010年12月10日 23時27分

この投稿は、2010年12月07日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

詐欺罪の成立と逮捕された場合の流れ、刑罰や執行猶予について

詐欺罪とは、人を騙してお金や貴重品を差し出させることを言います。詐欺と言っても手口は様々ですが、詐欺罪の容疑で逮捕された場合には、刑務所に入...

ワンクリック詐欺の対応は無視や放置でOK?連絡がきた場合の対処とは【弁護士の回答まとめ】

ワンクリック詐欺とは架空請求詐欺の一種ですが、被害の数は増えていくばかりです。ここでは実際の相談例からワンクリック詐欺への対応や手口、実際に...

この相談に近い法律相談

  • 民事訴訟の不当請求について

    以前質問させていただいた者です。 不当行為における損害賠償として民事裁判を行ってきましたが、3月に判決を受ける運びとなりました。 自分は被告となりますが、証人喚問や本人喚問の結果、原告の言っている内容がすべて虚偽の事実であると判明しています。 受傷の内容も虚偽のものでしたし、暴行の事実もまったくなかったものだと...

  • 請求の拡張(追加請求)について

    当事者A側は、裁判の中で、ある事実を主張しました。裁判官は、第一審最終口頭弁論において、当事者Bの代理人弁護士に対し、「そのような事実(当事者Aが主張する事実)は、ないということでいいですね。」「不存在ということでいいですね。」「そのような事実は、否認するということでいいですね。」と、当事者A側が主張する事実は...

  • 訴訟になることの方が多いですか?

    民事的な問題で、訴訟とか起こさずに、当事者で話し合って解決させることも多いですか? 弁護士さんの取り扱う民事問題で…やっぱり訴訟沙汰になる方が多いですか?

  • 民事訴訟の裁判官の対応について

    素人の私が原告(本人訴訟)で、被告に代理人弁護士が付いています。 これ迄も同様の状況で複数の裁判を経験していますが、何故か判事が被告側、即ち弁護士の側に付いている(肩をもっている)様な言動等をする事が多い様な気がします。 司法試験を受かっている弁護士が素人の私に負けない様に、私が申請した証人の不採用や物理的証拠...

  • 本人訴訟の進み方、時効の中断の時期について教えてください。

    本人訴訟の進め方について教えてください。 【申立趣旨】 ・不法行為(セクハラ行為)により発生した身体的苦痛、精神的苦痛に対し慰謝料を請求するもの。 【困っている点】 ・相手方代理人は弁護士を立てている。(弁護士を立てる費用がない為、個人対弁護士となっている。) ・民法、男女雇用機会均等法の下調べはしているが...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

詐欺の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. Hey!Say!JUMPツアー中止 ファンの「迷惑行為...
  2. 間違った使い方してるかも?旅館で見かける「...
  3. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  4. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  5. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  6. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  7. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。