罪の成立のタイミング

「詐欺罪」が成立するタイミングについて教えていただけませんか?
もし、私が「詐欺に遭った」と警察に被害届を出した場合、容疑者はどのタイミングで「詐欺罪」が成立するのでしょうか?

容疑者が逃げてしまい、捕まらなくて、起訴されなければ、罪は成立しないのでしょうか?

また、罪が成立しなければ、「犯罪歴」はないということになるのでしょうか?

ご教授よろしくお願いします。
ジューンさん
2010年08月03日 16時18分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
犯罪自体は,行為が行われた時点で成立しますが,ご質問の趣旨からすると,捜査機関が犯罪が行われたことを知るのは,被害届を出した時点になると思います。

起訴されなければ,刑罰を加えられませんので,犯罪歴はないと言うことになるでしょう。

2010年08月03日 17時33分

この投稿は、2010年08月03日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

詐欺罪の成立と逮捕された場合の流れ、刑罰や執行猶予について

詐欺罪とは、人を騙してお金や貴重品を差し出させることを言います。詐欺と言っても手口は様々ですが、詐欺罪の容疑で逮捕された場合には、刑務所に入...

勾留の期間や請求期限、必要要件などの基礎知識と勾留を回避し釈放されるための対処法

日常用語と化している「逮捕」に比べて、「勾留」という言葉はあまり知られているとは言えません。しかし、行動の自由を制限される期間の長さから言っ...

脅迫罪の懲役・罰金の量刑相場や逮捕・勾留・起訴の流れと対処法

脅迫したつもりがなくとも、脅迫罪に当てはまっていれば、被害者に訴えられて逮捕されてしまう可能性があります。たとえトラブルの原因が被害者側にあ...

住居への不法侵入した罪と逮捕された場合の刑罰

理由なく他人の住居の敷地内に侵入すれば、住居侵入罪として犯罪に当たります。住居侵入罪自体は比較的軽微な犯罪ですが、多くの場合、他の犯罪を伴い...

被害届や刑事告訴とは何か?被害届の出し方や告訴を受理してもらうには

不幸にも犯罪被害に遭ってしまったら、加害者を逮捕してほしい、罰してほしい、と思うのは当然の感情です。しかし、「被害届」という言葉は聞いたこと...

この相談に近い法律相談

  • プライバシーの侵害、名誉毀損が成立する際の公然性の要件について

    プライバシーの侵害や名誉毀損が成立する際の公然性の要件は、どちらも不特定または多数の者への伝播可能性があったか否かで判断すれば良いのでしょうか?

  • 片面的幇助犯について

    教唆犯、共犯では成立しない片面的な意思の連絡が幇助犯では成立する理由を教えてください。

  • 犯罪の理論と実務上の立件の差異に関して

    当該行為が犯罪として成立するか否かの判断と、警察等の捜査機関が犯罪として立件するか否かの判断の違いとは、どのようなものなのでしょうか?

  • 名誉毀損罪の成立要件は媒体によって異なるか?

     判例では、インターネット個人利用者がウェブ上で行った表現行為が名誉毀損罪として成立するか否かの要件(真実性の錯誤等)は、それ以外の媒体を用いた場合と同様であると考えられていると理解しています。  判例 http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=38704&hanreiKbn=02  質問  そこで質問ですが、情報を...

  • 真夏に公衆トイレに入り、個室のドアが壊れて出られなくなった場合

    真夏に公衆トイレに入り、個室のドアが壊れて出られなくなった場合、ドアを壊して外へ出たら犯罪として立件されますか? やむを得ないことだと思うのですが・・・ もし犯罪にならないとしたら、 器物損壊(建造物損壊か?)の構成要件(壊す意思がないとして?)に当てはまらないから犯罪にならないのか、 それとも緊急避難...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

詐欺の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. Hey!Say!JUMPツアー中止 ファンの「迷惑行為...
  2. 間違った使い方してるかも?旅館で見かける「...
  3. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  4. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  5. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  6. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  7. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。