懲戒 行政処分

例えば入社する以前、過去数年前に私生活上の非行(例:ストーカー行為をしたとして警告を受けた)をしたとして行政処分を受けたに留まっていた事件が、刑事罰も受けていたかのように誤って会社に噂が広まり経営者へ尋問され、「この非行に該当する行為があったか」と聞かれ、「経歴詐称に当たる行為をした覚えはない」と答えると懲戒解雇は重すぎるがそれ以下の懲戒は懲戒権の濫用には当たらずあり得るとお答えした弁護士の方や、違法・無効であるとご回答した方もいらしたのですが、両方とも正しいのですか。戒告、減給、出勤停止、降格になることは判決で是認される可能性があるということですか。
万が一会社から受ける懲戒が解雇以外であっても賞罰欄に記載しなければならなく再就職する際の苦労は避けられないのではと疑問点です。法律上でなく信頼関係上の問題として、回答する事が望ましく、経歴詐称を疑われても詐称でない以上は回答しないことを懲戒事由にできないと理解していたのですが誤りですか。誠実義務違反に当たるということですか。
どうか教えてください。よろしくお願いいたします。
2012年11月01日 01時36分

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
ありがとう
詐称には当たらないとしても、聞かれた場合には誠実に答える義務はあります。
「この非行に該当する行為があったか」と聞かれ、「経歴詐称に当たる行為をした覚えはない」と答えることは、尋ねられた質問に対して誠実に答えていないと判断される可能性があります。

誠実に答えなかったと判断されれば、何らかの懲戒を受ける可能性はありますが、懲戒解雇はまずあり得ませんし、された場合にはその効力を争えます。

正直に答えれば、懲戒を受ける理由は一切ないと考えられます。

2012年11月01日 07時27分

八坂 玄功
八坂 玄功 弁護士
ありがとう
 今後再就職する会社の就業規則その他のルールや、採用時に会社が賞罰歴としてどのような範囲の事実を申告するよう求めているかといった具体的な事情によりますから、一般論では答えられません。
 再就職する際に、個別に検討して下さい。

2012年11月01日 07時33分

相談者
上記のように回答した場合誠実でないとして解雇以外の懲戒を受ける可能性があるが、その効力についてかなり否定的に争える余地があるという理解で合っていますか。
例えば「行為がありました」と素直に答えるにしても「ストーカー行為の内容、期間等についても詳細かつ具体的に述べよ」のような質問はどこまで答えなければ誠実義務違反ですか。
経歴詐称に当たらないストーカー行為であったと判明する以上の質問を回答する義務はありますか。
お二方ともご回答してくださりありがとうございます。

2012年11月01日 12時33分

この投稿は、2012年11月01日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

ストーカー行為とは|ストーカー規制法で規制されている行為や罰則の内容

特定の人に執着してつきまとったり、無言電話をしたりするなどのストーカー行為は罰則の対象になる場合があります。どのような行為が罰則の対象になる...

ストーカー規制法と警告・禁止命令を受けた際の注意点や逮捕後の流れと対処法

別れた元恋人と話したいがあまり相手につきまとってしまい、その結果ストーカー行為を行ってしまう場合もあります。ストーカー行為を続けた場合には、...

ストーカー行為の法的なライン|「被害者宅近くでサッカー」「被害者家族に謝罪の手紙」違法の可能性はあるのか【弁護士Q&A】

ストーカー行為とひとくちにいっても、具体的にはどのような行為が法的にストーカー行為にあたるのでしょうか。逮捕される可能性や、どのような行為が...

つきまといなどのストーカー行為による慰謝料や示談金の相場

つきまとい行為などの繰り返しにより、ストーカー規制法違反に該当するような場合には、被害者の精神的苦痛は計り知れないものとなるでしょう。ストー...

ストーカー被害に遭ってしまった際の対策や相談先、慰謝料請求について

ストーカー被害に遭ってしまったら、誰に相談したら良いのか、どう対策したら良いのかわからず、恐怖ばかりが募ることでしょう。適切な手順で対処する...

この相談に近い法律相談

  • 懲戒 私生活上の非行2

    例えば入社する以前、過去に私生活上の非行(例:ストーカー行為をしたとして警告を受けた)をしたとして行政処分を受けたに留まっていた事件が、刑事罰も受けていたかのように誤って会社に噂が広められてしまうと経営者へ尋問された場合、回答義務があるのではと以前弁護士の方に教えていただきました。 誠実義務違反は懲戒事由であるこ...

  • 黒岩英一先生や近藤公人先生、懲戒にお詳しい方どうか教えてください。

    例えば過去数年前入社する以前にストーカー行為をしたとして警察から警告を受けていたに止まっていたことが会社で公になったり、誤って刑事罰も受けていたと噂が広まると、業務に支障がないと判断できるまで詳細事項(事件内容、動機等)を経営者に回答する義務があると認識していたのですが、他の弁護士の方からは、警告は行政処分ですら...

  • 誠実義務

    過去入社する以前にストーカー行為をしたとして警察からの警告を受けていたに止まっていた事件を、刑事罰も受けていた可能性があると誤って会社の上司や経営者の耳に入り尋問された場合、説明する義務があるのではと以前弁護士の方がアドバイスしてくださいました。社員であっても詳細を述べるのは漏洩の可能性がある以上は避けたいので...

  • 弁護士法第23条の2に基づく御照会への回答義務について(回答を拒否したい・回答に責任は生じるか)

    当方に弁護士法第23条の2に基づく御照会という書類が届きました。 内容を見ると、当方には全く関係のない係争について、事実確認を行うというものです。 内容については詳しく記載できませんが、 当事者名には当方に関係する人物の名称が確かに記載されています。 ついては、一般的な文言のみであり回答しづらい質問で申し訳あ...

  • 誠実義務2

    以前の質問で私生活上でストーカー行為をしたとの自分の噂が会社の上司や経営者に伝わり「証言者がいるので詳しく説明せよ」と尋問された場合、真偽にかかわらず、ある程度回答しなければならない誠実義務があるのではと教えていただきました。 では過去の求職中の入社前する以前にストーカー行為したとして警察から警告を受けていたと...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

ストーカーの法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 泥酔→タクシー無賃乗車、「本当になにも覚え...
  2. 子どもに「自画撮り」要求する行為に懲役刑も...
  3. 更衣室なく裸の子も…「じゃぶじゃぶ池」で幼...
  4. 「漫画村出張所」運営の男性逮捕、「闇金ウシ...
  5. 客室乗務員、客から「盗撮被害」が6割 逆上...
  6. 「これは売春だ」 ホテルで偽の「警察手帳」...
  7. 痴漢を目撃、自分で捕まえると「ケガ」や「間...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。