女性客とのトラブル

私の夫の話です。夫は不動産仲介会社に勤めていましたが、先月末に退職致しました。
退職理由は、夫が賃貸物件の案内をした女性客とのトラブルです。仮に女性客をAさんとします。
物件案内をする際、メールでの提案・相談をお客様とするんですが、Aさんへの物件メールをする際、「また暇な時にメール下さい」と一言加えメールを送った様です。Aさんからは「またメールします」と言うような内容が返ってきました
。その後、何度かメールのやり取りをしたそうです。
ですがしばらくしてから、夫が勤務している会社にAさんから「〇〇さん(夫)からのメールが不快。ストーカー被害と言う事で被害届を出す」と連絡があり、夫は退職という形に追い込まれました。
お客様であるAさんにプライベートなメールをした夫にも悪い点はあると思います。
ですが、Aさんが夫へ「プライベートなメールは迷惑」と言うような事も無く、直接会社へ「被害届を出す」という話をされました。
実際はストーカーと言える様なメールはしていなく、Aさんから返信があれば1日4・5回程のやり取り、返信がない時に送ったメールは3週間程で約5通だそうです。メールの内容も、世間話もあれば物件に関するメールもありますが、「会いたい」「返事をくれ」「好き」などのメールは一切していないです。
Aさんは、夫に案内された物件を契約後、ストーカー被害という話をされたので、Aさんが契約した物件のキャンセル料も会社から夫に請求されています。(キャンセル料に関しては、今も会社と話し合っています。総額20万円です。)
長くなってしまいますので、続きを解答にて記入させて頂きます。申し訳ありません。
ぺんぎんさん
2012年04月05日 12時47分

みんなの回答

ぺんぎん さん (質問者)
「暇があれば…」とメールした夫から始まった事ですが、Aさんからも「メールします」と返事があった為、一応は同意の元始まった事。
ストーカーと言われるようなしつこいメール、内容は送っていない。なのに、言い方は悪くなりますが、被害届を出すと大袈裟にされ、挙げ句の果てには退職。小さい子供が2人いるにも関わらず夫は無職となり、生活ができなくなりました。

何を強要したわけでもなく、待ち伏せなどもせず、自宅に訪ねる、しつこくメール・電話をしたわけでなくても、Aさんが「ストーカー」と感じてしまえばストーカー被害は認められてしまうのでしょうか?まだ被害届は出していないようですが気になります。
もしストーカーでないとすれば、被害届を出される様な事はしていないのに、会社へ大袈裟に話をされ、結果退職となり、生活ができなくなった事、夫もしくは私が、何らかの形で訴える事は可能でしょうか?
Aさんとのメールは、夫は全て削除してしまいました。Aさんは19歳の未成年ですが、肉体関係はなく、物件関連の内容を含むメール、世間話のメールのみです。

長くなってしまい申し訳ありません。
説明不足な点もあるかと思いますが、解答頂ければと思います。
よろしくお願い致します。

2012年04月05日 12時48分

近藤 公人
近藤 公人 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 滋賀県2
ありがとう
聞く限り、ストーカー行為にはあたらないと思います。
しかし、「Aさんとのメールは、夫は全て削除」は、なぜしたのでしょうか、
復元できるのであれば、復元をして下さい。
弁護士は、どのようなメールをしたのか、それによって判断します。

キャンセル料ですが、ストーカー行為でなくても、本来すべきことではないことをして、キャンセルをされたのですから、理論的に、支払う義務があると思います。
しかし、実際に会社に損害があったかです。
あと、20万程度で、会社が訴訟をしてくるかです。

このあたりを検討して、判断して下さい。

2012年04月05日 14時42分

この投稿は、2012年04月05日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

つきまといなどのストーカー行為による慰謝料や示談金の相場

つきまとい行為などの繰り返しにより、ストーカー規制法違反に該当するような場合には、被害者の精神的苦痛は計り知れないものとなるでしょう。ストー...

ストーカー被害に遭ってしまった際の対策や相談先、慰謝料請求について

ストーカー被害に遭ってしまったら、誰に相談したら良いのか、どう対策したら良いのかわからず、恐怖ばかりが募ることでしょう。適切な手順で対処する...

ストーカー規制法と警告・禁止命令を受けた際の注意点や逮捕後の流れと対処法

別れた元恋人と話したいがあまり相手につきまとってしまい、その結果ストーカー行為を行ってしまう場合もあります。ストーカー行為を続けた場合には、...

この相談に近い法律相談

  • 休日の仕事のメールの適法性について

    仕事のメールについてですが、会社から与えられているメールが個人のスマートフォンで見れる ものとなっており、強制ではないですが、個人のスマートフォンを設定し会社のメールを常にチェック するのが当然という環境に立っています。この状況で下記のようなケースについて法的に問題ないかを 教えていただければと思います。個人的...

  • いつの間にか登録されて…

    見に覚えのない出会い系のサイトから大量にメールが来ます 退会しようとしても料金が必要のようなんです メールが鬱陶しいので拒否にするのですが 数日後にまたメールが来ます サイト名はリアルラブです ソプラスという会社なのですが… 調べたところ、メールサーバー当てに受信拒否を取り消すようメールを送り、その所為で...

  • 助けてください。またストーカーに確答するのでしょうか ?

    HPサイトである男性に個人的にコンサルを 依頼されました 月10万円 電話は当方で負担 メールも連絡も個人的な悩みも含めそれでは メールは毎日の様に来ており 内容的には会社を通じず個人的に教えて欲しいとの事でしたが御会いした事もない方でしたのでとりあえずは知人の口座 でお振込みして頂く事に致しました その...

  • ストーカー行為と認定されますか?

    以前振った相手からメールがくるようになりました。 絶対に行かないと告げたことを忘れたかのようなお誘いのメールでした。 返信はしなかったのですが再三にわたりメールがくるので受信拒否しました。 相手はフリーメールを使ってメールしてきました。 そのアドレスも拒否しました。 20日後に別のフリーメールでメールがきました...

  • メールで名誉毀損されています。

    サークルに名誉毀損のメールが送られてきます。 サークルのメンバーが見るのでとても困っておりますこれは名誉毀損にならないのですか、またメールの場合もIPアドレスを調べる事はできるのでしょうか。どうしたらいいでしょうか。

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

ストーカーの法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  2. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  3. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  4. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  5. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...
  6. ゴーン氏、家族と面会できず、弁護士も立ち会...
  7. 元AV女優・麻生希、覚せい剤で実刑判決…別の...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。