公然わいせつ罪と現行犯での摘発について

公開日: 相談日:2014年09月14日
  • 1弁護士
  • 1回答

あるAVの監督が、公然わいせつ罪は現行犯以外では捕まらないので、野外での撮影の際に見つかったとしても逃げれば逮捕されない、というような事を言っていました。
その監督は実際に、遊園地や駅、街中での撮影等あきらかにセットやスタッフを用いたヤラセとは思えないような野外露出物のAVをいくつも作成しているのですが、たとえ作品として(公然わいせつの証拠として?)それらのものが市場に出回ったとしても、撮影時に現行犯逮捕されない限りは罪に問われることはないのでしょうか?

282583さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    埼玉県1位
    タッチして回答を見る

    公然わいせつ罪は現行犯以外では捕まらない
    1.そうではありません。
    2.現行犯の場合,逮捕しやすいということです。
    3.目撃情報などがあれば,後日の逮捕もあります。

    それらのものが市場に出回ったとしても、撮影時に現行犯逮捕されない限りは罪に問われることはないのでしょうか?
    2.作品そのものの内容がわいせつ性を帯びている場合,わいせつ物頒布罪の適用が問題になります。刑法175条。

  • 相談者 282583さん

    タッチして回答を見る

    作品そのものは陰部等がモザイクで修正されています。
    しかし、撮影時は明らかに公然わいせつ罪に抵触しうるような行為をしているように思えるのですが、実務上そう簡単には逮捕されないものなのでしょうか?

この投稿は、2014年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから